日本製グローバル包丁を使ってみよう!人気の秘密がわかると料理がもっと楽しくなる♪

オールステンレス製が特徴のグローバル包丁。日本国内だけではなく海外でも大人気の商品です。ここではそんなグローバル包丁について解説していきましょう。

グローバル包丁とは

グローバル包丁の歴史

グローバル包丁は吉田金属工業が手掛ける大人気商品です。1954年に新潟県で洋食器メーカーとしてスタートした吉田金属工業。高品質な製品を届けたいという情熱と柔軟な発想でステンレス加工の技術を追及し続けていました。

1950年代に主流であった鋼(はがね)の和包丁は切れ味は抜群なものの、錆びやすく手入れが大変という難点がありました。また、柄の部分が木でできていると水で朽ちてしまうことも。このような問題点に注目した創業者の渡邉勇蔵氏は、錆びにくく手入れが簡単なステンレスに注目。試行錯誤の上、1983年に刀身から柄まですべてステンレスでできた「GLOBAL」が誕生したのです。

発売当初は日本でなかなか受け入れられなかったものの、海外の顧客を開拓することに成功。世界で高評価を得たグローバル包丁は、日本でも高い評価を得ていくこととなったのです。

参考:吉田金属工業

GLOBALとGLOBAL-ISTの違い

それぞれの特長をご紹介します。

GLOBAL

GLOBALは万能包丁から専門包丁まで幅広い種類や長さを取りそろえた豊富なラインアップ。独特のふわっとした刃離れを実現する緩やかなカーブのハマグリ刃と伝統のブラックドットのハンドルが特徴です。ライフスタイルにこだわりがあり、自分の個性に合わせた包丁選びをしたい方におすすめ。

GLOBAL-IST

洋包丁から和包丁までが用途別に用意された厳選6種の包丁です。水砥石と革砥仕上げを施した鋭い切れ味と耐久性に優れたエクストラエッジ、無垢なシルバードットのハンドルが特徴。日本の食文化に合わせて作られた国内だけの限定販売です。家庭での料理にこだわり、向上心と豊かな創造力でマイホームシェフを目指す方におすすめ。

参考:吉田金属工業

グローバル包丁のお手入れ方法

包丁の切れ味が鈍くなったときの対処方法をご紹介します。正しいお手入れ方法を知り、包丁をより快適な状態で使えるようにしましょう。

①シャープナーの使用
吉田金属工業では包丁以外にも手軽に切れ味の回復が図れるシャープナーが販売されています。商品によってGLOBALシリーズ専用のものとGLOBAL-ISTシリーズ専用のものがあるので、手持ちのグローバル包丁のタイプに合わせて入手しましょう。

②砥石の使用
包丁にとって最もおすすめなお手入れ方法は砥石を使っての研ぎ。自分好みの刃付けにでき、刃欠け等の修復もできます。ステンレス製品対応の砥石で試しみてくださいね。吉田金属工業でもいくつか取り扱い商品がありますが、市販のものでもOKですよ。

③メーカーによる研ぎ直しサービスの利用
吉田金属工業では、研ぎ直しサービスを行っています。専門の職人が手作業で刃付けをし直し、新品同様の切れ味まで回復してくれます。目視できなくなったロゴの再印字や包丁全体の研磨メンテナンスも行ってくれるので、表面のくすみや汚れなども落ちて見た目もきれいになりますよ。普段のお手入れを行いながら、定期的に研ぎ直しを利用しましょう。研ぎ直しサービスは郵送、持ち込み、どちらでも可能です。

参考:吉田金属工業

包丁の研ぎ方は?砥石はどう使う?頻度はどのくらい? 手軽で便利な包丁研ぎ器も発見!
包丁は料理に欠かせない道具であり、正しくメンテナンスすることで、鋭い切れ味をキープしながら安全に使い続けられます。包丁を研ぐタイミングの見極...

おすすめのグローバル包丁(GLOBAL)

G-46 三徳 18cm – 吉田金属工業

日本の万能包丁。刃先とまな板の接するポイントが長いため、包丁を前方へ押し突くような切り方の突き切りにぴったりです。キャベツの千切り、大根の輪切りなどを安定して行うことができます。

GST-B2 牛刀3点セット – 吉田金属工業

GLOBALシリーズで人気のG-2(牛刀)、GS-3(ペティーナイフ)に簡易シャープナーが付いた定番セットです。
古くに欧州から日本へ伝わり洋包丁の代表格として挙げられる牛刀。本来はブロック肉を切り分けていくのに便利ですが、お肉、お野菜、お魚の切り身や刺身の切り分けなど、万能包丁の一種として、多用途に使えます。プロの方も一般の方も満足できる20cmの刃渡りが特徴です。適度に重さがあり、切る動作をサポート。疲れることなく料理ができますよ。
ペティーナイフは小型包丁としても使用できる適度な刃渡り。野菜や果物の皮むき、細工や飾り切りなどの細かい作業はもちろん、まな板に食材をおいてのちょっとした切り分け作業にも使用できます。使い勝手が非常に良いので、これ一本で大抵のことができますよ。付属の簡易シャープナーはGLOBALシリーズ専用。

