おむつ用ゴミ箱が必要な理由とは? メリットデメリットと選び方を紹介

おむつ用のゴミ箱は、赤ちゃんがいる家庭にはとても便利なアイテムです。しかし、日常アイテムとして役立てるためには、きちんと考えて購入することをおすすめします。メリットとデメリットを知った上で、あなたの家庭にぴったりのおむつ用ゴミ箱を選びましょう。

おむつ用ゴミ箱のメリット

赤ちゃんのおむつを捨てるのは、通常のゴミ箱でも構いません。しかし、おむつ用ゴミ箱を使うことで、より便利で快適になる点があります。専用のゴミ箱を使うメリットには、どのようなポイントがあるのでしょうか?

臭いが軽減できる

おむつ用ゴミ箱の最大のメリットは、『臭いが軽減できる』という点です。赤ちゃんの排泄物といっても、日にちが経てば臭いが気になり始めます。そのため、通常のゴミ箱では臭いが防げません。

ふた付きのゴミ箱を使っている場合でも、密閉性の低いタイプだと、徐々に臭いが漏れてくることもあるでしょう。

その点、おむつ専用のゴミ箱は、普通のゴミ箱と作りそのものが違うケースが多くあります。例えば、二重構造になっていて臭いが漏れにくい仕組みになっていたり、消臭機能のある専用カートリッジを取り付けられるようになっていたりします。

また、消臭・抗菌加工が施されていて、ゴミ箱本体に臭いが付きにくくなっているため、特にしっかりと臭い対策をしたい人にぴったりです。

ゴミ捨てが簡単

ゴミ捨てのときの手間が少なくて済むのも、おむつ用ゴミ箱のメリットです。赤ちゃんの世話をしているときには、両手が離せないことも多いですよね。

そんなときは、片手でゴミ捨てが可能なおむつ用ゴミ箱がよいでしょう。赤ちゃんを世話しながらでも、無理なく扱えるというわけです。

1日に何度も使用するゴミ箱だからこそ、ストレスフリーで使えるというのは忙しいママにとってメリットといえるでしょう。

必要ない? デメリットも確認

おむつ用ゴミ箱は便利な一方、必要ないと考えている先輩ママも大勢います。なぜ必要ないのでしょうか?  おむつ用ゴミ箱のデメリットを紹介します。

短期間にしか使わない

おむつ用ゴミ箱は、おむつを使っているときには必要です。しかし、せっかく購入してもほんの1~3年ほどで必要なくなることがほとんどです。

また、二重構造で臭い漏れを防ぐために、多くのタイプが大型に作られています。これでは、保管しておくのも大変です。使っているときは便利でも、使わなくなると途端に邪魔になってしまいます。

ランニングコストがかかる

中には、専用カートリッジを使わなければいけないおむつ用ゴミ箱もあります。このタイプの場合、使い続けるにはカートリッジの購入が必要です。

ゴミ箱本体を買ったときだけでなく、使い続けているうちはずっと費用がかかってしまいます。

カートリッジ1本の金額はそこまで高額に感じなくても、積もり積もればかなりのコストになるので、あらかじめ計画を立てて購入を決めるようにしましょう。

失敗しない選び方とは

おむつ用ゴミ箱にはメリットだけでなくデメリットもあることが分かりました。それを踏まえた上で自宅に購入するには、失敗しない選び方のポイントを押さえて、自宅に合ったタイプを選ぶことが大切です。

自宅に合ったサイズを選ぶ

まず大切なのは、『サイズ』です。大き過ぎるゴミ箱では部屋を圧迫してしまいます。置き場所に合ったサイズを選びましょう。

新生児は1日に15~20枚もおむつを交換するので、容量が大きければ、それだけたくさんのおむつが捨てられます。

しかし、ただ大きいだけでは使い勝手が悪い可能性があります。例えば、毎日大量のおむつを捨てていても、頻繁に収集日がある地域や、マンションのゴミ置き場にいつでも捨てることができるなら、それほど大きなゴミ箱は必要ないかもしれません。

