千切りキャベツの保存|大量に食べられて使いやすさ抜群! 便利な常備野菜

トンカツには山盛りの千切りキャベツが欠かせません。繊細に細く切られたキャベツは柔らかく、たくさん食べられますよね。ところが、時間が経つとすぐに張りを失ってしまうのが難点です。どうすれば良い状態で保存ができるのでしょうか。おいしい千切りのコツと、保存方法をご紹介します。

キャベツの千切りを常備したい理由

免疫力を高め、肌の調子を整える働きの他にも、キャベツには秘めた力があります。

一日に必要な野菜の量とは

売り場でよく見かける、カット野菜や千切りキャベツの袋詰め。これは100gや150gで売られていますね。ちなみに、大人が一日に必要な野菜の量は、350gです。袋詰めの野菜に置き換えると、3袋と1/2です。なかなかの量ですね。目安となる量をイメージしながら、オイルや塩でしんなりとさせたり、加熱したりしながら、目指してください。

キャベツ・ファースト

血糖値が気になる方の対策として、食事の最初に葉物野菜を口にする心がけが推奨されています。これは血糖値の急激な上昇を抑える働きがありますが、ダイエット中や、油ものを食べる前にもおすすめの方法です。食べすぎや、胃もたれを防いでくれますよ。続けるコツは、常に千切りキャベツを取り出せるように備えておくことです。

おいしい千切りに仕上げる方法

まずは、基本的なキャベツの洗い方や、千切りの方法についてご説明します。

葉をむく

畑で育つキャベツは、土や細菌、青虫が隠れていることがあります。一枚ずつ洗いながら進むことが基本です。

・手順

【1】外側の硬い葉をはずします。この葉は生食には向きませんが、加熱調理に使うことができます。
【2】その下の柔らかい葉を2枚ほどはずします。流水に当てながらむくと、はずしやすいですよ。
【3】白く硬い芯は、包丁で切り取ります。

芯には甘みがあります。フライにするとおいしいです。

 

【4】切りやすい大きさに丸め、包丁を使って千切りに切ります。繊維を断ち切る方向に包丁を入れると柔らかく、また繊維に沿って切ると加熱しても食感が残ります。

くし切りから

大量に切りたい時は。くし切りにしてからスライスすると、葉がバラけることがありません。

・手順

【1】キャベツを1/4程の大きさにカットします。
【2】水を張ったボウルに浸けて、振り洗いしてください。葉の間に水が入るので、汚れが落とせます。
【3】内側の葉と、外側で2つのブロックに分け、手で押さえながら千切りにします。

生で食べる場合は、できる限り細いほうが柔らかくておいしいです。加熱や、冷凍する場合は太めに。

食べる直前に水にさらす

ご自分でカットしたキャベツはもちろん、市販の千切りキャベツでも、食べる直前に水にさらすひと手間で、おいしさが変わります。ただし、長く浸けておくと水溶性の栄養分が流れ出てしまいますから、時間は20秒程度を目安に。

・手順

【1】千切りにしたキャベツを冷たい水に浸けます。
【2】ザルに上げ、しっかりと水を切ります。

キャベツの千切りに欠かせないグッズ

一気に大量の千切りを作ることができる道具があると、調理が楽しくなりますよ。

 キャベツ ピーラー  FCP-01 

均等で細い仕上がりになり、みるみるうちに大量の千切りキャベツが出来上がります。毎日、たくさん食べたい場合のマストアイテムです。

 野菜水切り器 サラダスピナー

千切りキャベツは、仕上げに水にさらすことがポイントですが、水が残るとドレッシングが薄まります。水切りの一手間で、キャベツが好きになるかもしれません。

  

キッチン便利グッズのおすすめ17選|料理系・収納・変わり種まで人気商品を紹介!
おしゃれなキッチン便利グッズ3選 便利なのはもちろん、オシャレ感のあるキッチングッズはテーブルで大活躍したり、出しっ放しでも気にならないも...

