赤ちゃんにボディクリームは必要?赤ちゃん用の選び方や塗り方・使い方の注意点、おすすめボディクリーム

赤ちゃんの肌は柔らかく、もちもちでとてもきれいです。しかし、肌の厚さは大人より薄く、非常にデリケート。また、肌を守る力も弱く、トラブルを起こしやすくなっています。そんな赤ちゃんの肌には、洗う+保湿のお手入れが基本です。そこで、今回は、赤ちゃんの肌を守るお手入れにピッタリのボディクリームについて紹介します。

赤ちゃんにボディクリームは必要?選び方や塗り方は?

赤ちゃんに使うボディクリームの選び方

赤ちゃんの肌のお手入れに使うボディクリームは、どのように選べばよいのでしょうか。ボディクリームが必要な理由、アレルギーや肌質、月齢に合わせた選び方など、ボディクリーム選びの注意点をピックアップしました。

赤ちゃんにボディクリームが必要な理由

おむつを変えたり、汗をかいた後など、赤ちゃんの肌を清潔に保つために頻繁に洗ったり、ウエットティッシュで拭いたりしますよね。しかし、「洗う」「拭く」という行為で肌の皮脂が減少するため、乾燥しやすくなります。そのまま放置しておくとさらに乾燥が進み、肌を守る機能も低下してしまいます。

国立成育医療研究センターの研究によると、新生児期からの保湿剤塗布により、アトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下することが分かっています。赤ちゃんの肌を守るためにも、保湿力の高いボディクリームでお手入れしましょう。

アレルギーや肌質に合わせた選ぶ

赤ちゃんのボディクリームは、アレルギーや肌質に合わせて選ぶ必要があります。アレルギーが気になる場合は、医師に相談しながら、添加物が入っていないものや低刺激のものを選びましょう。

月齢に合わせて選ぶ

生まれてから生後2ヶ月くらいまでの赤ちゃんは皮脂の分泌が活発です。しかし、生後2ヶ月を過ぎると、肌の皮脂量や水分量も落ち着いてくるので、乾燥への注意とケアが必要になります。

シチュエーション別に選ぶ

赤ちゃんのお肌のお手入れを行う場合、中身の成分と同じように、容器の形状や、塗り心地なども重要です。動きたがる赤ちゃんに塗る場合は、片手で取り出せたり、手早く塗れるポンプタイプやボトルタイプのもの。外出中はワンタッチのチューブタイプのものを選ぶと便利です。また、赤ちゃんの肌の状態は季節によっても変わるので、肌の状態を確認しつつ、夏場はさっぱりタイプのクリーム、乾燥しやすい冬場は保湿力の高いクリームと、季節に合わせて使い分けるのもおすすめです。

赤ちゃんへのボディクリームの塗り方・使い方

赤ちゃんへのボディクリームの塗り方・使い方を説明します。やさしく丁寧に、手のひらで滑らせるように塗りましょう。

【1】ボディクリームを手に取る

お手入れをする際、まずはクリームをパパ・ママの手に取りましょう。ボディクリームの種類によって違いますが、500円玉程度の量を目安に手のひらに乗せましょう。

【2】まずは顔に塗る

よだれなどで肌が荒れがちな顔から塗っていきます。
おでこ、ほほ、あごなどにボディクリームを少しずつ置き、手のひらを滑らせるようにして優しく塗ります。乾燥しやすい小鼻の周り、耳の下などはこまめに塗りましょう。口の周りは、頻繁に拭くことで乾燥しやすくなっています。沐浴やお風呂の後だけでなく、こまめに塗り直しましょう。

【3】次に体に塗る

体に塗る場合は、ボディクリームを取り、手のひらで伸ばしてから塗りましょう。手のひらの温かさでボディクリームが伸びやすくなり、お手入れもしやすくなります。
腕や足のくびれ、足首やしわの間にもしっかり塗りましょう。おむつ交換などで敏感になりがちなお尻や、口に入れることで乾燥しがちな指・指の間もしっかりお手入れしましょう。

赤ちゃんがボディクリームを使うときの注意点

赤ちゃんがボディクリームを使うときの注意点には、どんなものがあるのでしょうか。

必ずパッチテストをする

赤ちゃんの肌は敏感で、それぞれの赤ちゃんによって個人差もあります。低刺激のボディクリームでも、肌に合わずかぶれてしまうことも。広範囲に塗る前に、必ず赤ちゃんの二の腕の内側などに少量試し、湿疹や赤みが出ないかを確認してから使いましょう。

トラブルがあるときは使用を中止する

乳児湿疹やあせもなど、肌にトラブルが起きているときは使用を控えましょう。ボディクリームを塗った後に赤みやかゆみ、発疹が出てしまったときは、使用を中止して様子を見て、必要な場合は病院で受診してください。

誤って食べてしまったら?

赤ちゃんの誤飲などを防ぐため、ボディクリームは子どもの手が届かない場所に保管しましょう。
また、誤って食べてしまったら、水か牛乳を飲ませ、様子を見て病院へ。また、気管に入った場合には、直ちに病院で受診してください。

ボディクリームを食べてしまったら?

赤ちゃん用おすすめボディクリーム6選

赤ちゃん用のおすすめボディクリームをピックアップしました。赤ちゃんの肌質や使い心地、ママと使えるなど、それぞれの特徴も紹介しています。気になるものをチェックしてみてください。

ママ&キッズ ベビーミルキークリーム(ナチュラルサイエンス)

ママの体内環境をお手本に、赤ちゃんの肌を守るために必要な成分をたっぷり配合。新生児から毎日の保湿ケアに使えます。

ピジョン ベビークリーム(ピジョン)

ベビーミルキーローション

赤ちゃんの胎脂に近い保湿成分を配合したベビークリーム。伸びがよく、赤ちゃんのお肌をしっかり保護します。かさつきが気になる部分におすすめです。

ミルふわ ベビークリーム(和光堂)

母乳がお手本の保湿成分を配合。のびがよくべたつかないクリームタイプ。

アロベビー ミルクローション(ALOBABY)

アロベビー ミルクローション

99%天然由来の成分が配合されたミルクローション。1本で乳液とクリームのW効果があり、塗りやすく伸びの良いしっとりとしたテクスチャーなので、ベビーマッサージにも使えます。

キュレル クリーム(花王)

キュレル クリーム

うるおい成分が外部刺激から肌を守る働きを助けて、肌荒れを防ぎます。ママと一緒に、赤ちゃんのデリケートな肌にも使える、弱酸性・無香料・無着色のクリームです。

ニベア クリーム(ニベア)

ニベア クリーム

発売されてから100年以上のロングセラー商品「ニベア」。赤ちゃんも含め、家族全員で使えます。スクワラン、ホホバオイルが配合で、健康でしっとりした肌が保てます。

スキンシップも兼ねてボディケアを

赤ちゃんの肌のお手入れ・ボディケアは、肌トラブルから守るだけでなく、パパママの手で肌に触ることでスキンシップにもつながります。リラックス効果もあるので、楽しみながら保湿してあげましょう。

関連リンク
世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見 (国立研究開発法人 国立成育医療研究センター)
薬について 誤飲したら(一般社団法人 岡山県薬剤師会)
0歳からはじめるスキンケア | 赤ちゃんのスキンケア(ベビカム)

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事