【絶対知っておきたい】カーネーションの花言葉は色によって違う!本数に込められた意味も

母の日のギフトとして定番のカーネーション。でもプレゼントするときに注意したいのが、カーネーションの色で花言葉の意味が変わるということ。ここでは、カーネーションの色別に花言葉をチェックしてみます。さらにカーネーションの本数の意味、合わせてバラやガーベラの花言葉についてもご紹介します。

母の日に注意!カーネーションの色で花言葉の意味が変わる?

カーネーション、花言葉
カーネーションの花言葉は、色によって違います。

 

カーネーションといえば、母の日を思い浮かべる方が多いでしょう。1本でもきれいで可愛らしく、何本かまとめて花束にしても華やかで、母の日以外の贈り物としても人気のある花のひとつではないでしょうか。ただカーネーションをギフトとして考えるとき、チェックしておきたいのがカーネーションの色です。カーネーションは色によって花言葉が違います。

ちなみに、母の日の由来や、なぜ母の日にカーネーションを贈るようになったのか、その理由やいきさつについては、こちらをご覧ください。

2021年の母の日はいつ? 始まりの由来やカーネーションを贈る理由、プレゼントの渡し方をレクチャー
5月は行事が目白押し! 憲法記念日やみどりの日、こどもの日といったゴールデンウィークや、平年だと運動会が行われる幼稚園・保育園、小学校も多い...

カーネーションの色別・花言葉の意味

カーネーション全般の花言葉は、「無垢で深い愛」です。さらに色別に花言葉が細かくありますので、それぞれの色ごとにチェックしてみましょう。

ピンクの花言葉

可愛らしいピンク色のカーネーションは、母の日のギフトの定番でしょう。女性らしい印象から「女性の愛」「美しい仕草」「感謝」「温かい心」などの花言葉があります。まさに母の日の贈り物にピッタリの花言葉です。

「ピンクのカーネーションの花束」

「愛らしいママに贈りたい」「ピンク色が好きな女性に贈りたい」という方におすすめの花束です。


オレンジの花言葉

明るく快活な印象を与えるオレンジ色のカーネーションには、「純粋な愛」「あなたを愛します」「清らかな慕情」の花言葉があります。愛がいっぱいの花言葉で、恋人に贈る花束にも最適です。

「カーネーション鉢植え オレンジ」

温かみを感じられるオレンジ色のカーネーション。カゴ付きの鉢植えなので、花束より長い期間楽しめそうです。


緑の花言葉

「癒し」「純粋な愛情」の花言葉を持つのは、緑色のカーネーション。木々の緑を見て心が休まるように、穏やかでリラックスした気持ちになる見た目からも、この花言葉はうなずけるものではないでしょうか。

「ぬいぐるみ付きプリザーブドフラワー」

プリザーブドフラワーをクマのぬいぐるみが抱えている、キュートなギフト。珍しいグリーンのカーネーションなので、贈った相手にさらに喜ばれそうです。


白の花言葉

白のカーネーションは、穢れのない無垢な印象を与えてくれます。花言葉は「純粋な愛」「尊敬」「私の愛は生きています」などです。ただし「愛の拒絶」という、愛情とは正反対の花言葉もあるため、贈り物にふさわしくないと考える方もいるようです。

「国産SPカーネーション」

白色のカーネーション(生花)です。仕入したばかりのものを水浸けし、配送してくれます。

紫の花言葉

高貴で尊い印象を与える紫色のカーネーションは、「気品」「誇り」が花言葉。紫色には、赤寄りの紫色から青味がかった紫色までさまざまな紫がありますので、贈る相手へのイメージに合わせて選ぶといいでしょう。

「Nelke Monat プリザーブドフラワー」

珍しい紫色のカーネーションのプリザーブドフラワーです。手のひらサイズのクリアケースに入っているので、そのままインテリアとして楽しめます。


水色の花言葉

水色(青)は、つくるのが難しく、なかなか実現できなかった色のひとつです。そのため、作り手には「水色(青)のカーネーションを作れたら一生幸せになれる」という思いがあったそうです。そこから、「永遠の幸せ」という花言葉が付けられたと言われています。

「ドーム入りアレンジ カーネーション」

水色のカーネーションをプリザーブドフラワー。ドーム型ケースに入って、ギフトらしさがいっぱいです。


レインボー(虹色)カーネーションの花言葉

栽培時に手を加えることで虹色に輝くカーネーションは、「レインボーカーネーション」と呼ばれています。見た目の珍しさから、贈り物に喜ばれる色です。花言葉は「感謝」です。

「レインボーカーネーションのアレンジ」

特殊技術で作られたレインボーカーネーションを主役にしたアレンジメントです。贈った相手がきっと驚いて喜んでくれるはずです。


カーネーションの本数に意味はある?

