お弁当におすすめ!パンケーキのレシピ10選|幼稚園のお弁当にうれしいパンケーキ&ホットケーキを厳選

幼稚園のお弁当がマンネリだな…というとき、子どもが大好きなパンケーキをお弁当にしてみませんか?幼児誌『ベビーブック』『めばえ』(小学館)に掲載されたなかから人気のパンケーキ&ホットケーキをずらっとご紹介します。シンプルな基本のレシピから野菜や果物たっぷりで栄養バランス◎なメニュー、かわいくペイントしたホットケーキなど。小食さんでも喜んで食べてくれること間違いなしのレシピです!

幼稚園のお弁当におすすめ!パンケーキのレシピ

【1】さつまいものパンケーキ

添えもので“ちょっぴり和テイスト”に。焼く時においもをアレンジして、見た目もかわいく仕上げてみて!

◆材料

(大人2人分+子ども2人分)
さつまいも 1/2本

【A】
小麦粉 100g
卵 1個
牛乳 120cc
砂糖 大さじ2
ベーキングパウダー 小さじ1
バター(溶かしたもの) 大さじ

バター 大さじ1
ホイップクリーム・甘納豆・黒みつ 各適量

◆作り方

【1】さつまいもは薄い輪切りにし、水に5分ほどさらす。
【2】ボウルに【A】を入れて混ぜ合わせる。
【3】フライパンにバターを熱して【1】の3枚を並べ、その上に【2】をお玉半分ほど丸く流し入れる。表面がプツプツしてきたら裏返して両面を焼く。残りも同様に焼く。
【4】器に【3】を盛り、ホイップクリームと甘納豆を添え、黒みつをかける。

教えてくれたのは


鈴木薫さん

シンプルで、おいしくて、センスのいいレシピが人気。双子の女の子と男の子のママ。

『めばえ』2014年4月号

【2】かぼちゃの豆乳パンケーキ

かぼちゃのもつ自然な甘さがおいしい。さっくりふわふわな生地にほくほくのかぼちゃが入って、食べ応えたっぷり。

◆材料

(12~15枚)
ホットケーキミックス 200g
卵 1個
豆乳 200cc
かぼちゃ 150g
バター 大さじ1

◆作り方

【1】かぼちゃは1cm角に切り、耐熱容器に入れてラップをかけ、2分加熱する。
【2】ボウルにホットケーキミックス、卵、豆乳を合わせ混ぜ、【1】を加えてサッと混ぜる。
【3】フライパンにバターを熱し、【2】を大さじ2ずつすくって丸く広げる。ぷつぷつとしてきたら裏返し、両面を色よく焼く。

教えてくれたのは


鈴木 薫さん

身近な食材で簡単に作れて、おいしくて、センスのいいレシピが人気。双子の女の子と男の子のママ。

『めばえ』2015年10月号

【3】ミニパンケーキ

小さめに焼いたパンケーキに、好みのトッピングでおいしくアレンジするのも楽しい!たくさんの子どもたちが集まるシーンにも最適です。

◆材料

(直径8cm×約20枚分)
卵 1個
グラニュー糖 25g
塩 ひとつまみ
プレーンヨーグルト 120g
食塩不使用バター 20g
薄力粉 80g
ベーキングパウダー 小さじ1

【トッピング】
フルーツ、メープルシロップ、ホイップ生クリーム 各お好みで

◆作り方

【1】ボウルに卵、グラニュー糖、塩を入れてホイッパーで混ぜる。ヨーグルトを加え混ぜ、溶かしたバターを加えて混ぜる。
【2】【1】に薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れ、ホイッパーで粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせる。
【3】フライパンにサラダオイル(分量外)を薄く引いて全体を熱し、【2】をスプーンですくって直径8cm位になるように落とす。
【4】生地の表面が乾いてきたら裏返し、両面を焼く。自由にトッピングする。

教えてくれたのは


柳瀬久美子さん

フードコーディネーター。 1988年から4年間フランスで修業し、エコール・リッツ・エスコフィエ・ディプロマを取得。帰国後、広告・雑誌のフードコーディネート、企業や店舗のメニュー開発など幅広く活躍。自宅で教える少人数制のお菓子教室も人気。