GST-B46 三徳3点セット – 吉田金属工業

GLOBALシリーズで人気のG-46(三徳)、GS-3(ペティーナイフ)のセットに簡易シャープナーが付いたセットです。
お肉、お野菜、お魚と幅広く使え、「三つ徳をする」ということから三徳と名づけられた万能包丁。海外でも「SANTOKU」の呼称で広く人気です。伝統的な和包丁である菜切りと牛刀の形状の良い部分を併せ持った万能包丁で、鎌型包丁とも呼ばれています。刃渡りは標準サイズの18cmです。

G-9 パン切り 22cm – 吉田金属工業

波刃を活かし、表皮の硬いハード系のパンもザクザク切れるパン切り包丁です。通常の包丁ではむずかしい、堅くて 滑りやすいフランスパン等の皮もスムーズに切ることができます。デザイン性が高く、レストランやホームパーティなどテーブル上でのパンの切り分け等にぴったり。おしゃれな空間を演出できますよ。

GS-61 ベーグル/サンドイッチナイフ 16cm – 吉田金属工業

G-9パン切り22cmに比べて浅い波刃。柔らかいパンはもちろんハード系にも対応可。刃渡りが16cmと短く設定されているので、ベーグルやクロワッサン、ロールパンやマフィンなど小振りなパンに最適です。

GS-10 チーズナイフ 14cm – 吉田金属工業

チーズ切り分け専用のナイフです。 右側にだけ特殊な波刃形状で刃付けされています。白カビタイプのソフト系チーズに最適です。切り口がきれいにカットできるので、ホームパーティなどの来客時に便利。

おすすめのグローバル包丁(GLOBAL-IST)

IST-01 万能 19cm – 吉田金属工業

 

 

 

 

使いやすさにとことんこだわった、GLOBAL-ISTシリーズの軸となる万能包丁です。家庭料理にはもちろん、本格的な調理で求められる繊細さまでさまざまな切り方に対応できます。
柄の部分は力の入れ方によって握るポジションを変えやすい構造になっています。刃先のカーブは中央からアゴにかけて直線的な形状で適度な刃幅。野菜の千切りや小口切りなどに最適です。刃先全体のカーブを利用すると薄切りやみじん切りなどの押し切りもスムーズに行えますよ。刃渡り19cmと少し長めなのでさまざまな食材に対応可。

IST-03 皮むき 8cm – 吉田金属工業

 

 

 

 

皮むき、フルーツの飾り切りなど細かい作業も正確かつ快適に行えるよう、使い勝手にこだわった包丁です。型崩れを防ぎ、食べたときの舌触りをよりマイルドにする面取りにも最適。8cmと短めの刀身と握りやすいシンプルな柄が使われており、重量も25%軽量化されました。長時間でも繊細なコントロールを行うことができますよ。野菜や果物の飾り切りで食卓をより華やかに演出してみましょう。

IST-05 小出刃 12cm – 吉田金属工業

日本に古くから伝わる海の幸を中心とした食文化に対応できるよう開発されたGLOBAL-ISTシリーズの小出刃包丁です。アジ、サバ、イカなど家庭によく出る魚介に使いやすい小ぶりな刃渡り。魚の三枚おろしにも素早く対応できます。しっかり握り込めるように安定性を重視した設計の柄で、魚の頭を落とすなどの力作業をこなすことも可能。右利き用、左利き用どちらも同価格というのも嬉しいですね。

IST-B05 和包丁3点セット – 吉田金属工業

IST-05(小出刃12cm)、IST-06(柳刃24㎝)、専用骨抜きが付いたGLOBAL-ISTシリーズの和包丁セットです。
魚をさばくために用いる出刃包丁に対し、柳刃包丁は刺し身を引くために使用します。スリムで伸びやかな刀身なので、引き切り・そぎ切り・皮引きなど自由自在なコントロールが可能。刺し身のおいしさを決めると言われる切り口を美しく滑らかに仕上げることができますよ。魚の下処理に便利な専用骨抜きもステンレス製で衛生的です。

グローバル包丁で料理を楽しもう

使い手のニーズに応えられるよう、使いやすさにとことんこだわったグローバル包丁。使途に応じて使い分けると料理の効率化がアップし、もっと料理が楽しめますよ。オールステンレスなので衛生面でも安心です。自分に合ったグローバル包丁を見つけて、いろいろな料理を作ってみましょう。

家庭用の包丁を選ぶポイントは? 種類や素材、価格帯を解説! おすすめ包丁9選もご紹介
日々の調理に欠かせない包丁。その質は「料理の味を左右する」といわれますが、お家で使う上では、扱いやすさやお手入れのしやすさも大事にし...
意外と知らない包丁の捨て方|自治体のルールを確認して安全に処分しよう
使えなくなった包丁は、どのように処分すればよいのでしょうか。刃物をそのままごみ集積所に出すわけには危険で、自治体によって捨て方が異な...

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事