逆に、収集日が少なく、おむつのゴミを大量に自宅に保管しておかなければいけないなら、大容量の物が使い勝手がよいでしょう。

使用するゴミ袋の種類で選ぶ

ランニングコストがかかる専用カートリッジを使うタイプは、臭い漏れを防ぐという点では優秀です。カートリッジ自体が臭いを通さない素材でできていることが多いからです。

しかしその分、使用にかかる費用は高くなります。そのため、購入前に必ず『カートリッジが必要なタイプかどうか』と『カートリッジの価格』をチェックしましょう。

できるだけ安くおむつ用ゴミ箱を使いたいなら、カートリッジが必要ないタイプを選ぶのが正解です。ただ、それだけでは臭い漏れが気になる可能性があるので、防臭ゴミ袋との併用がよいでしょう。

消臭機能付きなど臭い対策

せっかく専用のゴミ箱を購入するなら、気になるおむつの臭い対策ができる物を選びましょう。

ゴミ箱の構造として、『臭い漏れへの対策がされているかどうか』『消臭タイプのゴミ袋が使えるかどうか』をチェックします。

また、プラスチック製のゴミ箱だと、ゴミ箱自体に臭いが移ってしまうこともあるため、ゴミ箱本体に消臭効果があるタイプもよいでしょう。

臭い対策がきちんとできているゴミ箱なら、おむつのゴミを保管しておく間や、収集日にゴミをまとめるときにも、臭いに悩まされることが減ります。

ママたちが絶賛!人気のおむつ用ゴミ箱

さまざまな機能のあるおむつ用ゴミ箱が、各メーカーから販売されています。中でも、先輩ママがおすすめする人気のアイテムを紹介します。

失敗しない選び方を参考にしながら、自宅にぴったりのゴミ箱を選びましょう。

ピジョン ステール


ふたのくぼみにおむつを置き、取っ手を動かすと自動的におむつが捨てられる画期的なアイテムです。捨てるときに臭いが外に漏れないため、臭い対策を第一に考える人におすすめしたい一品といえるでしょう。

市販の20~30lポリ袋をセットするだけでOKなので、コスパも抜群です。ポリ袋を取り外すときも、ふた部分に袋の上部がくっつくように外せるので、臭い漏れを最低限に抑えることが可能です。

継ぎ目のないシンプルなデザインも魅力です。カラーもホワイトなので、インテリアの邪魔をしません。隙間がないので、赤ちゃんが誤って指を挟む危険性も最低限に抑えられています。

リトルプリンセス Primanova

プラスチック製ゴミ箱は、おむつの臭い移りでゴミ箱自体が臭くなってしまうこともあるものです。しかし、この商品は本体にスチール素材を、ふたにアルミ素材を使用しているので、臭い移りの心配がありません。

中は二重構造になっているので、おむつを捨てるためにふたを開けても、内側ふたで臭いが漏れることのない作りになっています。

市販のポリ袋はもちろんレジ袋でも使用できるため、ランニングコストがかからない経済性の高さも魅力です。

アドフィールド 無臭


円柱型で、ペダルを踏んでふたを開けるゴミ箱は、一見ごく普通のゴミ箱に見えます。しかし、そのふたは特許を取得している二重構造になっていて、ふたを閉めているときの臭いを漏らしません。

一般的なゴミ箱の形状をしているので、臭いの気になる生ゴミやペットの糞の処理など、子どものおむつがはずれた後も長く使えるという点がメリットです。

専用ゴミ箱で臭いをシャットアウト

おむつの臭いが気になるときには、おむつ用ゴミ箱の使用が便利です。ただし、専用カートリッジが必要なためランニングコストがかかる物や、大き過ぎて部屋のスペースを取りすぎてしまう物もあるため、選ぶポイントを押さえておきましょう。

部屋に合うサイズで使い勝手がよいゴミ箱を選び、臭い悩みのない快適な生活を送りましょう。

構成・文/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事