『めばえ』2017年8月号

【4】フルーツとチーズのふわふわパンケーキ

卵を卵黄と卵白に分けて作るとお店で食べるパンケーキのような本格的な仕上がりに。旬のさくらんぼにメロンや黄桃を組み合わせて。

◆材料

(直径6cm×4個分)
卵白 1個分
卵黄 1個分
バター 大さじ1
牛乳 50cc
ホットケーキミックス 50g

【A】
カッテージチーズ 100g
砂糖 大さじ1

さくらんぼ 6個

【B】
メロン 1/6個
黄桃(缶詰) 1/2切れ
パイナップル(缶詰) 適量

◆作り方

【1】型を4個作る。アルミホイルを4cm幅に折り、クッキングシートで巻き、直径6cmの輪にし、ホッチキスなどで留める。
【2】ボウルに卵白を入れ、泡立て器でしっかりと泡立てる。
【3】別のボウルに卵黄を入れて混ぜ、電子レンジで溶かしたバター、牛乳を加えてさらに混ぜる。全体がなじんだら、ホットケーキミックスを加えてゴムべらなどで混ぜる。粉けがなくなったら【2】を加え、泡をつぶさないようにさっくりと合わせる
【4】フライパンを中火で熱して【1】の型を置き、【3】を流し入れ、弱火にしてふたをして焼く。3分ほどして表面がぷつぷつと泡立ってきたら裏返し、ごく弱火にしてふたをし、15分ほど蒸し焼きにする。楊枝を刺して、生地がついてこなければ取り出し、型をはずして冷ます。
【5】器に盛り、混ぜ合わせた【A】、1cm角に切った【B】(パイナップルは星型で抜いても)、種を除いて半分に切ったさくらんぼをのせる。

教えてくれたのは


鈴木薫さん

身近な食材で簡単に作れて、おいしくて、センスのいいレシピ が人気。双子の女の子と男の子のママ。

『ベビーブック』2015年7月号

【5】豆腐パンケーキ いちごソースがけ

子供が大好きなパンケーキ。いつもと違ったパンケーキを作るならヘルシーにしたいですよね。いちごでアクセントをつけて、モチッとした食感も楽しんで!

◆材料

(作りやすい分量:約26枚分)
絹ごし豆腐 1/2丁(150g)
ホットケーキミックス 1袋(200g)
豆乳 1/2カップ
卵 1個
サラダ油  少々
いちご 1パック(280g)
グラニュー糖  80g
レモン汁  少々

◆作り方

【1】いちごは5mm角に切り、グラニュー糖とレモン汁をまぶして40分ほどおく。
【2】ボウルに卵を割りほぐし、豆腐を加えてよく混ぜる。ホットケーキミックスと豆乳を加えて、さらによく混ぜる。
【3】フライパンにサラダ油を中火で熱し、【2】を直径5~6cmに丸く流し入れる。キツネ色になったら裏返して焼く。残りも同様に焼き、器に盛って【1】をかける。

教えてくれたのは


みないきぬこさん

女子栄養大学を卒業後、料理研究家のアシスタントを経て2007年独立。料理家、フードコーディネーターとして料理雑誌や広告、メニュー開発など、幅広い分野で活躍。女児の母。

『ベビーブック』2015年3月号

ランチにぴったり!お弁当向きのパンケーキ

【1】お食事パンケーキ

いつものパンケーキに具材をたっぷり入れてボリュームアップ! 小食だけど、おやつなら食べる! という子供におすすめのメニューです。

◆材料

(大人2人分+子ども2人分)
【A】
ホットケーキミックス 150g
卵 1個
牛乳 120cc

ウインナー 3本
いんげん 3本
パプリカ 1cm
チーズ 適量
サラダ油 ごく少々

◆作り方

【1】ウインナーとパプリカは粗みじん切りにし、いんげんはゆでて5mm幅に切る。
【2】【A】を混ぜ合わせ、【1】を入れて混ぜる。
【3】フライパンにサラダ油をひき、【2】を大さじ2ずつ流し、両面を2~3分ずつ焼く。型で抜いたチーズを飾る。

教えてくれたのは


阪下 千恵さん

料理研究家、栄養士。おいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。二人の女の子のママ。

『めばえ』2015年4月号

【2】ミックスベジパンケーキ(下)

パンケーキに野菜を加えて“お食事系”に。砂糖も控えめなので、小さなこのおやつにも最適なレシピです。

◆材料

(大人2人分+子ども2人分)
【A】
小麦粉 100g
卵 1個
ベーキングパウダー 小さじ1
豆乳 150cc
砂糖 大さじ2
バター(溶かしたもの) 大さじ1

ミックスベジタブル(冷凍) 80g
バター 大さじ1

◆作り方

【1】ボウルに【A】の材料を合わせ、粉けがなくなったら、解凍したミックスベジタブルを加えて混ぜる。
【2】フライパンにバターを熱し、【1】をお玉半分ずつ丸く流し入れ、表面がプツプツしてきたら裏返して両面を焼く。

