赤ちゃんにレッグウォーマーは必要?脱げにくくするには?人気&おすすめ商品と手作り方法も

暑くはないか、寒くはないか、外気や室温に応じて気を配りたい赤ちゃんの体温。赤ちゃんの体温を最適に保つために用意しておくと便利なアイテムが、赤ちゃん用のレッグウォーマーです。はいはいやずりばい時には膝のサポーターとしても活躍してくれます。今回は、そんな赤ちゃん用レッグウォーマーの選び方から具体的なおすすめ商品、さらには手作り&リメイクの方法までを一挙にご紹介いたします!

赤ちゃんにレッグウォーマーは必要?

大人の感覚からしてみると、ほんとうに必要なのかすこし疑心暗鬼になってしまうアイテム、レッグウォーマー。赤ちゃんの難しい体温調節を助けてくれる、とっても便利な優れものなのです。

どんなときに使うの? 使うメリットは?

赤ちゃんは手のひらや足の裏から熱を放出し体温調節をするので、本来は靴下などを履かずに素足でいることが推奨されています。とはいえ、涼しい場所では身体が冷えてしまわないか心配ですよね。そんなときこそ、レッグウォーマーが大活躍。レッグウォーマーなら、足の裏を露出しつつも、脚をあたためておくことができます。

はいはいをはじめた赤ちゃんの脚を保護するサポーターとしても便利。スパッツやタイツを履かせるよりも、オムツ替えがしやすい点も魅力です。

夏や暑い季節にもレッグウォーマーは必要?

夏場、外が暑いことに対して、室内は冷房が効いていて寒い……。そう感じるのは赤ちゃんも同様。冷房対策のためにレッグウォーマーをワンセット持ち歩いておくと安心です!
UVカット効果付きのものもあるので、紫外線が気になる場所では日焼け対策として履かせることもできます。

赤ちゃん用のレッグウォーマーの選び方

とはいえ、さまざまに存在する赤ちゃん用のレッグウォーマー。購入の際はどのようなことを指標に選べばよいのでしょうか? サイズのチェックの仕方や、どんな場所で買うことができるのかを併せてご紹介します。

素材はどんなものがおすすめ?

敏感な赤ちゃんのお肌。レッグウォーマーは直接肌に触れるものなので、オーガニックコットンを原料にしているものなど、できるだけ肌に優しい素材の商品を選んであげましょう。通気性が悪くないか、はき口のゴムが血行を妨げてしまわないかも要チェック。

サイズのチェック方法

多くのレッグウォーマーは、ずれ落ちてしまわないように太もも部分のゴムで固定するようにできています。ただし、そのゴムがきついと皮膚に食い込んでしまい、血行の妨げに。赤ちゃんの血行を妨げないためには、サイズの合ったレッグウォーマーを購入することが大切です。市販されているものの多くは月齢別に対象年齢が書かれていたり、幅広い月齢で履くことができるフリーサイズのものがあったりしますが、それぞれの赤ちゃんの太ももサイズにあったものを見極めて選ぶようにしましょう。

赤ちゃん用レッグウォーマーはどこで売ってる?

昨今では、多くのベビー服・ベビー用品店で赤ちゃん用レッグウォーマーは取り扱われています。今はネットや通販でも多く販売されているので、近くに店舗がない方にも便利です。ネットなど、実物を確認できない場合は十分にサイズや素材を確認してくださいね。

レッグウォーマーが脱げる、 対処法はある?

これまで述べてきたように便利な赤ちゃん用のレッグウォーマーですが、脱げてしまいがちなところがひとつの難点。赤ちゃんが履くレッグウォーマーはなぜ脱げやすいのでしょうか? 対処法と併せて解説します。

レッグウォーマーが脱げる原因

脚をひんぱんに動かしている赤ちゃん。その動作や、すべすべのお肌、足がまだ小さく、足首にくびれがないことなどが、レッグウォーマーが脱げやすくなる主な原因と考えられています。

脱げないようにするコツ

購入前にまず気をつけたいのは、サイズ。前述したとおり、きついものはNGですが、大きすぎるサイズを履かせると今度は脱げやすくなってしまうことも。赤ちゃんのリアルタイムなサイズに合うものを履かせてあげましょう。
サイズは合っているのに脱げやすいという場合は、レッグウォーマーをズボンの裾にかぶせたり、履き口を折り入れたりと工夫をしてみましょう。脱げにくいように作られた商品もあるので、そういったレッグウォーマーを試してみるのもひとつの手です。

ママに人気♪赤ちゃん用レッグウォーマーのおすすめ

では、具体的にはどのような赤ちゃん用レッグウォーマーがママたちから選ばれているのでしょうか? アンケートに寄せられた回答から厳選し、口コミと合わせてご紹介します!

