赤ちゃん用の洗濯洗剤は使った方がいい? 普通の洗剤じゃだめなの? 選び方とタイプ別おすすめ8選

赤ちゃん用の洗濯洗剤が販売されていますが、本当に必要なのでしょうか?なぜ専用のものが必要なのか、その理由を解説します。また、洗剤選びのポイントや、おすすめの洗剤も紹介するので、赤ちゃんやあなたのライフスタイルに合ったものを選びましょう。

赤ちゃん用の洗剤は必要?

赤ちゃんの衣服などを洗濯する際、洗剤は日常的に使っているもので十分と考えている人は多いのではないでしょうか。しかし、わざわざ赤ちゃん用の洗濯洗剤が販売されているのには理由があります。

赤ちゃんの肌は想像以上にデリケート

赤ちゃんの肌は、大人の肌と比較して厚みが半分ほどしかありません。ぷるぷるに潤っているように見えても、実は乾燥しやすく、バリア機能も弱いので、ちょっとした刺激でも肌荒れを起こしてしまうのです。
そのため、大人用に使っている洗濯洗剤では、赤ちゃんの肌にとって刺激が強過ぎることがあります。

一方、赤ちゃん用の洗濯洗剤は、刺激に弱いデリケートな赤ちゃんの肌にも優しい成分で作られています。刺激を最小限に抑えられるため、肌トラブルの予防に役立つのです。

赤ちゃんの衣類に柔軟剤はいつから?選び方や注意点、赤ちゃん専用や大人と一緒に使えるアイテムをチェック!
洗濯物を柔らかに仕上げてくれる柔軟剤。最近では、肌触りや香り付けのために使用する方も多いとか。ふんわり仕上げてくれる柔軟剤ですが、お...

使用の目安は1歳前後まで

赤ちゃん用の洗濯洗剤は、明確な使用期間が定められているわけではありませんが、一つの目安は「1歳前後」です。不要な刺激を与えないためにも、生後1年間くらいは赤ちゃん用の洗濯洗剤を使用するのがおすすめです。

その後、赤ちゃんに目立った肌トラブルがなければ、1歳頃を目安に大人用の洗濯洗剤に切り替えてもよいでしょう。洗濯洗剤を切り替えた後は、赤ちゃんの肌にトラブルが起きていないかよく観察することが大切です。

大人用洗剤を無添加に変えるのもアリ

肌への優しさを考えると、赤ちゃん用の洗濯洗剤を用意したいものですが、大人用に使っている通常の洗濯洗剤とは別に用意するのは手間がかかりますよね。また、赤ちゃん用の洗濯と、他の家族の洗濯を分けなければならないのも面倒に感じることがあるでしょう。

そこでおすすめなのが、「大人用の洗濯洗剤を無添加に変更する」方法です。赤ちゃん用の洗濯洗剤と同じように、無添加で刺激の少ないものなら、赤ちゃんの洗濯物にも問題なく使えます。
また、大人の肌トラブルが解消される可能性もあるでしょう。

赤ちゃん用の洗剤はどう選んだらいいの?

洗濯洗剤にはさまざまな種類がありますが、それは赤ちゃん用の洗濯洗剤でも同じです。数ある赤ちゃん用の洗濯洗剤の中からベストなものを選ぶには、どのような点に着目したらよいのでしょうか?

肌に優しい天然か洗浄力の合成か

赤ちゃん用の洗濯洗剤を選ぶ基準になるのが「天然」か「合成」かです。
洗濯洗剤は、純せっけんが主原料になっている天然のものと、石油や油脂から作られる合成のものに分けられます。天然の洗濯洗剤は、肌に優しい成分で作られていますが、洗浄力の点では弱く感じることがあります。

洗浄力がほしい場合は、純せっけん成分にココナッツやヤシなどで作られた天然の合成界面活性剤を配合したものを使うとよいでしょう。その場合、純せっけんのみの洗濯洗剤と比べて肌への負担があるので、配合は最小限に抑えられているものがおすすめです。

