離乳食に人気のバナナはいつから?時期別レシピと、変色させない保存テクニック

バナナは果物の中でもビタミンB群が多く含まれ、オリゴ糖と食物繊維が豊富で整腸作用もあります。甘みもあるので、主食からおやつまで、離乳食には使いやすい食材です。

離乳食でバナナはいつから食べられる?

バナナは離乳食初期から食べることができます。ただし、ごくまれに果物のアレルギーがある場合もあるため、初めは過熱して、1さじずつ様子を見ながら与えましょう。

中期までは加熱してから

新鮮なものを生で食べたくなる果物ですが、初期の間だけでなく、中期までは過熱して与えたほうが安心です。加熱することで、柔らかくなったり、甘みが増したりという効果も。赤ちゃんにとっては食べやすくなるので、一手間をかけてあげてくださいね。

加熱する、生のままなど、与え方の時期や量について

バナナは加熱すると甘みが増します。熟してない青いバナナなどは、皮のままオーブントースターで焦げるまで焼くととろとろになります。そのままで食べられる食材ですが、新鮮なものを選ぶことと、手洗いをする・清潔な食器を使うなど、衛生面には注意が必要です。

バナナは甘みがあるので、食べがよく、子どもによってはたくさん欲しがることも。目安としては、初期:2cm、中期:半分、後期:2/3本くらいにしましょう。

バナナの上手な保存法を伝授!冷凍保存も

バナナの変色のワケ

バナナはポリフェノールの作用で変色します。薄めたレモン水で変色は防げますが、離乳食で使用するのには酸味が強すぎるため、切ってすぐに食べるのがおすすめです。

バナナの冷凍保存のやり方

常温の保存がおすすめですが、つぶしてレンジで30秒加熱したものをフリージングバッグに平らにして冷凍します。凍らせる前に袋の外から食べるサイズに筋を入れておくと、使うときにそれだけ簡単にカットできるのでおすすめです。

 離乳食初期|バナナのレシピ

 バナナのペースト

加熱するとねっとりするので、簡単にすりつぶすことができます。レンジで加熱するだけであっという間にできる初期の離乳食。栄養価も高く、バナナは頼れる食材です。

◆材料(1食分)

・バナナ 20g
・水 少々

◆作り方

1. 皮をむいたバナナを刻み、少量の水を振りかけてラップをしてレンジで20秒加熱。

2. すりつぶしたらできあがり。

 離乳食中期|バナナのレシピ

焼きバナナ

焼いたバナナはとろとろに。甘みも増すのでぱくぱく食べてくれますよ!最後にふりかけたきなこがバナナの水分を吸って、しっとりとしてから食べましょう。

◆材料(1食分)

・バナナ 1/2本
・きなこ 少々

◆作り方

1.皮ごとのバナナをアルミホイルで包み、15分焼きます。

2. 1/2本を一口サイズにして、きなこをかけます。

3. きなこがバナナに馴染んだらめしあがれ。

 離乳食後期|バナナのレシピ

バナナのパンケーキ

手づかみ食べが楽しくなるパンケーキ。バナナに甘味があるので砂糖不使用です。丸の形、スティックの形や、お子さんが好きな形を作ってみても楽しいですね。

◆材料(1食分)

・米粉 20g
・小麦粉 10cc
・牛乳 30mL
・ベーキングパウダー 1.5g
・バナナ 20g

◆作り方

1.小麦粉、ベーキングパウダー、牛乳を混ぜ、細かく刻んだバナナを潰さないように混ぜます。

2.中火で2分ほど火を通し、焼き色がついたらひっくり返して裏側を焼きます。

3.できあがり。粗熱が取れたらめしあがれ。

 

レシピ:野村泉先生<栄養士・幼児食アドバイザー>

病院内にて妊産婦・乳幼児の栄養指導に従事。東京・小金井市のもぐもぐ子ども調理室にてレシピ監修、講義サポート、離乳食・幼児食講座を担当。

 

構成/HugKum編集部 写真/田中麻衣

編集部おすすめ

関連記事