節分の豆が窒息の原因に!5歳までは「豆類」は与えないで!【Safe Kids Japan】

節分の豆で窒息!?

 2月3日は節分ですね。節分には豆まきをしたり、恵方巻きを食べたりして楽しむファミリーも多いのではないでしょうか。しかし、豆まきの豆による「誤嚥(ごえん)」や「窒息」が毎年のように起きていることをご存じですか?

 

イラスト 久保田 修康

 

赤ちゃんの気管は、「ストロー」くらいの太さです

人間の気管(空気の通り道)はその人の小指の太さと同じくらい、と言われています。お子さんの小指を見てみてください。子供、特に赤ちゃんの場合、小指は細いストローくらいの太さしかないですね。

また、赤ちゃんはおとなに比べると喉の位置が高く、口と喉の間が短いことがわかっています。息を吸うと、口の中にあるものがすっとそのまま喉の奥に入ってしまうのです。

知っていますか?誤飲と誤嚥のちがい

「誤飲」、「誤嚥」という言葉を聞いたことがあると思います。似た言葉ですが、実は意味が違います。「誤飲」は、本来、飲み込んではいけないものが胃に入ってしまうことです。口または鼻から喉、食道を通って胃に入り、子供の健康を脅かす事態になることを言います。一方、「誤嚥」とは、食べ物やおもちゃなどが気管に入ってしまうことを言います。気管を部分的に閉塞することを気道異物といい、気管が完全に閉塞した状態を窒息といいます。誤嚥が起きると空気を肺に取り込むことができず、窒息した場合は命にかかわる重大な事態となることがあります。

誤嚥や窒息を予防するために

この「誤嚥」や「窒息」を防ぐために、お願いしたいことがあります。

①お子さんが5歳になるまでは、ピーナッツなどの豆類は要注意!

ピーナッツなどの豆類を常備しているファミリーも多いでしょう。しかし小さな子供にとって乾いた豆はとても危険。乾いた豆は口の中で小片となって吸い込まれやすく、肺に入ると呼吸困難や肺炎を引き起こします。豆の小さな破片が気管の中でふくらんで、気管をふさいでしまうこともあります。お子さんが5歳になるまでは、ピーナッツなどの乾いた豆類は家の中に持ち込まないことが一番です。節分の豆はパックごとまき、子供にはボーロなど豆に変わる安全なものを与えましょう。中身の豆を食べるのは、5歳になってからです。

パックに入った節分の豆

②丸くてつるつるした食べ物も要注意。4歳になるまでは、ミニトマトやぶどうは4つに切って!

ミニトマトやぶどうのように、丸くてつるつるしたものは、子供の喉の奥にすっと入って詰まってしまうことがあります。このようなものは、4つに切って食べさせるようにしてください。煮豆や枝豆も同様です。

ミニトマト

Safe Kids Japanとは

私たちSafe Kids Japanは、事故による子どもの傷害を予防することを目的として活動しているNPO法人です。2018年6月からこのHugKumで、子どもの傷害予防に関する記事を配信しています。基本的に毎月1回、季節や年中行事などに即した内容の記事をお送りしたいと考えています。

さて、「事故による傷害」、「傷害予防」という言葉、あまり聞き慣れないかもしれません。私たちがなぜ「事故」ではなく「傷害」という言葉にこだわっているのか、について、はじめに少し説明させてください。

事故?傷害?その違いは?

「事故」という言葉を辞書で調べてみると、「思いがけなく起こった良くないできごと」とあります。英語で言うとaccidentですね。accidentは「意図しない不幸なできごと」という意味で、「避けることができない運命的なもの」という意味も含まれています。海外でもかつてはaccidentを使っていましたが、最近ではinjuryという言葉が使用されるようになりました。injuryは「ケガ」「負傷」という意味です。「事故」は科学的に分析し、きちんと対策すれば「予防することが可能」という考え方が一般的になり、「運命的な」という意味を含むaccidentではなく、injuryという言葉を使用することが勧められるようになったのです。今ではaccidentという言葉の使用を禁止している医学誌もあるくらいです。

そのinjuryに対応する日本語として、Safe Kids Japanでは「傷害」という言葉を使っています。よく「事故予防」と言われますね。もちろん事故そのものが起きないことがいちばんなのですが、たとえ事故が起きたとしても、(重大な)ケガはしないように備えよう、そんな思いも込めて、「傷害予防」と言っています。

NPO法人Safe Kids Japan

編集部おすすめ

関連記事