授乳ストラップって? 便利でおしゃれなおすすめ商品4選! 手作り方法も紹介します

スムーズに赤ちゃんのお世話をするには、ちょっとした手間をなくすことが大切です。授乳ストラップは、服のズレ落ちを防いで授乳をラクにしてくれます。そこでおすすめ商品や手作りの仕方もご紹介。お気に入りの授乳ストラップ探しに役立てましょう。

授乳ストラップは用意すべき?

服がズレるのを防いでくれる授乳ストラップは、子育て中に便利なアイテムですが、必ず用意しなければいけないのでしょうか?
ここでは授乳ストラップのメリットをチェックして、あなたと赤ちゃんに必要なものかどうか検討しましょう。

授乳時のストレスを軽減できる

赤ちゃんを抱いて授乳するときには、服をたくしあげて脇やあごで押さえながらの姿勢になることがあります。この姿勢では疲れやすいですし、押さえている服がズレ落ちることもしばしばです。

特に、赤ちゃんが小さくまだ授乳に慣れていないときには、押さえておくのが大変に感じます。ズレ落ちた服に驚いて赤ちゃんが授乳に集中できなかったり、泣き出してしまったりする赤ちゃんもいるでしょう。そんなとき、たくしあげた服を授乳ストラップで固定できると、母子ともにラクな姿勢で授乳に集中できます。

慣れない子育て中は、できるだけストレスを減らしたいものです。スムーズな赤ちゃんのお世話のために、授乳ストラップは便利なアイテムといえるでしょう。

授乳服以外でも授乳が可能に

授乳期間中の服を全て授乳口が付いている服にできるなら、授乳ストラップは必要ないかもしれません。しかし、全ての服を買い替えるとなると、それだけたくさんのお金がかかってしまいます。でも授乳ストラップを一つ持っていれば、手持ちの服でスムーズな授乳が可能です。できるだけ余計な出費を避けたいと考えている人にも向いています。

授乳口のある服であっても、作りによっては服が落ちてきて邪魔になることがあります。そんなときにも、授乳ストラップは役立ちます。

かわいらしいデザインのものもたくさんあるので、首にかけっ放しにしておくことも可能です。アクセサリー感覚で身に着けて、授乳のときには機能的に使えます。

授乳ストラップの使い方

ネックレスのような大きな輪っかになっている授乳ストラップは、どのように使うのでしょうか?  正しい使い方を知って、スムーズな授乳に生かしましょう。

首にかけて服を固定

授乳ストラップは、ネックレスのように首にかけて使います。そして、襟元から服の中に入れ、たくしあげた服の下から引き出して、もう1度首にかけましょう。すると、たくしあげた服は、授乳ストラップで引き上げられ固定されます。

首にかけて固定するタイプの他にも、先端に付いたモチーフを輪に通して固定するタイプもあります。使いやすさやデザインを考慮して選ぶとよいでしょう。

ヘアゴムなどで代用もできる

専用のものを購入してもよいですが、授乳のために服を固定するだけなら、ヘアゴムで代用することも可能です。100均でも購入できるヘアゴムを、簡単に授乳ストラップ代わりに使えます。

輪になっていない長いヘアゴムをカットして好みの長さにして、授乳ストラップと同じ使い方で服を固定しましょう。おしゃれではありませんが、汚れても惜しくないので、自宅で気軽に使えますね。

おしゃれなおすすめ授乳ストラップ

さまざまなデザインがある授乳ストラップは、服装に合わせて選ぶとおしゃれを楽しめます。アクセサリー感覚で好みのものを選ぶのもおすすめです。

かわいらしいリボンがポイント


『犬印本舗 INUJIRUSHI らくらく授乳ストラップ』は、かわいらしいリボンが付いている授乳ストラップです。ワンポイントのアクセントになっているので、かけっ放しにしておいてもよいですね。

全体のシルエットは細めのシュシュのようなデザインをしています。カラーによって印象が変わるので、好みやファッションに合うものを選びましょう。

上品なチャームに視線集中


どんなファッションにも合いやすいおしゃれな授乳ストラップを探しているなら、『acqua pesca アクアぺスカ 授乳ストラップ』がぴったりです。

パールやビジュータイプの上品なチャームは、カジュアルでもフォーマルでも合わせやすい雰囲気があります。キラリと光るチャームをワンポイントとして生かすのもおすすめです。首の後ろにまわしてかけたり、鎖骨あたりにのぞかせたり、その日の気分に合わせて調節しましょう。

