「朝食にパンは不安…」なんて言わせない! 栄養バランスのいい朝ごはんパンレシピ12選

1日を元気よく過ごすために大切な朝食。皆さんのご家庭ではどんな朝食をとっていますか。子どもに人気の朝食はパン食がトップという結果に。今回は、栄養が気になるママ・パパにおすすめ!朝食に食べたい簡単パンレシピ、食パンアレンジレシピ、パンに合うおかずレシピなどを紹介します。

「朝食はパン」が子ども人気トップ!子育て家庭の朝はパン食が強し

お子さんのいる家庭では、朝食はパンとご飯、どちらが多いのでしょうか。

『HugKumなんでも調査団』が小学生がいちばん好きな朝ごはんを調べたところ、好きな朝食は「パン」が1位となりました。続いて2位「ごはん」、3位「めん類」、4位「果物」、5位「シリアル」と続きます。

子どもの好みに左右されることも多い朝食メニュー、やはりだんとつ人気の「パン」を朝食に出す家庭が多いようです。

小学生がいちばん好きな朝ごはんは〇〇!読者950人のリアルランキング発表!【HugKumなんでも調査団「小学一年生」編】
1日の大事なエネルギーとなる朝ごはんは、子どもの成長や学校での集中力を高めるためにも欠かせないものです。しっかりと食べてほしいですが...

朝食の栄養バランスに不安

朝食は1日のエネルギーの源です。しっかり栄養のとれる朝食を用意したいですが、朝はとても忙しい時間帯です。また、せっかく朝食を準備しても子どもが思うように食べてくれないこともあります。多くのママ・パパが朝食の栄養バランスに不安を覚えているようです。

栄養バッチリ!朝食に食べたい簡単パンレシピ

しっかり栄養をとりたい朝ご飯。でも子どもは好きなものしか食べてくれないとお悩みのママ・パパも多いのではないでしょうか。

そんな時にはいつものパンレシピをちょっとアレンジしてみませんか?  朝食に食べたい簡単パンレシピをご紹介します。

「マグカップトマト蒸しパン」

ホットケーキミックスを使った簡単蒸しパンです。マグカップに材料を入れて混ぜたらレンジでチン。脳のエネルギー源になるブドウ糖を補給して1日元気に過ごしましょう。

フルーツヨーグルトを添えれば、ビタミンやカルシウムをとることができ、さらに栄養バランスが良くなります。

◆材料

(マグカップ〈150~200mlサイズ〉1杯分)
・ホットケーキミックス、牛乳 各大さじ3
・ソーセージ(薄切り) 1本分
・トマトケチャップ 大さじ1

◆作り方

【1】マグカップにホットケーキミックスとトマトケチャップ、牛乳を入れて粉の粒がなくなるまでよく混ぜ、ソーセージを加える。
【2】電子レンジで1分30秒(600Wの場合)加熱する。竹串を刺して生地がつかなければOK。生地がついた場合は、さらに20秒加熱。

教えてくれたのは…


りんひろこさん

料理家・フードコーディネーター・食育アドバイザー・薬膳アドバイザー。料理教室「みなとキッチン」主宰。京都で学んだ懐石料理と、アーユルヴェーダや薬膳など、東洋の食養生の考えをもとにした、おいしくて簡単な料理を提案。4歳と2歳、『めばえ』世代の子育てママ。

「まぐろの照り焼きバーガー」

甘辛い照り焼きにしたカジキマグロをはさんだバーガーです。カジキマグロには脳の発達によいとされるDHAが豊富に含まれています。焼く前に水分をしっかり拭き取ると魚の臭みを取ることができ、お子さんも食べやすく仕上がります。

◆材料

4人分
・パン 4個
・かじきまぐろ 4切れ
・片栗粉 適量
【A】
・しょうゆ 大さじ1強
・みりん 大さじ1強
・砂糖 大さじ1と1/3
・サニーレタス 4枚
・トマト 1個
・マヨネーズ 適量

