幼稚園から英語教育は必要?子どもの発音が良くなる?英語教室や教材の選び方

2020年から、小学校5・6年生での「英語」の授業が必修となります。また、3・4年生は「外国語活動」がスタートします。それにともない、「幼い頃から英語に親しませたい」「将来子どもに、グローバルに活躍してほしい」と願うパパ・ママも少なくないようです。そこで今回は、幼稚園からはじめる英語教育についてご紹介します。

幼稚園から英語教育をしたい・させている親はどれくらいいるの?

英語教育1
幼稚園から英語教育をしたい・させている親はどれくらいいるの?

ここでは、「お子さまの習い事」についてのアンケートから、「英語の習い事をどう考えているか」の回答をご紹介します。英語教育に興味をもっているママはどれくらいいるのか、見てみましょう。

出典:自然に「英語」を身につけるためにできること-ベビカム

英語教育を行っている親は10.6%

アンケートによると、「現在、子どもが英語を習っている」家庭は10.6%。約10人に1人の割合で英語を習っていることがわかります。また、以前習っていたことがある家庭は2.9%という結果が出ています。

英語教育を行いたい親は約65%

また、同じアンケートから、「英語を習わせたいと思っている」親は、64.7%。4人に3人の親が英語教育に興味を持っている結果となりました。

幼稚園からの英語教育、疑問や不安、問題点

幼稚園から英語を習うと、なにか弊害はあるのでしょうか?英語教育によくある疑問や不安、問題点について考えてみましょう。

発音が良くなる、英語で理解する、”英語耳”や”英語脳”になるって本当?

日本語と英語は、使用する周波数帯が異なるので、日本人にとって英語の音を聞き取ることは大変です。ですが、幼い頃から英語に触れておけば、英語を聞き取れる能力「英語耳」を養うことができます。この英語耳は生後6か月からはじまるのだそうです。
「英語脳」とは、英語で話す時は英語で考え、英語で理解することを言います。これも幼いうちから英語に馴染んでいれば、脳が「英語脳」に育ちます。

日本語も英語も中途半端にならない?

小さいころから英語を身につけさせると言っても、身につけさせる度合いも各家庭や幼稚園によってさまざまです。例えば両親が日本人で、週に数回の英会話教室や学校の英語の授業を楽しませる程度では、母国語である日本語に悪影響を与えることは少ないでしょう。

✔詳しくは「教材、歌や英語教室の選び方は?プロに聞く『幼児の英語教育」おすすめ方法」をチェック!

日本人のよさを失ってしまうのでは?

英語に親しみすぎて、日本人のよさを忘れてしまうのではないかと思われる親御さんもいらっしゃることでしょう。ですが、これは英語と関係ありません。そもそも日本人ですし、日本の文化や慣習などを理解し、尊重して、その上で、自分らしいアイデンティティが育てば、問題ないですよね。

幼稚園以外で英語教育を受けるには?

英語教育に熱心な幼稚園もありますが、幼稚園以外で英語教育を受けるなら、英会話教室や英語教室、プリスクール、インターナショナルスクールの幼稚部などがあります。その特徴をご紹介します。

英会話教室

英会話教室は、英語を聞く、話すことを習う教室です。外国人講師が在籍する教室もあるので、幼い頃から外国人や異文化に触れることができます。レッスンはおもに、少人数制やグループレッスンで行われます。

英語教室

英語教室は、おもに英語の文法を学ぶ教室です。英会話教室同様、外国人インストラクターが在籍している教室もあります。歌やダンスなどのアクティビティやゲームを取り入れたレッスンが展開されています。

プリスクール

「プリスクール」とは、英語で保育を行う保育施設のことです。保育対象は、1歳児から小学校入学前の乳幼児。所管は、文部科学省または厚生労働省や、都道府県など、スクールにより異なります。預かり時間も、スクールによって異なります。

インターナショナルスクールの幼稚部

「インターナショナルスクールの幼稚部」は、帰国子女や外国籍の子どもを対象にした「母国語が英語の子供が通う園」です。ですが、近年ではプリスクールとの明確な違いがなくなってきています。無認可校が多いですが、文部科学省や都道府県の許可を受けているものもあります。入園試験や面接などで、ある程度の英語力を問われます。これは親も同様です。

幼稚園生が自宅で英語を楽しめる方法や教材は?

自宅で英語を楽しめる方法や教材はたくさんあります。お子様が興味を持ちそうなものを選んで、楽しみながらやってみてはいかがでしょうか。

英語教育2
動画やアプリで英語を楽しもう!

歌を歌うと英語耳が育つ!

0~1歳、2歳までの子どもは、シャワーのように英語の音を浴びせているだけで、一定の効果があるのだそう。ですので、英語の歌を聞いたり、歌ったりすると、英語耳が養われます。

✔詳しくは「教材、歌や英語教室の選び方は?プロに聞く「幼児の英語教育」おすすめ方法」をチェック!

DVDなら反復効果ですらすら覚えられる!

