ベビーベッドのおすすめ6選|ママが「買ってよかった!」と思う、おしゃれで多機能なベビーベッドを調査!

出産前の準備で悩む赤ちゃんの寝場所。出産後、退院したその日から赤ちゃんが快適に寝られる環境を整えてあげておく必要があり、床に布団を敷いて寝かせるか、ベビーベッドに寝かせるか頭を悩ますプレママも多いのではないでしょうか。そこで今回はベビーベッドに焦点をあて、ベビーベッドの必要性と選び方、ママが実際に使ってよかったベビーベッドをご紹介します。

ベビーべッドの必要性は?

実際、ベビーベットは必要なのでしょうか?ベビーベッドのメリットを紹介します。

赤ちゃんだけの空間を確保

ベビーベッドは赤ちゃんだけの空間を作ってくれる場所でもあります。まだ小さい兄弟姉妹がいるお家では、赤ちゃんの周りで走ったり、赤ちゃんのそばでお口にうっかり入ってしまったら危険なもので遊んだりすることもあります。そんな場合でも、安心して赤ちゃんが過ごせる場所を確保できるのがベビーベッドのいいところでもあります。

さらに、ベビーベッドは床からの高さがあるため、床にお布団を敷いて寝かせるときよりもホコリを避けられるメリットがあります。ベビーベッドを使用していても、お布団をこまめに干してなるべく清潔な環境を作ってあげることが大切です。

おむつの交換やお世話が楽

産後にありがちな腰痛や腱鞘炎などで体のあちこちが痛むとき、立ったり座ったりを繰り返して行う赤ちゃんのお世話はとても大変です。ベビーベッドで赤ちゃんが過ごしてくれると、ママやパパが楽な姿勢で一日何度も繰り返すおむつの交換や赤ちゃんを抱き上げることができるというメリットもあります。近年さまざまなメーカーから、ママの体にかかる負担を少しでも軽減できるよう考えられたベビーベッドが発売されています。育児をする中で上手にベビーベッドを利用して、少しでも負担を減らしながら使いこなしていきたいですね。

ベビーベッドの使用期間は2歳まで

サイズや種類によって使用期間は異なりますが、一般的にベビーベッドの使用期間は、新生児~2歳までとなっており、実際に使用する期間には個人差があります。

また、ベビーベッドに柵があっても転落の危険性はあり、特につかみ立ちができるようになった頃からが危険ともいわれています。ベビーベッドの中にある布団やまくら、おもちゃを踏み台にして柵を乗り越えたり、柵の閉め忘れが原因で事故につながることも多いようです。ベビーベッドに寝かせたら必ずしも安全というわけではありません。きちんと注意し、正しい使い方をして育児に活用しいていきましょう。

ベビーベッドの選び方

では、ベビーベッドを購入する際、どのような点に気を付けるべきでしょう。ベビーベッドのさまざまな機能やサイズ、そしてレンタル事情についてみていきましょう。

機能性をチェック

ベッドの下部分に収納スペースがある、成長に合わせてベッドの深さやサイズ調整ができる、移動しやすいようにキャスターとストッパーが付いている、折り畳みができるなどといった機能は、ベビーベッドを実際に使うなかでとても便利な機能です。近年では、ママのベットと並べて添い寝ができるようになるもの、ベビーベッドを使わない年齢になっても机や収納、チェアとして使えるものなど、多機能なベビーベッドも発売されているようです。ご家庭での環境に合わせて必要とする機能の優先順位をつけてベビーベッドを選んでいくといいでしょう。

間取りに合ったサイズ選を

ベビーベッドは、メーカーによって形やサイズも異なりますが、一般的に標準サイズといわれるベビーベッドは、120㎝×70㎝の長方形サイズです。標準サイズよりも小さいコンパクトサイズ(ミニサイズ・ハーフサイズ)のベビーベッドも市販されており、昼間と夜にベッドを置く部屋を変えたいときなど、お部屋のドアを通り抜けやすいコンパクトサイズが便利です。しかし、赤ちゃんが少し大きくなったら窮屈そうという意見もあり、使いやすさも考慮しながら、間取りに合ったサイズを選ぶことが大切です。

レンタルの選択も

赤ちゃんによっては、せっかく購入したのにベビーベッドで全く寝てくれなかったというケースもちらほら。まずは、レンタルで赤ちゃんが実際に寝てくれるか試してみるのもひとつの方法です。近年では、様々なタイプのベビーベッドがネットで簡単に月単位などでレンタルできるようになっています。実際に短期間使用してみて、ベッドの使いやすさを試すこともでき、使わなくなった時の処分に困ってしまうこともなく、経済的でエコでもあります。

欲しかった!【赤ちゃん添い寝マットレス】大人のベッドで安全に一緒に寝られるマットの魅力を徹底分析!
赤ちゃん用の寝具は、畳や床に布団を敷くか、ベビーベッドを用意するかの2択でした。最近は畳の部屋がない家も多く、ベッド派の人がほとんど。寝室に...

