離乳食の「いんげん」はいつから?時期別レシピや下処理の方法を離乳食インストラクターが解説

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。今回の食材は「いんげん」。スーパーでも手軽に手に入るいんげんですが「歯ごたえがありそうだし、離乳食に取り入れても大丈夫かな?」っと不安に思ってしまうママもいるのではないかと思います。そんないんげんを離乳食に取り入れる方法をお話しますね。

いんげんを使った離乳食はいつから?

いんげんは、歯ごたえがある野菜で、裏ごしもしにくい野菜です。離乳食中期の後半~離乳食後期にかけてスタートするのがおすすめです。

 

離乳食で使ういんげん。歯ごたえがあるので、下処理を

いんげんは歯ごたえがあり、噛んだり消化するのに時間がかかりますので、赤ちゃんが食べる前には下処理が必要です。下処理の2ステップは

1.筋をとる

2.両端を切る

湯がく前に切ってもいいのですが、そのまま湯がいてから切った方がやわらかく、調理しやすいです。大人が思うよりもずっとずっとやわらかく湯がいてあげましょう。

 

いんげんを使った離乳食レシピ

【離乳食後期】 いんげんのみそ汁

普段のお味噌汁にいんげんを加えて色鮮やかにいただきましょう。

<材料>

じゃがいも 15g

にんじん 15g

いんげん 5g

かつお昆布だし 150ml

味噌 0.5g

<作り方>

・じゃがいもとにんじんは煮やすい大きさに切る

・いんげんは下処理をする

1.かつお昆布だしで、じゃがいも、にんじん⇒いんげんの順に切る

2.1がやわらかくなったら取り出して5㎜の千切りにする

3.1の煮汁を80mlにして2を加えひと煮立ち

4.味噌を入れて風味をつける

 

【離乳食完了期】 いんげんのグラタン

赤ちゃんも大好きなホワイトソースでグラタンにします。

<材料>

マカロニ(ゆでた合計) 50g

いんげん 10g

チーズ 5g

Aホワイトソース 下記のうち30g

玉ねぎ 1/4個

牛乳 150ml

バター 20g

小麦粉 大さじ2

<作り方>

・マカロニは茹でる

・いんげんは下処理する

・玉ねぎを薄く切る

1.まずはホワイトソースを作る。鍋を火にかけバターと玉ねぎを入れて炒める

2.小麦粉を入れて弱火で炒める

3.牛乳を3回に分けて混ぜながら入れる

4.いんげんを湯がいて1㎝に切り、器に入れて、マカロニ、3のホワイトソース、チーズをかける

5.オーブンで5分、チーズに焼き色がつくまで焼く

 

料理に取り入れると鮮やかな緑色が映えるいんげん。ぜひ離乳食に取り入れてみてくださいね!

 

中田 馨(なかた かおり)

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在13歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、20年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで2500人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

編集部おすすめ

関連記事