DVDは、繰り返したり、ピンポイントで見れるという特徴があります。何度も繰り返し見るうちに、フレーズが思わず出てしまうことでしょう。また、子どもはDVDを見るのが大好き。お子さんの好きなキャラクターが出てくる英語のDVDなら、楽しみながら英語を学習できます。

絵本や本で英語を読み聞かせ

幼い頃から英語に触れさせたいのなら、英語の絵本や本をパパ、ママが読み聞かせてあげるのもよいでしょう。たとえば「はらぺこあおむし」を読み聞かせてみてください。はらぺこあおむしが次々に食べる食べ物が登場するシーンだけでも、子どもたちは驚くほど早く覚えて一緒に言えるようになります。また、何度も読むことで、表現の仕方がなじんできますよ。

もちろん、先ほどもご紹介した絵ずかんもおすすめです。英単語や発音もすらすら覚えてしまうことでしょう。

✔詳しくは「【バイリンガルママの絵本で英語!】おすすめVol.1「THE VERY HUNGRY CATERPILLAR」(はらぺこあおむし)」をチェック!

動画でいつでもどこでも英語学習

動画なら、タブレットやスマホを使って、いつでもどこでも英語のお勉強ができます。おすすめは、動画定額見放題の「TSUTAYAプレミアム」。家ではテレビ・パソコンで、外ではタブレットやスマホで視聴できます。「Eテレ」の人気キッズタイトルが満載で、そのなかの『えいごであそぼ』なら、親子で動画を見ながら、英語を楽しめますね。

TSUTAYAプレミアム

シールえほんなら、英語の単語が覚えやすい

英単語を覚えるなら、シールえほんがおすすめです。『アンパンマンとおけいこ はじめてのABC』は、アンパンマンのシールを貼りながら楽しく英語が学べる1冊。簡単な挨拶や色から、子どもが好きそうな食べ物や乗り物、生き物の名前、アルファベットの表までが掲載されています。イラストの近くにある文字を何度もながめていると、スペルを雰囲気でわかるようになりますよ。

本1
アンパンマンとおけいこ はじめてのABC

アンパンマンとおけいこ はじめてのABC

✔詳しくは「【大好きなアンパンマンで英語デビュー! 遊びながら、英単語が覚えられる!?」をチェック!

絵ずかんなら、英語の読み方を覚えやすい

子ども用の絵ずかんに英語がついたものなら、子どもの興味があるものから英語に触れることができます。おすすめの絵ずかんは、『しゃしんがいっぱい! はじめてずかん415 英語つき』(小学館)。スマホやPCで日本語と英語の音声が効けるQRコードがついているので、発音を確認できます。

本2
しゃしんがいっぱい! はじめてずかん415 英語つき

しゃしんがいっぱい! はじめてずかん415 英語つき

✔詳しくは「【幼児の英語教育】大切な最初の一歩!進化する「こどものずかん」がすごい!」をチェック!

 

絵本アプリ英語を楽しもう!

英語の絵本が読めるアプリもあります。『おやこであそぼ! じゃじゃじゃじゃん』には、有名な童話を英語で楽しめるコンテンツが。また、同アプリはお話だけでなく英語の歌も収録されています。歌の場合は、画面上にタンバリンやカスタネットのアイコンが現れ、タップすると音が鳴るようになっているので、リズムに合わせて英語が学べます。

『おやこであそぼ! じゃじゃじゃじゃん』の料金は、100回視聴で120円、シリーズ毎の見放題プランが月々120~480円、全作品の見放題プランが月960円です。一度ダウンロードすれば、オフラインの環境下でも使えるのでお出かけ先でも。

✔詳しくは「英語の勉強も!無料読み聞かせも!ママの口コミ人気「おすすめ絵本アプリ」4選」をチェック!

約6割の幼稚園が英語教育に取り組んでいる!

2012年のある調査によると、私立幼稚園で通常保育の時間に行う一斉活動で「英語」を実施している園はなんと58.0%なのだそう。約6割の幼稚園が実施しているというデータがありました。

出典:ベネッセ教育総合研究所・次世代育成研究室の「第2回 幼児教育・保育についての基本調査」(2012<平成24>年)から

そこで、インターネットで、東京にある英語教育に取り組んでいる私立幼稚園を探して見ました。そうすると、楽しく英語を学べる幼稚園がたくさん見つかったので、いくつかご紹介します。

立川市にある「ふじようちえん」では、週1回、「英語を楽しむ」「英語を好きになる!」「外国人の先生と触れ合う」ことを目的に、英語の時間が設けられています。
ふじようちえん

板橋区にある「きよみ幼稚園」。こちらでは1年間を通じて、ネイティブの先生とゲームやダンスを通じて英語を楽しく無理なく学べます。
きよみ幼稚園

墨田区にある「墨田幼稚園」は、シンガポールのイーズ幼稚園と姉妹園提携をしています。イーズ幼稚園では、英語指導をするためのメソッドを開発監修してきたのだそう。その教材を英語指導に導入している幼稚園です。
墨田幼稚園

幼稚園生から英語教育を始めてみませんか?

これからの時代、英語はますます重要になります。ですので、できれば小さい頃から英語に親しませておきたいですよね。幼稚園生からの英語教育で大切なのは、親子でいっしょに英語を楽しむことです。いっしょに楽しめる英語教室や英語教材選びの参考にしてみてくださいね。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事