◆作り方

【1】かじきまぐろはキッチンペーパーで表面の水分をふき取り全体にこしょう(分量外)をふり、片栗粉をまぶす。
【2】フライパンにサラダ油(分量外)を熱して表面を両面焼き、合わせておいた【A】を加えて照りがでるまで煮からめる。
【3】パンにマヨネーズを塗り、照り焼きにしたかじきまぐろ、レタス、スライスしたトマトをはさむ。

教えてくれたのは…

小山浩子(こやま・ひろこ)さん

管理栄養士・料理家。大手食品メーカーを経て、2003年に独立。料理教室の講師やコーディネート、メニュー開発、栄養コラム執筆など幅広く活動。育脳から認知症予防まで、あらゆる視点で食のアドバイスを行っている。これまで指導した生徒は5万人以上に及ぶ。

『目からウロコのおいしい減塩乳和食』(主婦の友社)で、2014年グルマン世界料理本大賞イノベイティブ部門の世界第2位を受賞。子どもの脳は「朝ごはん」で決まる!』『「健康おやつ」で子どもに免疫力を育む!』(小学館)など著書多数。

「ベジ卵バターロールサンド」

コロンとしたバターロールにカラフルな具材を詰めた、見た目も楽しいバターロールサンドです。塩もみ野菜がたっぷり入っているのも嬉しいポイント。フタを開けてびっくりするお子さんの顔が楽しみになるレシピです。

◆材料

(大人2人分+子ども2人分)
・バターロール 4~5個
・にんじん 20g
・きゅうり 1/2本
・塩 少々
・ハム 2枚
・ゆで卵 1個
【A】
・マヨネーズ 大さじ1
・プレーンヨーグルト 大さじ1
・塩・こしょう 各少々

◆作り方

【1】にんじんは薄いいちょう切りにし、きゅうりも同様に切る。合わせて塩をふり、しんなりしたら水けを絞る。ハムは半分にしてから5mm幅に切る。
【2】ゆで卵は殻をむいてざく切りにし、【1】と【A】を加えてよく混ぜ、塩、こしょうで味を調える。
【3】バターロールの中心を長方形に包丁などでくり抜き、【2】を詰める。
*食べるときは、フタをする。

教えてくれたのは…


青木恭子さん

小田真規子主宰のスタジオナッツ所属。2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。現在は、雑誌やWEBなどで活躍。

朝食にピッタリ! 食パンアレンジレシピ

トーストするだけでも美味しい食パン。さらにアレンジを加えれば一品でも十分な朝食になります。お子さんが食べやすい、朝食にピッタリな食パンアレンジレシピをご紹介します。

「スティックピザトースト」

材料を切ってパンにのせ、トースターで焼くだけなので忙しい朝にも大助かりのメニューです。パンをスティック状に切るので小さなお子さんでもつかみやすく、食べやすいこともポイントです。

◆材料

(子ども1人分)
・食パン(8枚切り) 1枚
・ピーマン 1/4個分
・ハム 1/2枚
・ホールコーン 大さじ1
・ピザ用チーズ 10g
・ケチャップ 小さじ1

◆作り方

【1】ピーマンはヘタと種を取り、薄い輪切りにする。ハムは1cm四方に切る。食パンは縦3等分に切る。
【2】食パンにケチャップを塗り、ピーマン、ハム、コーンをのせ、上にチーズを重ねる。
【3】オーブントースターで焼き色がつくまで焼く。

教えてくれたのは…


松尾みゆきさん

管理栄養士・料理研究家・フードコーディネーターとして、テレビや雑誌、書籍等、幅広く活躍。自身も母として「食育」を実践している。

「包む卵サンドイッチ」

スプーンでパンの端を押して閉じた、可愛い見た目の一口サイズのサンドイッチです。食べこぼしが少なく慌ただしい朝にピッタリ、細かく刻んだ野菜が混ぜ込んでありますが、隠れていて見えないので野菜嫌いのお子さんにもおすすめです。

