「ばっかじゃねえの!」「死ね」乱暴な言葉づかいをやめさせたい…!|『小一』子育て相談室

小学校生活にも慣れてきた小学一年生が直面するのは、友だちとのやりとりから受けるさまざまな影響。そのひとつに「言葉づかい」があります。言葉づかいに関する悩みや友達とのつきあい方について、「脳の学校」代表で医学博士の加藤俊徳先生にうかがいました。

Q:乱暴な言葉を使うように…。どのように注意すればよいでしょう。

 最近、息子が「ばっかじゃねえの?」とか、「ちくしょう!」とか、「死ね」など、ひどい言葉を使うようになりました。同じクラスの男の子のマネをしているようです。こうした言葉づかいは、どんなタイミングで、どのように注意するのがよいでしょう。また、乱暴な言葉づかいをする子とは遊んでほしくないのですが、どうしたらよいでしょう。(コナンさん)

A:どんなときにその言葉を使うかを、まずは知りましょう。

言葉づかいの内容はともかく、学校で友だちの影響を受けているということは、友だちとの交流がうまくいって、コミュニケーションがとれているということにほかなりません。

友だちとの交流がうまくいっていない場合は、このような友だちの影響は受けにくいものです。裏を返せば、この子は、友だちの影響により、言語の成長がみられたということです。ポジティブにとらえれば、乱暴な言葉さえも習得できる力があるということなので、喜んでいいと思いますよ。

子どもが乱暴な言葉を使ったとき、「使ってはダメ」と注意するだけでは、小1だとまだ理解できません。それより、言葉の背後にある行動に目を向けることが大切です。「どんなときに、その言葉を使うの?」と子どもにたずねましょう。

背景がわかったところで、お手本を見せるのです。「お母さんなら、こうやって言うよ」と。これからも、乱暴な言葉づかいが増えてくるかもしれません。けれど、頭ごなしに否定せず、そのつど背景を探り、言葉の使い方をお母さんが示すことで、語彙力も増していくでしょう。

それから、「乱暴な言葉づかいをする子とは遊ばせたくない」というお母さんの気持ちはわかりますが、学校でいろいろな子と接しながら、いいことや悪いことを学んでいくものです。お子さんの未来を狭めるようなことはしないようにしましょう。

\私がお答えしました/

「脳の学校」代表・医学博士
加藤 俊徳 先生

脳を8つの系統に分けて育てる「脳番地トレーニング」を提唱。昭和大学客員教授。加藤プラチナクリニック院長。著書に、『すごい左利き』(ダイアモンド社)、 『ADHDコンプレックスのための“脳番地トレーニング”』(大和出版)など多数。 InterFM 897 「脳活性ラジオ Dr. 加藤 脳の学校」のパーソナリティーを務める。

1925年創刊の児童学習雑誌『小学一年生』。コンセプトは「未来をつくる“好き”を育む」。毎号、各界の第一線で活躍する有識者・クリエイターとともに、子ども達各々が自身の無限の可能性を伸ばす誌面作りを心掛けています。時代に即した上質な知育学習記事・付録を掲載し、HugKumの監修もつとめています。

『小学一年生』2021年7月号 別冊『HugKum』 イラスト/やまのうち直子 撮影/黒石あみ(小学館写真部) 構成/天辰陽子

小3~4年生頃から始まる「ギャングエイジ」。子供の特徴と上手な付き合い方、ママパパ体験談も!
心も体も小学校低学年のころとは違った発達過程がみられるようになる小学校中学年。この時期は、思春期の本格的な反抗期の前にみられる「中間反抗期」...

編集部おすすめ

関連記事