離乳食のそぼろはいつから?ひき肉の種類(豚・鶏・牛)で違いはある?下処理方法やレシピを公開!

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。そぼろは、大人も子どもも好きなメニューのひとつではないでしょうか?お弁当がそぼろだったら、テンションが上がっていたなあ!と学生の頃を思い出しました。作る側にもそぼろはお手軽に作れて、ご飯、麺、おかずにイロイロアレンジできるので重宝します。今回は、そぼろを離乳食に使う時の注意点やそぼろ離乳食メニューを紹介します。

離乳食のそぼろはいつからOK

そぼろは離乳食後ごろから

離乳食にそぼろを使えるようになるのは、離乳食後期ごろから。と言っても、肉によって食べられる時期が違います。大人のそぼろご飯は「フライパンに油を敷いて炒める」ことが多いですが、ひき肉には、脂が多いため、一度お湯でゆでて油を抜き、最初はだしで煮ることからスタートします。

フライパンで炒めるのなら離乳食完了期の後半ごろから

湯通ししないのなら、フライパンに油は敷かず、肉の脂で炒めるようにしましょう。また、大人が普段食べるそぼろは、しょう油と砂糖で甘辛くしますが、赤ちゃんには味が濃いので、しょう油微量で風味をつける程度にしましょう。

また、アレルギーも心配なところです。肉は比較的アレルギーの少ない食材ですがないわけではないので、最初は他の食材と同じようにひとさじからスタートします。

ひき肉の種類によって違いはある?

鶏ひき肉

鶏ひき肉は、スーパーでむね肉ともも肉の2種類置かれていることが多いと思います。違いは、むね肉は脂が少なく、もも肉は脂が多いということ。食べられるようになるのは離乳食後期から。まずは鶏むねひき肉からスタートし、むね肉を何度もチャレンジしてから鶏ももひき肉にチャレンジです。

牛ひき肉

牛ひき肉は、離乳食後期から食べられます。まずは鶏ひき肉にチャレンジし、その後、牛ひき肉にチャレンジします。合びき肉は、鶏、豚、牛ひき肉をすべて食べてから最後にチャレンジします

豚ひき肉

豚ひき肉は脂が多いため牛ひき肉に慣れた離乳食完了期からがおススメ。脂が多いので必ず湯通しします。

そぼろの作り方、下処理方法

レシピは離乳食後期、完了期向けの1食分ですが、23回の食事分を多めに作ってもOKです。

後期・完了期向けそぼろのレシピ

<材料>

各ひき肉 1520g

だし(昆布だし、かつお昆布だしなど) 100ml

しょう油 微量

<下処理>

1.鍋に湯を沸かし、ひき肉を入れて軽く火が通るまでさッと湯がく

お湯の中にひき肉を入れただけにすると、ひき肉が固まってそぼろ状になりません。お湯に入れたら、菜箸などで混ぜてほぐしながら湯がきます。

<そぼろの作り方>

1.鍋にだしを入れて沸かし、下処理したひき肉を入れて弱火で煮る

2.だしが半分くらいになったら、しょう油を加えて風味をつける

冷凍保存の方法

そぼろを冷凍保存する場合は、下処理(調理)して、だしで煮たそぼろを1回分に小分けしてから保存すると使いやすいです。解凍するときは、常温で解凍せず、必ず再加熱します。冷凍したそぼろは、1週間以内に食べきります。

離乳食期別そぼろのアレンジレシピ

【離乳食後期】蒸しかぼちゃのそぼろあんかけ

<材料>

そぼろにした鶏むね肉(だしと一緒に) 15g

かぼちゃ 30g

かつお昆布だし 80ml

水溶き片栗粉 小さじ1/2

しょう油 微量

<作り方>

1.かぼちゃのたね、ワタ、皮を取り除き、赤ちゃんの一口サイズに切り、蒸し器で蒸す。

2.そぼろにした鶏むね肉とだしに、しょう油を入れ、水溶き片栗粉を入れてとろみをつける

【離乳食完了期】キャベツの味噌そぼろご飯

<材料>

ご飯 80g

そぼろにした豚ひき肉(だしと一緒に) 15g

キャベツ 10g

なす 10g

みそ 微量

<作り方>

1.なすは、皮をむき1㎝角に切る。キャベツも1㎝角に切る

2.そぼろの入っただしの中に、キャベツとなすを入れ沸かし、フタをして弱火で煮る

3.しんなりしたら味噌を加える

4.ご飯の上にかける

【離乳食完了期】じゃがそぼろのお焼き

<材料>

そぼろにした牛ひき肉(だしなし) 10g

じゃがいも 40g

<作り方>

1.じゃがいもの皮をむき、1㎝幅に切り軟らかくなるまでゆでる

2.1のじゃがいもを湯切りして滑らかになるまでつぶす

3.2にそぼろを加え混ぜる

4.3を形作り、熱したフライパンで両面焼く

 

そぼろは、肉料理の中でも赤ちゃんが食べやすいもののひとつです。野菜などさまざまな食材と組み合わせて、離乳食メニューに取り入れてみてくださいね!

 

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在14歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、21年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する和の離乳食パクパクセミナー、離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで3000人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

編集部おすすめ

関連記事