◆材料

(大人2人分+子ども2人分)
・サンドイッチ用食パン 10枚
・バター 適量
・ゆで卵 3個
・ハム 3枚
・ブロッコリー 小2房
・にんじん 3cm
【A】
・マヨネーズ 大さじ2と1/2
・塩・こしょう 各少々

◆作り方

【1】ブロッコリーとにんじんはゆでて粗く刻み、ハムも粗く刻み、ゆで卵はフォークでつぶす。【A】と混ぜ合わせる。
【2】パンにバターを塗り、2枚1組にして子どもの分は4等分にし、【1】をはさみ、ラップで包んで冷蔵庫にしばらく置いてなじませる。1個ずつラップで包み、四隅をスプーンの背などで押して閉じる。

教えてくれたのは…


阪下 千恵さん

料理研究家、栄養士。おいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。10歳と4歳の女の子のママ。

「クロックムッシュ」

クロックムッシュは具材を挟んでバターで表面をカリッと焼いたフランス生まれのトーストの一種。ほうれん草をたっぷり使ったクロックムッシュはお洒落で栄養もボリュームも満点。ゆでたほうれん草をストックしておくと、手軽に作ることができます。

◆材料

(大人2人分+子ども2人分)
・ゆでたほうれん草 1.5カップ(150g)
・食パン(8枚切り) 6枚
【A】
・ツナ缶(油をきる) 1缶(80g)
・しょうゆ 少々
・スライスチーズ 3枚
・バター 大さじ1.5
※子ども用は手で持ちやすく切る。

◆作り方

【1】ほうれん草は水けをしぼって短く切り、【A】を加えて混ぜる。
【2】食パン2枚で【1】の1/3量とスライスチーズ1枚をサンドする。同様にもう2セット作る。
【3】フライパンにバターを熱して溶かし、【2】を入れてバターをすべて吸わないうちに、すぐに返す。中火でこんがり焼けたら再び返してヘラで押しながら裏側もこんがり焼く。

教えてくれたのは…


ほりえさわこさん

祖母の故・堀江泰子さん、母のひろ子さんと3代にわたる料理研究家。明るいお人柄と、簡単でおいしいアイデアいっぱいのレシピが人気。幼い姪っ子から祖父まで、みんなでいっしょに食卓を囲んでいるそうです。

栄養士に聞いた子供の朝ごはん!おにぎり、パンにひと工夫で、食べない子もパクパク
子供の朝ごはん、理想的なメニュー構成は? 毎日バタバタ忙しい朝ごはんの時間帯。気付けばつい、トーストにジャム、フルーツ、牛乳やヨーグルト…...

朝ごはんの献立に選びたい、パンに合うおかずレシピ

朝ご飯のメニューは忙しくて、マンネリになりがち。パパっと手軽に作れるおかずは忙しい朝の強い味方になってくれます。パンに合うおかずレシピをご紹介します。

卵を使った「小松菜とハムのチーズオムレツ」

小松菜とハムを使った、彩り豊かなキッシュ風のオムレツです。材料を切って混ぜ合わせたら耐熱容器に入れて電子レンジで加熱するだけ。フライパンを使わないので忙しい朝にもぴったりのメニューです。

◆材料

(2~3人分)
・小松菜 2株(100g)
・玉ねぎ 1/8個
・ハム 2枚
・バター 5g
・ケチャップ 適量

【A】
・卵 2個
・生クリーム 大さじ2
・ピザ用チーズ 30g
・塩、黒こしょう 各少々

◆作り方

【1】小松菜は3cm長さ、玉ねぎは薄切りにする。ハムは食べやすく切る。
【2】コンテナ型の耐熱保存容器に【1】とバターを入れ、ふんわりとラップをかけ電子レンジで1分30秒加熱する。
【3】【2】によく混ぜ合わせた【A】を加えて軽く混ぜ、ふんわりラップをかけてさらに3分加熱。粗熱が取れるまで冷ます。
【4】食べやすい大きさに切って器に盛り、お好みでケチャップをかけて食べる。