教えてくれたのは


鈴木薫さん

シンプルで、おいしくて、センスのいいレシピが人気。双子の女の子と男の子のママ。

『めばえ』2014年4月号

【3】野菜たっぷりミニパンケーキ

グリーンピース、にんじん、ポテトを使って、カラフルなパンケーキを作ってみよう!野菜をつぶして混ぜる工程は子供と一緒にやってもいいですね。

◆材料

(直径10cm×3枚分)
【A】
米粉 150g
天然酵母 3g

【B】
ぬるま湯 150㏄
オリーブ油 小さじ2
メープルシロップまたは砂糖 小さじ1
塩 3g

【C】
グリーンピース 50g
にんじん 1/2本
じゃがいも 1個

サラダ油 大さじ1

◆作り方

【1】ボウルに【A】を入れて泡立て器で混ぜる。別のボウルで混ぜ合わせた【B】を加える。
【2】【C】はそれぞれやわらかく塩ゆでして、つぶす。【1】を3等分して、それぞれを混ぜる(3種類の生地を作る)。
【3】フライパンを中火で熱してサラダ油をなじませ、【2】をそれぞれ直径10cmぐらいの円形に流し入れて焼く。

教えてくれたのは


井澤由美子さん

旬の食材を使い、食べ合わせによる相乗効果を考えたレシピが人気。食育にも力を注ぐ。NHK『きょうの料理』や広告、書籍、雑誌などで活躍中。一児の母。

『ベビーブック』2014年6月号

【4】にんじんと大和いものパンケーキ

大和いもを加えると、ふんわり感もありつつ、なめらかで食べ応えのある生地に。

◆材料

(6~7cm×10枚分)
【A】
にんじん(すりおろし) 50g
大和いも(すりおろし) 50g
米粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1
塩 少々
メープルシロップ 大さじ4
豆乳 120cc

なたね油 適宜
*ベーキングパウダーは「ラムフォード」の小麦を含まないアルミニウムフリーのもの、油はアレルギー反応が起こりにくい、なたね油を主に使っています。普通のベーキングパウダーやサラダ油を使っても同じように作れます。

◆作り方

【1】ボウルに【A】を入れてよく混ぜる。
【2】フライパンを中火で熱し、油を薄くひき、【1】を8cmぐらいの大きさになるように流し、ふたをして弱火で3分焼き、返して2分焼く。
*米粉100gは小麦粉100gに替えられます。その場合、豆乳は100ccにしてください。
*お好みで、食べるときにメープルシロップをかけても。

教えてくれたのは


青木恭子さん

小田真規子主宰のスタジオナッツ所属。2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。現在は雑誌やWEBなどで活躍。

『ベビーブック』2013年2月号

幼稚園のお弁当にうれしいホットケーキ

【1】かぼちゃのホットケーキ

ミニサイズにも、ハロウィーンの定番キャラをペイント
魔女の帽子はチーズクリームで立体的に!

◆材料

(径10cm×4枚+径6~8cm×8枚分)
かぼちゃ 180g(正味100g)
卵 1個
牛乳 120cc
ホットケーキミックス 150g
クリームチーズ 個包装1個(18g)
砂糖 大さじ1と1/2
レモン汁 小さじ1/2
生クリーム 50cc
チョコペン(茶)、カラーシュガー、パンプキンシード、イチゴジャム 各適量

◆作り方

【1】かぼちゃは皮つきのままラップで包んで電子レンジで2分(600Wの場合)加熱し、ひっくり返してさらに2分加熱。スプーンで実をかき出して、フォークで潰す。
【2】【1】をボウルに入れて卵、牛乳を混ぜ合わせ、ホットケーキミックスを加えて泡立て器でよく混ぜる。
【3】中火で熱したフライパンを濡れ布巾の上で一旦冷まし、再び弱火にかける。【2】を丸く落として、表面にポツポツ穴ができたらひっくり返して焼き色をつける。残りも同様に焼く。
【4】常温で柔らかくしたクリームチーズ、砂糖、レモン汁をボウルで混ぜ合わせ、生クリームを少しずつ加えながら八分立て(泡立て器ですくって柔らかい角が立つ程度)にしてチーズクリームを作る。
【5】【3】に40℃の湯せんで溶かしたチョコペンやパンプキンシードで絵を描く。【4】をしぼって魔女の帽子を作り、カラーシュガーを散らす。頬にイチゴジャムをのせる。

教えてくれたのは


中村陽子さん

料理研究家。味はもちろん、見た目の美しさ、楽しさにもこだわったオリジナル料理が人気。キャラクターやモチーフデザインのセンスにも定評がある。一男一女の母。

『めばえ』2017年10月号

編集部おすすめ

関連記事