千切りキャベツの冷蔵保存

千切りキャベツの保存は、どうしたら長持ちするのでしょうか。

冷蔵

次の日までに食べきる量なら、冷蔵で保存します。

・タッパー

千切りにしたキャベツをタッパーに入れ、水に濡らしたペーパーをかけてください。乾燥から守ることができます。

・野菜用保存袋

できるだけ空気を抜いて、封をしてください。野菜専用の保存袋なら、新鮮さが保たれやすいです。

保存期限

キャベツは保存性が高く、千切りにしてから1週間~10日間程度はおいしく食べることができます。

塩もみしてから保存

塩で揉んだ千切りキャベツは、アレンジが無限に広がります。切るついでに塩もみまでしておけば、コールスローの下ごしらえまでが、終わります。

・手順

【1】キャベツを太めの千切りにします。
【2】キャベツ1/2個(500g)に対して、小さじ1を目安に塩をふりかけます。全体にまぶしてください。
【3】キャベツを入れたザルにボウルを重ねて水受けにします。ラップをして冷蔵庫で30分寝かせると水がでます。または、ポリ袋に入れて、振りながら揉んでもOK。
【4】最後に手でしっかりと水を切ってください。かさが半分ほどになり、しんなりとして食べやすくなります。

保存期限

冷蔵で4〜5日のうちにお召し上がりください。

冷凍もできる、キャベツの千切り

千切りにしたキャベツを冷凍保存しておくと、茹でたキャベツのように柔らかくなります。加熱すると、味や食感の変化は気になりません。

冷凍

フリーザーバックに詰めて空気を抜きます。薄く平らにすると冷凍が早く進みます。

保存期限

1か月程度のうちにお使いください。

解凍

・自然解凍

冷凍庫から冷蔵庫に移し、3時間程度で食べることができます。冷凍の作用によって食感は柔らかくなりますが、ゆでキャベツのような食感です。

・加熱調理に

冷凍のまま加熱調理に使うこともできます。繊維が柔らかいので、短時間の加熱で十分です。味もよく染み込みますよ。

袋の上から軽くもむと、みじん切り状に砕けます。お好み焼きなら、凍ったまま粉に混ぜて焼くと、水が出ずフワフワに。

大量消費に! 下味冷凍

コンソメや、塩昆布といったお好きな味と一緒に混ぜてから冷凍しておくと、サッと一品が出来上がります。

下味冷凍 キャベツのコンソメ和え 冷凍方法

解凍後にハムやツナを混ぜると、ホットサラダに。簡単に出せる一品になります。

◆材料

(2~3人分)

あらめの千切りキャベツ 1/4個分
コンソメ(粒状) 小さじ1と1/2
オリーブオイル 小さじ1

◆作り方

【1】フリーザーバックにすべての材料を入れて、軽くもみます。
【2】空気を抜いて封をして、冷凍庫で凍らせます。余裕をもって詰めるほうが、取り出す時に砕けません。

電子レンジで解凍する方法と調理法

冷凍庫から出して、軽く振ると取り出しやすくなります。

・手順

【1】耐熱容器に中身を移し替え、電子レンジ(500w)で5分間加熱します。
【2】カットしたハムを混ぜて、お召し上がりください。

保存期限

冷凍庫で1か月程度、おいしく保存できます。

キャベツの作り置きが便利! 丸ごと一個を使い切る大量消費やストックに役立つおすすめレシピ6選
キャベツはサラダから主食まで活用できて、頼れる万能野菜の代表ですね。ひと玉あればアレンジが効くので、計画的な作り置きにピッタリです。今回はキ...

千切りキャベツで作る人気のレシピ

次のページからは、千切りキャベツを使って作れるレシピをご紹介します。たっぷりストックした千切りキャベツを使って、サラダ、煮込み料理、スープなど、おいしいメニューに仕上げてくださいね。

編集部おすすめ

関連記事