教えてくれたのは…


島本美由紀さん

料理研究家。旅先で得たさまざまな感覚を活かした、手軽に作れるおいしいレシピが人気。家事全般のラクを追求する「ラク家事アドバイザー」としても活動し、テレビや雑誌、講演会など幅広く活躍中。

「レンジコーンスープ」

パンにもよく合う、みんなが大好きなコーンスープ。朝ご飯を食べてくれないお子さんでも、ほんのり甘いコーンスープなら口に運んでくれるはず。鍋を使わずレンジで調理できる簡単レシピです。

◆材料

(子ども1人分)
【A】
・ミックスベジタブル(冷凍) 30g
・クリームコーン 50g
・牛乳 1/2カップ
・コンソメスープの素(顆粒) 小さじ1/2

◆作り方

【1】大きめの耐熱ボウルに【A】を入れて混ぜる。
【2】【1】にラップをかけて電子レンジ(600Wの場合)で2分~2分30秒ほど加熱し、よく混ぜる。

教えてくれたのは…


松尾みゆきさん

管理栄養士・料理研究家・フードコーディネーターとして、テレビや雑誌、書籍等、幅広く活躍。自身も母として「食育」を実践している。

「ブロッコリーのツナサラダ」

ビタミンCやベータカロテンなどの栄養が豊富なブロッコリーは朝食にもぴったりの野菜です。ツナと和えることでパンとの相性もばっちり。お弁当のおかずにもなるので慌ただしい朝の時短になるメニューです。

◆材料

(大人1人+子ども2人分)
・ブロッコリー 60g
・ツナ(ノンオイル) 1缶(70g)
・パプリカ 1/8個
・マヨネーズ 大さじ1と1/2

◆作り方

【1】ブロッコリーは小房に分けて1~2分ゆでる。ペーパーに取って冷まし水けをよく取り、食べやすい大きさに切って塩(分量外)を軽くふっておく。パプリカは粗みじん切りにする。
【2】ツナは缶汁を切ってボウルに入れ、マヨネーズとパプリカを加え混ぜる。ブロッコリーも入れて軽く和える。

教えてくれたのは…


松見早枝子さん

料理研究家。ビューティレシピスト。美と健康をテーマに、栄養バランスに優れたおいしいレシピを提案。雑誌、テレビ、講演会、料理教室など幅広く活躍している。美食家でレストランオーナーの夫、息子と3人暮らし。

パンがメインの朝ごはん献立|子供にも栄養たっぷりな理想の朝食&おかず20選
パンがメインの朝ごはんにぴったりなレシピを、幼児誌『ベビーブック』『めばえ』(小学館)に掲載された中から厳選しました。朝食に欠かせない卵やハ...

子どもが喜ぶ! 朝食パンケーキレシピ

おやつのイメージが強いパンケーキですが、じつは朝食にも最適です。パンケーキをお食事用にアレンジして、いつもと少し違う朝食メニューにトライしてみてはいかがでしょう。お子さんの喜ぶパンケーキレシピをご紹介します。

「お食事パンケーキ」

具材がたっぷり入ったボリュームたっぷりのパンケーキです。おやつ感覚で食べられるので、朝ご飯をあまり食べてくれない、というお子さんにもおすすめ。お子さんの好きな型でチーズを抜いて乗せるのがポイント。きっと喜んでくれるはずです。

◆材料

(大人2人分+子ども2人分)
【A】
・ホットケーキミックス 150g
・卵 1個
・牛乳 120cc
・ウインナー 3本
・いんげん 3本
・パプリカ 1cm
・チーズ 適量
・サラダ油 ごく少々