ママに人気のおしゃれなベビーベッドのおすすめ

HugKumでは、ママ約120人にベビーベッドについてアンケートを実施しました。ママが実際に使ってよかったと人気のベビーベッドを、口コミとともにご紹介します。

カトージ ベビーベッド キュート

多くのママから支持があった『カトージ』のベビーベッド キュートは、比較的お手頃価格のうえ、シンプルなデザイン様々で人気です。床板は3段階に調整可能、キャニターはフローリングを傷つけにくい素材を使用し、階下にも音が響きにくい設計です。

・安い。(30代・埼玉県・子ども5人)
・高さが調節できる。(20代・茨城県・子ども1人)
・おすすめされ、使用中。不満や不備がない。(30代・北海道・子ども1人)

コンビミニ カンタン組み立てベビーベッド

安全を追求したこだわりの『コンビミニ』のベビーベッドは、ママからも安心して使えると評判です。体温調整が苦手な赤ちゃんのために、ベッドの床板は通気性のいいすのこを使っているそうです。簡単に折り畳むこともできるので使わない時の収納も簡単など機能面も充実しています。

・作りがしっかりしている。(20代・千葉県・子ども1人)
・安心設計。(30代・東京都・子ども1人)
・丈夫。(30代・熊本県・子ども3人)

ストッケ スリーピー

SNSでもよく目にする楕円の形をしたおしゃれなベビーベッド。新生児の時は付属のミニベッドキットでミニサイズに変更でき、赤ちゃんの成長に合わせてベッドの大きさが変えられます。ベビーベッドを使わない年齢になったら、別売りのジュニアベッドキットで、10歳ごろまで使えるベッドに変身できるそう。お部屋の中でもインテリアのひとつとして溶け込むデザインでおしゃれママから人気です。

・見た目がおしゃれでリビングになじむのが良い。(30代・埼玉県・子ども2人)
ベッドインベッドで赤ちゃんと添い寝できる! 使い方と基本の選び方・おすすめ商品もご紹介
添い寝サポートアイテムのベッドインベッドは、大人用のベッドで赤ちゃんと添い寝をする際に役立つアイテムです。寝ている間に起こりうるさま...

多機能なベビーベッドのおすすめ

素材や寝心地の工夫、添い寝ができたり、サークルやいすに組み換えることができるなどユニークな機能性を持つベビーベッドも人気のようです。アンケートで人気だった多機能なベビーベッドをご紹介します。

アップリカ ココネル エアー

ママでも簡単にコンパクトに畳め、帰省した時や旅行先にも運びやすいことで人気の『アップリカ』のココネルエアー。多くのベビーベッドは木製ですが、ココネルエアーは通気性のいい柔らかいマットを使用し、周りはメッシュ素材になっています。寝心地がよく、寝る赤ちゃんの体への負担が軽減されるよう作られており、柔らかい素材なのでよく動く赤ちゃんがぶつかっても怪我がしにくいようになっています。

・頑丈です。(20代・愛知県・子ども2人)
・折りたたみ式で小さくたためる。 成長段階に応じて中の板の高さを調整できるのが良い。(30代・埼玉県・子ども2人)

大和屋 そいねーる+ロング

大人のベッドにぴったりとつけて安全に添い寝ができるベビーベッドとして人気です。付属のサポートベルトで大人用ベッドとしっかりと固定できるので、隙間なくくっつけられるので安心です。コンパクトサイズのベビーベッドから、ロングベッドへの組み換えが可能で、4才頃まで使えるのもポイントです。

・ママ友のすすめで買った。使いやすい。(30代・神奈川県・子ども2人)

ファルスカ ミニジョイントベッド ネオ

「日本の暮らし」と「北欧デザイン」が融合され2009年に誕生した日本ブランド『ファルスカ』。ベビーベッドとして使わなくなったら、サークルとして、そしてキッズ用チェアとしても使える多機能ベビーベッド。新生児~6歳頃まで使え、従来のベビーベッドは、少しの期間しか使えないというママ・パパの不安を解決してくれるベットです。『ファルスカ』からは、ほかにも添い寝ができるベッドも発売されています。

・ベビーベッドからベビーサークルになる。(20代・愛知県・子ども1人)

ベビーベッドをうまく使いこなして育児の負担を軽減

最近ではより長い期間使える多機能なベビーベッドが増えてきており、少しでも無駄なく使えるようになってきています。子供が成長するにつれ、必要なものがどんどん増えていくなか、ベビーベッドひとつでマルチに活躍するベッドが少しずつ人気になってきているようですね。それだけでなく、育児をするママの体の負担を少しでも軽減できるように進化したベビーベッドも増えてきています。住居スペースなども考慮しつつ、ママパパが使いやすく、赤ちゃんが快適に眠れるベッドを見つけたいですね。

赤ちゃんのお昼寝マットおすすめ4選|マットを使うメリットと選び方のポイント
赤ちゃんのお世話グッズとして、『お昼寝マット』の購入を検討している人は多いのではないでしょうか。お昼寝マットを使うメリットや選び方の...

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事