一方、合成洗剤は強力な洗浄力がありますが、その分肌への刺激が強いので肌トラブルを起こす可能性があります。

液体、粉末などのタイプで選ぶ

洗濯洗剤のタイプで選ぶのもポイントです。「液体」と「粉末」では使い勝手が異なりますし、洗浄力にも差があります。そのため、使用している洗濯機や使い方に合ったタイプを選びましょう。

ドラム式洗濯機と相性がよく、洗濯洗剤の溶け残りの心配がないのが「液体タイプ」です。洗濯洗剤が衣類に残りにくいので、赤ちゃんの肌に刺激を与えるリスクを最小限に抑えられます。計量やセットが簡単で扱いやすいのも魅力です。

「粉末タイプ」は洗浄力が高く、皮脂汚れや臭いまでしっかり対策できるので、汚れ落ちを重視する人におすすめです。コスパがよいのもメリットといえるでしょう。ぬるま湯で溶かしてから使うと、粉末でも溶け残りせずに使えます。

避けたい成分をチェック

成分表示を確認することで、赤ちゃんの肌を刺激する成分が入っている洗濯洗剤を避けることができます。特に注意したい成分に、「合成界面活性剤」「蛍光増白剤(蛍光剤)」「合成香料」「抗菌剤」などがあります。どれも肌トラブルの原因になったり、赤ちゃんの嗅覚の発達を邪魔したりなど、人体への影響が懸念されている成分です。

パッケージに「無添加」と表示されている洗剤でも、成分表示を見ると気になる成分が配合されていることがあります。洗濯洗剤を選ぶときは、自分の目で成分表示をしっかりとチェックしましょう。

タイプ別 赤ちゃん用液体洗剤のおすすめ

使いやすい「液体タイプ」の洗濯洗剤の中で、特に赤ちゃんの衣類を洗うのにぴったりのアイテムを紹介します。

柔軟剤いらずの柔らか仕上げ サラヤ アラウベビー


柔らかな肌をした赤ちゃんの衣類は、ふんわり優しい肌ざわりに洗い上げたいものです。「サラヤ アラウベビー」なら、柔軟剤がなくてふわふわに仕上がります。
赤ちゃんの肌を刺激する、合成界面活性剤・合成香料・漂白剤・蛍光増白剤などが無添加なのもうれしいポイントです。アロエエキス配合なので、手洗い時も肌を優しくいたわります。

手洗いにもおすすめ シャボン玉石けん スノールベビー


「シャボン玉石けん スノールベビー」は、肌に優しい成分だけでできている洗濯洗剤です。洗濯機で洗うときはもちろん、気になる汚れに直接つけて揉み洗いするときにも使えます。
赤ちゃんの肌を刺激する蛍光増白剤・香料・着色料・合成界面活性剤は無添加で、皮膚アレルギーテスト済みの製品でもあるため、赤ちゃんの衣服にも安心して使えます。

植物とミネラルが主成分 エコベール ゼロ ランドリーリキッド


ベルギー生まれの「エコベール ゼロ ランドリーリキッド」は、植物とミネラルで作られている洗濯洗剤です。肌の刺激になる成分は極力配合していないので、合成香料は無添加です。
アレルギーの人をサポートする「英国アレルギー協会」に認定されていることも、品質の高さを反映しています。赤ちゃんはもちろん、敏感肌の大人にも向いている洗濯洗剤です。

タイプ別 赤ちゃん用粉末洗剤のおすすめ

汚れ落ちを重視するなら、「粉末タイプ」の洗濯洗剤がよいでしょう。赤ちゃん用の洗濯洗剤で、特におすすめのアイテムを紹介します。

安全性に優れた ライトウェーブ バジャン


「ライトウェーブ バジャン」は、海外でも特許を取得している粉末タイプの洗濯洗剤です。合成界面活性剤が無添加にもかかわらず洗浄力が高く、頑固な汚れもしっかりと落とせます。
消臭作用もあるので、部屋干しでも臭いが気にならないのもうれしいポイントです。天気が悪い日が続いても安心して洗濯できるでしょう。
汚れ落ちがよい反面、泡立ちは最小限なので、すすぎの回数は1回でも十分です。使う水の量が少ないので経済的ですし、環境にも配慮できます。