◆作り方

【1】ウインナーとパプリカは粗みじん切りにし、いんげんはゆでて5mm幅に切る。
【2】【A】を混ぜ合わせ、【1】を入れて混ぜる。
【3】フライパンにサラダ油をひき、【2】を大さじ2ずつ流し、両面を2~3分ずつ焼く。型で抜いたチーズを飾る。

教えてくれたのは…


阪下 千恵さん

料理研究家、栄養士。おいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。ふたりの女の子のママ。

「かぼちゃのホットケーキ」

カロテンやビタミン、食物繊維などの栄養が豊富なかぼちゃを使ったホットケーキです。ほんのり黄色に色づいたホットケーキを食べれば、朝から元気になること間違いなし。

◆材料

(子ども4人分)
・ホットケーキミックス 100g
・かぼちゃ 150g
・バター 20g
・卵 1個
・牛乳 1/4カップ

◆作り方

【1】かぼちゃはひと口大に切って耐熱ボウルに入れ、ラップをかけて電子レンジで3分ほど(600Wの場合)加熱。皮を取り除き、フォークの背などでつぶす。お好みで、取り除いた皮をみじん切りにして入れてもOK。
【2】別の耐熱ボウルにバターを入れ、ラップをかけずに電子レンジで10~20秒ほど(600Wの場合)加熱して溶かす。
【3】別のボウルに卵を割り入れ、牛乳を加えて泡立て器で混ぜる。さらに【2】、ホットケーキミックスの順に混ぜ入れる。ダマがなくなったら【1】を加えて軽く混ぜる。
【4】フッ素樹脂加工のフライパン(直径25cm程度)を熱し、【3】を流し入れ、フタをして弱火で10~13分ほど焼く。表面に気泡ができ始めたら裏返して3分ほど焼く。
【5】12等分に切る。

教えてくれたのは…


松尾みゆきさん

管理栄養士・料理研究家・フードコーディネーターとして、テレビや雑誌、書籍等、幅広く活躍。自身も母として「食育」を実践している。

「野菜たっぷりミニパンケーキ」

野菜の自然な色味がやさしい、米粉で作るパンケーキです。カラフルでミニサイズな見た目が可愛く、お子さんが喜んで食べてくれそう。グリンピース、にんじん、じゃがいもの3種類の味が楽しめます。

◆材料

(直径10cm×3枚分)
【A】
・米粉 150g
・天然酵母 3g
【B】
・ぬるま湯 150㏄
・オリーブ油 小さじ2
・メープルシロップまたは砂糖 小さじ1
・塩 3g
【C】
・グリーンピース 50g
・にんじん 1/2本
・じゃがいも 1個
・サラダ油 大さじ1

◆作り方

【1】ボウルに【A】を入れて泡立て器で混ぜる。別のボウルで混ぜ合わせた【B】を加える。
【2】【C】はそれぞれやわらかく塩ゆでして、つぶす。【1】を3等分して、それぞれを混ぜる(3種類の生地を作る)。
【3】フライパンを中火で熱してサラダ油をなじませ、【2】をそれぞれ直径10cmぐらいの円形に流し入れて焼く。

教えてくれたのは…


井澤由美子さん

旬の食材を使い、食べ合わせによる相乗効果を考えたレシピが人気。食育にも力を注ぐ。NHK『きょうの料理』や広告、書籍、雑誌などで活躍中。一児の母。

ホットケーキは冷凍常備せよ! 冷凍保存のコツ、市販の冷凍ホットケーキ、グルテンフリータイプのレシピまで総まとめ
ホットケーキは冷凍保存できる? おやつにも主食にもなるホットケーキは、食べたい時にすぐ食べられたら幸せですよね。ホットケーキは冷凍保存...

バリエーションをつけて飽きない朝食に

朝食を元気に、楽しく食べることができると1日を元気に過ごすことができます。子どもたちの毎日を、朝ごはんでしっかり応援したいですね。

いつものパン食メニューにちょっとひと工夫するだけで、子どもは大喜びするはず。ご紹介したレシピを参考に、いろいろなバリエーションを試してみてください。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事