光る!音が出る!カッコいい【バスのおもちゃ】大集合!人気キャラから知育まで

バスのおもちゃは子どもに大人気!

乗り物が好きな子供は多いですよね。バスのおもちゃは幅広い年齢の子供に人気です。バスのおもちゃには、リアルな作りの模型や、音が鳴ったり光ったりするギミック付きのもの、知育玩具など様々なタイプがあるので、きっと子供の気に入るおもちゃ見つけることができるでしょう。
今回はおすすめのバスのおもちゃを厳選してご紹介!年齢別の選び方ポイントも解説しますので、参考にしてみてください。

バスのおもちゃの種類

リアルな作りの模型タイプのおもちゃ

本物のバスのようなリアルな作りのおもちゃは、本物志向の子供にぴったりです。模型タイプのリアルなおもちゃは子供だけでなく大人にも人気があります。おもちゃとしてだけでなくコレクションアイテムとしても。大きくなってからも遊べるところが、模型タイプの特徴でもあります。

ギミック付きのおもちゃ

音が鳴ったり扉が開いたりするギミック付きのおもちゃは、子供の興味関心を引きやすいという特徴があります。ちなみにギミック付きのおもちゃは電池式のものが多いので、購入の際には電池も一緒に用意するようにしてください。

知育要素のあるおもちゃ

バスのおもちゃの中には、楽しく遊びながら数などの学習ができる知育要素があるものもあります。知育玩具を選ぶ際には、子供の年齢や発達段階に合ったものであるかを確認してから購入するようにしてください。

年齢別バスのおもちゃの選び方

次に、年齢別にバスのおもちゃの選び方をご紹介します。

0~1歳の子ども

0歳~1歳ごろの子どもには、操作が簡単で遊びやすいタイプのおもちゃがおすすめです。手先を使って遊べるようなものも良いでしょう。また音が鳴ったり光ったりするおもちゃも、この年齢の子供に受けがいいようです。

2~3歳の子ども

2歳~3歳ごろになると、色々なおもちゃで遊べるようになってきます。バスのおもちゃは3歳以上を対象にしているものも多く、おもちゃの選択の幅が広がります。この年齢になると好きなキャラクターや色などの好みもしっかり出てきますから、子供が好きなキャラクターが描かれているおもちゃなどもおすすめです。

4歳以上の子ども

4歳以上の子供には、リアルな模型タイプのバスのおもちゃが特におすすめです。このくらいの年齢になると、細かいパーツのあるおもちゃなども扱えるようになってきます。
また大きくなってくると自分が欲しいおもちゃも出てきますから、子供の好みや希望を取り入れたおもちゃを選んであげることも大切です。

リアルなバスのおもちゃ

まずはリアルな作りのバスのおもちゃをご紹介します。精巧な作りのものは、子供だけでなく大人にも人気です。

「つぎとまります! 」IRリモコン京浜急行バス


バスの降車ボタン型のリモコンを使って、バスを発車させたり停車させたりすることができるタイプのおもちゃで、京浜急行バスのデザインになっています。リモコンやバスの作りがリアルなところと、ドアが開閉したりライトが点灯したりするギミックが凝っているところが特徴。バスが好きな子供も満足すること間違いなしの人気おもちゃです。対象年齢は3歳以上です。

「つぎとまります! 」 IRリモコン 西鉄バス


こちらもバスの降車ボタン型のIRリモコンを使ってバスを操作することができるタイプのおもちゃです。西鉄バスを模したデザインで、かなりリアル。停留所の模型も2個付属しているので、色々な遊びが楽しめそうです。対象年齢は3歳以上です。

「つぎとまります! 」IRリモコン阪急バス


阪急バスデザインのこちらのおもちゃも、先にご紹介した2商品と同様のシリーズです。同じシリーズでもタイプによって、降車ボタン型リモコンや停留所の模型のデザインが異なっているところに、こだわりが感じられますね。対象年齢は3歳以上ですが、リアルな作りのバスのおもちゃなので、子供だけでなく大人も楽しめそうです。

サウンド&ライト都営バス


ボタンを押すと4種類のサウンドが鳴りライトが点灯する、楽しいギミック付きのバスのおもちゃです。また、レバーを引くとドアが開閉する仕組みになっているところもポイントです。作りがしっかりしているので、バスが好きな子供も満足してくれるでしょう。対象年齢は3歳以上です。

トミーテック ザ・バスコレクション 東急バスオリジナルセット


東急バスの「l A1600号車(日野ブルーリボンQDG-KV290N1)」と「l NI3660号車(三菱ふそうエアロエースQTG-MS96VP)」の模型で、デザインがリアルなところが特徴です。子供のおもちゃとしてだけでなく、大人のコレクションにもおすすめ。サイズがコンパクトで場所をとらないところもポイントです。

ギミック付きで楽しい!人気のバスおもちゃ

続いて、様々なギミック付きの楽しいおもちゃをご紹介します。

サウンド&フリクション 日野ポンチョ 幼稚園バス


可愛らしい動物のイラストが描かれた幼稚園バスのおもちゃです。上部のボタンを押すとサウンドが流れるようになっています。ドアが開閉するギミックが付いていたり、ドア内部のハンドルや座席などがしっかり作られていたりと、細部にもこだわりが感じられます。対象年齢は3歳以上で、長く遊ぶことができそうです。

アンパンマン しゅっぱつ! おしゃべりアンパンマン路線バス


アンパンマンは子どもに人気のキャラクターですよね。そんなアンパンマンがデザインされた路線パスのおもちゃは、やっぱり大人気。ボタンを押すとメロディが流れたりキャラクターがおしゃべりをしたりする仕組みになっているところも楽しいです。また屋根をスライドさせると絵柄が変わるようになっていたり、ドアが開いたりするギミックも。小さい子供も飽きずに遊ぶことができそうですね。対象年齢は3歳以上です。はじめてのバスのおもちゃにもおすすめですよ。

ベビラボ アンパンマン ころころメロディバス


1歳ごろから遊ぶことができる、アンパンマンのバスのおもちゃ。手で持って走らせて遊んだり、手でタイヤを回したり、色々な遊び方ができるところが特徴です。「おべんきょうモード」では、数の学習をすることもできるので、年齢や発達段階に合わせた遊び方ができそう。子供が楽しく遊びながら学ぶことができる知育玩具は、プレゼントにも喜ばれますよ。

トミカ №042 はとバス


子供から大人まで、幅広い世代に人気のトミカ。こちらは、はとバスデザインのものになります。小さくてもリアルな作りなので、精巧なデザインのバスのおもちゃや模型をお探しの方におすすめです。子供のおもちゃとしてはもちろん、コレクションアイテムとしても人気があります。対象年齢は3歳以上です。

くもん くろくまくんの10までかぞえてバス


バスを走らせたり、ボールを並べたりして遊ぶことができるバスのおもちゃ。対象年齢は1.5歳以上で、赤ちゃんのうちから遊ぶことができます。バスにボールを乗せると音声で数を教えてくれるので、数字や数を覚えるのにも活用できますよ。知育玩具としてもおすすめの商品です。

気分はバスの運転手!

子供が大好きなバスのおもちゃは運転手気分で遊ぶことができる、乗り物に興味を示し始めた子供におすすめのおもちゃです。ぜひ親子で楽しんでみてください。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事