「十二支の中で、実際には生きていない動物は?」【子ども向け☆季節の知っ得クイズ】

こたえ

たつ

たつ(りゅう)は、想像上の動物です。日本では水の守護神としてあがめられたり、むかし話では弱いものを助けてくれたりと、いいイメージでとらえられているのですよ!

十二支のおはなし

神様が「1月1日に 神様のところにきた1番から12番までの動物を十二支にする」と決めました。

日にちを忘れたねこは、ねずみに聞きました。すると、ねずみは「1月2日」とうそを教えました。そして、ねずみはこっそり牛の背中に乗りました。

牛が神様のところにつくと、ねずみはとびおりて牛より先に神様のところへ行きました。それで「1番はねずみ、2番は牛」という順番で 十二支が決まったのです。

1日遅れて着いたねこは、十二支になれませんでした。それから、ねこはねずみを追いかけるようになったのです。

初午とは? いつ、何をする日? 由来や稲荷神社との関係、行事食を解説!
初午とは 毎年2月に行われる行事「初午(はつうま)」。この初午にはどんな意味があり、いつから始まったもので、どんな言い伝えがあるの...
干支グッズを身につけて開運!サンリオやファミリアなど可愛い「牛」グッズまとめ♡
2020年もいよいよ終わりを迎えます。子(ねずみ)年が終わり、2021年は丑(うし)年。 2021年を楽しい気持ちで過ごせるような...

2月は節分に関するお話です。おたのしみに!

※当記事は、下記「きせつの図鑑」を引用して紹介しております。

監/長谷川康男|本体2800円+税

季節にまつわる一年の行事や暮らし、食べ物や自然など、
普段の生活から子どもたちの興味を引き出し、
無理なく知識へと育てる図鑑です!

 

文・構成/寒河江尚子 イラスト/小山友子

編集部おすすめ

関連記事