100cmのやわらかな平ゴムを使用しているので、授乳中に肌に当たって痛いということもありません。

女性らしいデザインが魅力


上品でありながらナチュラルな雰囲気のある授乳ストラップを使いたいなら『Joy Tree ジョイツリー アクセサリーのような授乳ストラップ』を選ぶのがよいでしょう。

女性らしいレースや花モチーフを使ったデザインは、シンプルな服装のアクセントにもなります。

使わないときは服の内側に垂らしておけば、授乳のときにすぐに使えますし、普段は邪魔になりません。通常の着丈の服であれば、裾からレース部分がのぞくこともないので安心です。

バックスタイルも印象的


大きなリボンが付いている『ホルターネック風リボンがかわいい☆授乳リボンストラップ』は、首の後ろにリボンがくるデザインがポイントです。

リボン部分は長さ調節の機能もあるため、ちょうどよい長さで結ぶと使いやすくなります。ふんわりやわらかく軽いシフォン素材でできているので、肌触りのよさはママにも赤ちゃんにもおすすめです。

簡単な授乳ストラップの作り方

授乳ストラップはおしゃれな既製品を購入してもよいですが、手作りでも簡単に作れます。誰でもできておしゃれに仕上がる手作りの方法がこちら。ハンドメイドにチャレンジしてみましょう。

Tシャツヤーンを三つ編み・鎖編み

肌触りのよさや扱いやすさで人気の『Tシャツヤーン』でも授乳ストラップが作れます。

簡単なのは、3本のTシャツヤーンで三つ編みをする方法です。単色で作ってもよいですし、別々の色でカラフルに作ってもおしゃれに仕上がります。

まず、Tシャツヤーン2mを3本用意します。ひもの端をクリップでとめたら、自分に合う長さまで三つ編みを作り、両端を結んで完成です。結び目に飾りボタンやリボンを付けてもかわいく仕上がります。

伸縮性があるTシャツヤーンは編み物にも向いている素材です。そのため、鎖編みをして授乳ストラップにするのもよいでしょう。着なくなったTシャツを5cm幅に裂けば、Tシャツヤーンそのものも手作りできます。

革ひもを使ってシンプルに

シンプルで大人っぽい雰囲気の授乳ストラップを作るなら、『革ひも』を使うのがおすすめです。結ぶだけでできるので、ハンドメイド初心者でも簡単におしゃれに仕上げられます。制作時間もわずか数秒です。

革ひもをちょうどよい長さに切り、飾りボタンを通して結びましょう。ネイティブアメリカンジュエリーの装飾ボタンであるコンチョは、革との相性がよいのでおすすめです。もちろん、お気に入りのボタンを使ってもすてきに仕上がります。シンプルなデザインなので、どのようなボタンを選んでも合いやすいでしょう。

外出先でも授乳を快適に

授乳のときの手間をなくしプチストレスを解消してくれる授乳ストラップは、一つ持っていると便利なアイテムです。たくし上げた服の裾が落ちてくるのを防ぎ、快適に赤ちゃんのお世話ができます。スムーズな授乳が可能なので、外出先でもまごつくことがありません。

かわいらしいデザインの授乳ストラップを選べば、アクセサリーのように身に着けておくことも可能です。チャームがかわいいものを選んで、ファッションのワンポイントにしましょう。簡単に作れるので、ハンドメイドにチャレンジするのもすてきですよ。

構成・文/HugKum編集部

産後も着れる授乳口付きパジャマでママも安心!季節別おしゃれでかわいいマタニティパジャマを季節別に厳選
赤ちゃんがいるママなら、パジャマ選びにもこだわりたいもの。妊娠中から着ることができて、肌にやさしく、授乳口付きやウエスト調節が可能なパジャマ...
授乳クッションおすすめ9選|ママの授乳タイムをサポート!定番から抱き枕、マルチタイプまで
赤ちゃんのお世話が始まると、授乳クッションを検討するママは多いでしょう。この記事ではどのような授乳クッションを買うか迷っている人に向けて、選...

編集部おすすめ

関連記事