酵素の力で汚れを分解 ネオナチュラル ネオベビー善玉菌酵素洗たく洗剤


一般的な無添加の洗濯洗剤は、せっけん成分で汚れを落とします。しかし、「ネオベビー善玉菌酵素洗たく洗剤」は違います。善玉菌酵素によって衣類の汚れを浮かして落とす仕組みです。
黒ずみや黄ばみといった汚れと同時に臭いも取り除きます。もちろん、合成界面活性剤や合成香料は無添加なので、赤ちゃんの肌に優しい洗剤であることは間違いありません。
また、善玉菌酵素は、衣類だけでなく洗濯槽の汚れもきれいに落としてくれます。洗濯するだけで自然と洗濯槽もきれいになっていくのはうれしいですね。

天然ラベンダーを配合 まるは油脂化学 ハーブの香り 粉石けん


「まるは油脂化学 ハーブの香り粉石けん」は、洗濯洗剤の溶け残りが出ないように作られた、ドラム式でも使える数少ない粉末タイプの洗濯洗剤です。
天然ラベンダーの清潔感のある控えめな香りに癒されるでしょう。合成界面活性剤といった肌トラブルの原因になり得る成分は無添加です。全成分を表示しているので、購入前にチェックしましょう。

赤ちゃんにも使えるおすすめ大人用洗剤

赤ちゃん用の洗濯洗剤を用意するのもよいですが、家族全員で使える無添加の洗濯洗剤を使うのもおすすめです。
赤ちゃんの洗濯と他の家族の洗濯を分けたり、2種類の洗剤を用意したりする手間を軽減できますよ。

洗浄力抜群 ミヨシ石鹸 そよ風


「ミヨシ石鹸 そよ風」は、合成界面活性剤といった赤ちゃんの肌を刺激する成分が無添加にもかかわらず、高い洗浄力を誇ります。その洗浄力は、合成洗剤と比較しても劣りません。
赤ちゃんの衣類は、食事やおむつ交換のときに汚れることもしばしばです。頑固な汚れをしっかり落として清潔を保ちたい人にぴったりの洗濯洗剤といえます。
汚れの種類も問いません。水性・油性・皮脂汚れなど、どんな汚れも落とすオールマイティーな洗濯洗剤です。

すすぎ1回でも安心 P&G さらさ 衣料用洗剤


肌を刺激する蛍光増白剤・漂白剤・着色料が無添加の「さらさ 衣料用洗剤」は、皮膚科医監修の肌テスト済みの製品なので、赤ちゃんの衣服にも安心して使えるでしょう。
高活性オーガニック酵素をはじめ、自然由来の洗浄成分で洗い上げるので、つけおきなしでも真っ白に洗い上げます。すすぎ1回で洗い残しがないのもポイントです。最小限の手間でしっかり洗える洗剤を探している人おすすめです。

赤ちゃんの肌に合わせた洗剤選びを

洗濯洗剤は、成分によって赤ちゃんの肌に影響を与える可能性があります。刺激につながる合成界面活性剤や合成香料などが含まれているものだと、デリケートな肌はトラブルに見舞われる可能性もあるでしょう。

そこで、赤ちゃんには専用の洗濯洗剤を選ぶのがおすすめです。刺激の強い成分を極力使用していない、肌に優しいものが理想といえます。同じ洗濯洗剤でも、液体や粉末といったタイプの違いで使い勝手や洗浄力が変わるので、洗濯機や使い方に合わせて選ぶことも大切なポイントです。

優しい洗い上がりの洗剤を選んで、赤ちゃんの肌を守りましょう。

哺乳瓶専用の洗剤は必要?大人と同じでも大丈夫?ママに人気の哺乳瓶洗剤おすすめ8選
赤ちゃんが生まれて使用する頻度がおむつの次に多いのが哺乳瓶ではないでしょうか。完全母乳で育てるママもパパに預ける時などに、搾乳した母乳を哺乳...

構成/HguKum編集部

編集部おすすめ

関連記事