花束を贈るとき、花言葉とあわせて考えておきたいのが、何本の花で花束を作るかです。

それぞれの花や色に花言葉があるように、花束の本数にも意味があると言われています。例えば、1本なら「あなたは、私の運命の人」というように、恋愛に関連した意味があります。もし母の日のギフトとしてカーネーションの花束を贈るなら、「思いやりに感謝しています」という意味のある8本がおすすめ。

また、本数に悩んだときは「ダズンフラワー」と呼ばれる12本の花束も、華やかな印象になって素敵です。ダズンフラワーには、1本1本に「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」という意味が込められているそうです。母の日の贈り物にはもちろん、それ以外のシーンでもきっと喜ばれます。

母の日に贈りたいカーネーション以外のお花と花言葉

母の日にはカーネーションが定番の花ですが、それ以外の花でも喜ばれるでしょう。ここでは、薔薇(バラ)やガーベラの花言葉もチェックしてみましょう。

薔薇(バラ)の花言葉

ゴージャスで美しい薔薇(バラ)。カーネーションと同じように、1本でも存在感がありますし、何本かを束ねれと豪華な印象になるため、ギフト用の花束によく好まれる花のひとつです。そんな薔薇の花言葉は、「愛」「美」です。ただ、赤、ピンク、白、青など、それぞれの色ごとに花言葉があります。

  • 赤:「あなたを愛します」「愛」「美」
  • 黒:「永遠の愛」
  • 紫:「気品」「高貴」「誇り」
  • 白:「純潔」「清純」「私はあなたにふさわしい」
  • 青:「奇跡」「夢が叶う」「神の祝福」
  • ピンク:「上品」「しとやか」「愛の誓い」
  • オレンジ:「無邪気」「絆」「信頼」
  • 緑:「穏やか」「希望を持ち得る」
  • 黄:「友情」「平和」「献身」「愛の告白」

「バラの花束(ピンク・紫)」

優しい色合いのバラ15本の花束です。女性らしさあふれるギフトです。


ガーベラの花言葉

可愛らしく可憐な印象のガーベラは、キュートな花束にピッタリ。色の種類が多く、花もちがいいことから、フラワーアレンジメントによく使われます。ガーベラ全般の花言葉は、「希望」「美しさ」「前向き」「神秘」など、ポジティブな意味があります。

さらに、色別の花言葉は次の通りです。ちなみに青色と紫色のガーベラは存在しないため、特殊な薬剤で作られています。そのため青色のガーベラの花言葉は「神秘」となり、紫色については特に決まっていませんが、同じように「神秘」などが当てはまると言われています。

  • ピンク:「思いやり」「感謝」「崇高な愛」
  • 白:「希望」「純潔」「律儀」
  • オレンジ:「冒険心」「我慢強さ」
  • 赤:「神秘」「前向き」「限りなき挑戦」
  • 青:「神秘」
  • 紫:特に決まっていません

「ガーベラ アレンジメント」

ガーベラ、バラ、カーネーションを使ったキュートなアレンジメントです。真上からも横からもきれいに見えるよう、アレンジされています。


花言葉に思いをのせて贈ろう

母の日のほか、さまざまなギフトとして好まれるカーネーション。コロナ禍で直接会うことも難しい今。「ありがとう」や「大好き」といった気持ちを伝えるのは照れくさいという方は、カーネーションの色ごとの花言葉を確認して、その花言葉や本数にこだわって、贈ってみてはいかがでしょう?

母の日ギフト人気ランキング!贈りたい、もらってうれしい年代別プレゼントの選び方
5月の第2週は母の日。2020年は5月10日が母の日です。日ごろの感謝を込めて、お母さんに素敵なプレゼントを贈りたいと考えている方も多いので...

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事