赤ちゃんにおすすめの加湿器は? 注意点は? 安心して使えるタイプはコレ!

乾燥しやすい冬場は、室内の湿度を赤ちゃんにとって最適な状態に保つことが大切です。赤ちゃんがいる空間では、加湿効果以外にもさまざまな面に気を配る必要があります。おすすめの商品や選び方を紹介します。

赤ちゃんにやさしい加湿器のタイプは?

加湿器は、大きく4種類のタイプに分けられます。それぞれの特徴を理解しましょう。

気化式とハイブリッド式がおすすめ

水を含ませたフィルターに温風を当て、水を気化させるタイプが「気化式」です。ヒーターを使用しないことから吹き出し口が熱くならず、赤ちゃんにも安全です。
消費電力が低いため電気代を安く抑えられ、結露もしにくいメリットがあります。加湿効果はやや弱く、定期的なフィルター交換が必要です。

超音波で気化させた水を加熱・殺菌した上で放出する「ハイブリッド式」も、やけどの心配がないためおすすめです。気化式より加湿効果が高く、フィルターの交換も不要です。しかし、ファンの音がすることと、電気代・機器代が高めであることがデメリットといえます。

衛生的に使えるスチーム式も人気

タンクの水を加熱し、沸騰させることで蒸気を噴き出す「スチーム式」は、加湿効果に優れている上、沸騰による殺菌効果で衛生面でも安心できるタイプです。
雑菌繁殖の心配がなくカビの発生も抑制できるなど、衛生的に使えることは赤ちゃん用として大きなメリットとなるでしょう。

一方で、消費電力が高いことや、スチームの吹出口が高温になることなど、デメリットもあります。やけどをしないよう、設置場所には十分な配慮が必要です。

超音波式は雑菌が繁殖しやすいので注意

タンクの水を超音波により振動させ噴霧する「超音波式」は、安価なものやデザイン性に優れたものが多く、電気代も抑えられることから、一般の加湿器としては人気を集めています。

しかし、手入れがしにくい構造となっており、そのまま放置しておくと雑菌を部屋中に放出してしまいます。育児をしながらのこまめなメンテナンスも現実的ではないため、赤ちゃん用としてはおすすめできません。

危険を回避、加湿器を使うときの注意点

赤ちゃん用加湿器を選ぶ際に、気を付けることを解説します。衛生面・安全面に配慮するのがポイントです。

定期的なお手入れでカビや菌が繁殖を防ぐ

赤ちゃん用として選ぶ際、最も重視したいポイントは「衛生面」です。加湿器の内部が不衛生な状態では、雑菌を部屋中にばらまいてしまうことになります。水に繁殖する菌の一種「レジオネラ菌」の発生リスクも高まります。レジオネラ菌に感染すると重症化する恐れもあるため、どのタイプでもお手入れは必須です。

定期的なメンテナンスがしやすいような、お手入れが簡単にできるタイプを選ぶとよいでしょう。お手入れのしやすさで選ぶなら、スチーム式が最もおすすめです。

やけどや怪我をしないよう安全に配慮する

生後半年ほどの赤ちゃんが、ハイハイで部屋の中を動き回るようになると、加熱された部分に触れてやけどをしたり、本体を倒してケガをしたりするリスクが高まります。

最も清潔に使えるタイプであるスチーム式は、最もやけどの危険性が高いタイプでもあります。設置場所を決める際には十分な注意が必要です。

性能を重視するなら、赤ちゃんの手が届かない場所に置いたり、本体がより安定する場所を選んだりと、置き場所を工夫しましょう。

赤ちゃんにおすすめの加湿器3選

加湿効果が高く衛生面でも優れた、おすすめの商品を紹介します。いずれも赤ちゃんがいる部屋に最適の商品です。

ダイニチ ハイブリッド式加湿器 HD-5017-W


湿度の設定を3段階から選択できるほか、「のど・肌」運転モードも選ぶことが可能な多機能加湿器です。

体のコンディションやその日の湿度に合わせて、最適な状態をキープしながら、自動でコントロールできることが特徴です。

スイッチの切り替えがタイマーで管理できるなど、便利な機能も備わっています。「静穏」モードがあるなど、静かさにも優れているため、赤ちゃんのおやすみ中も快適に使えます。

シャープ ハイブリッド式 プラズマクラスター搭載 HV-G50-W


加湿効果が高く衛生面でも優れた、赤ちゃん用に最適なハイブリッド式の加湿器です。

短時間で加湿し、温度と湿度のセンサーで湿度を室温に合わせ、常に適度な状態をキープして過剰な加湿を防いでくれます。消費電力を抑えられるため、コスパも高めです。

タンクやトレーなどが分解しやすいため手入れがしやすく、内部を清潔な状態に保ちやすいメリットもあります。稼動音もかなり抑えられ、静かな快適空間で使用できます。

ボルネード EV100-JP 気化式加湿器


最大16畳の広さに対応し、赤ちゃんと過ごすリビングを加湿したい場合におすすめの気化式タイプです。

サーキュレーターを世界で初めて開発した会社が作っており、加湿器にもサーキュレーターの技術を応用し、湿度を広範囲にまんべんなく循環してくれます。

気化式タイプであるため、ナチュラルな加湿が実現され、過度に加湿されにくくなっています。のどや肌の乾燥を抑え、赤ちゃんにもやさしい加湿器です。

編集部おすすめ!赤ちゃんからママまで使える!乳酸菌ローション

乾燥や小じわに悩むママから人気の「乳酸菌ローション」。その名の通り、4,000億個の乳酸菌をそのまま配合。皮脂バランスを整え潤いたっぷりの健やかな肌に!これ1本でお手入れが完了だから時短ケアが叶います。赤ちゃんの肌にも使えます!

詳しくはこちらをチェック!

乾燥しやすい冬は加湿器を活用しよう

赤ちゃん用の商品には、加湿効果の高さもさることながら、安全面や衛生面に十分注意することが重要です。気化式やハイブリッド式など、赤ちゃん用に向いたタイプを選び、乾燥しやすい冬場を快適に過ごしましょう。

構成・文/HugKum編集部

赤ちゃんのいる部屋で暖房は使ってOK?注意点やおすすめ暖房器具を解説
肌寒い季節は赤ちゃんの体調管理のために、暖房をつける家庭も多いでしょう。しかし、赤ちゃんがいる部屋で暖房をつけるときはいくつか注意点...
冬もしっとりプルプルな元気肌で! ママ&子どもの乾燥対策のキホン【皮膚科医監修】
冬もしっとりプルプルな元気肌で過ごそう!ママと子どもの乾燥対策 冬は空気が乾燥する季節。それに伴い、体にもカユカユ症状が出てきがちです。子...

編集部おすすめ

関連記事