ベルメゾン リブ編み ベビーレッグウォーマー

レディースファッションを中心に家具や生活雑貨を取り扱う女性向け通信販売のベルメゾン。品揃えの良さが評判のとおり、赤ちゃん用のレッグウォーマーも販売しています。こちらの商品は、リブ編みなので伸縮性に優れていて、毛玉にもなりにくいと好評。カラーバリエーションも4色にわたり、価格もお手軽なおすすめアイテムです。

「安くて丈夫」(40代・愛知県・子ども2人)
「可愛いし安い、毛玉が出来にくい」(30代・富山県・子ども2人)

 

MIKIHOUSE レッグウォーマー

ミキハウスの商品からは、オールシーズン対応レッグウォーマーがおすすめ。さらっとした肌触りなので、はき口のゴム部分がこすれる不快感が軽減。夏場でも快適に過ごすことができます! 体温調節にはもちろん、紫外線対策にもおすすめ。シンプルでどんな洋服にも合わせやすいところも魅力です!

「ゴムが磨耗しにくい」(40代・大阪府・子ども2人)

 

アプレレクール ラビットレッグウェア

独自の色づかいやテキスタイルで人気を博すアプレレクール。存在感大な、かわいらしいウサギちゃんのレッグウォーマーは、履くだけでウチの子がおしゃれベビーに。少し肌寒い春先でも赤ちゃんの脚をしっかりと守ってくれるアイテムです。

「履かせやすいこと、柄がかわいいこと、沢山洗濯しても耐久性があること。」(30代・福岡県・子ども1人)

 

ハッカキッズ&ベビー ピオニー柄レッグウォーマー

個性派ベビーなら身に付けたい、シックで上品な花柄が散りばめられたハッカキッズ&ベビーのレッグウォーマー。ハッカベビーならではの、個性的ながらかわいらしいテキスタイルで、はいはいやずりばいの膝サポートはもちろん、日焼け防止&体温調節もオシャレに。上下にあしらわれたフリルもポイントです。

「かわいい、おしゃれ」(40代・愛知県・子ども4人)

 

西松屋 あったかもこもこベビーレッグウォーマー

コスパの良さならやっぱり西松屋! パステルカラーでキュートな見た目に加えて、あたたかいもこもこ素材のレッグウォーマーがなんと二足組セットで登場。赤ちゃん用レッグウォーマーをまずお試しで使ってみたいという方にも、もこもこあったか素材に惹かれるという方にもおすすめな商品です。

「安い」(40代・奈良県・子ども3人)

 

ベビー GAP

ベビーGAPは、アメリカ発のGAPが展開する世界的に人気のベビー服ブランド。赤ちゃんの肌に心地良いことや、機能性に考慮した設計が好評を得ています。そんなベビーGAPでも、レッグウォーマーを多数取り扱い中! ベビーGAPで全身揃えて、海外テイストなコーデを試してみては?

ベビーGAP  オフィシャルHPはこちら≪

「温かいし動きやすい」(20代・千葉県・子ども1人)

アカチャンホンポ

マタニティ・チャイルド・ベビー用品店のアカチャンホンポでは、赤ちゃん用レッグウォーマーももちろん取り扱い中。オーガニックコットン使用の素材にこだわったものから、デザイン性を重視したオシャレなものまで、そのバリエーションはさまざまです。公式通販サイトには生産地もわかりやすく明記されているので、安心して買い物できます。

アカチャンホンポ オフィシャルHPはこちら≪

「可愛いもの」(20代・滋賀県・子ども2人)
「レインボーカラーで可愛い」(30代・東京都・子ども1人)

コトリワークス

布ナプキン&子宮ケア総合専門店のコトリワークスからも、赤ちゃん用レッグウォーマーが登場。こだわり尽くされたオーガニックで安心な素材が特徴です。さらには、脱げにくい工夫や足首を締め付けない工夫も。シンプルなデザインなので、あらゆるコーデに似合います!

コトリワークス オフィシャルHPはこちら≪

「日本製で生地にこだわり、締め付け感がない ウールなのにチクチクしない」(30代・千葉県・子ども1人)
「もこもこしている」(20代・千葉県・子ども1人)

バースデイ

しまむらグループ発のベビー・子ども用品ブランド、バースデイがママたちから大人気! マタニティ用品から子ども服までをプチプラで揃えることができちゃうのです。赤ちゃん用レッグウォーマーももちろん販売中。あらゆるテイストが揃い、お手軽なバースデイのアイテムは、赤ちゃんのレッグウォーマーデビューにぴったりです。

バースデイ オフィシャルHPはこちら≪

「暖かい(30代・神奈川県・子ども1人)

赤ちゃん用レッグウォーマーの作り方

種類豊富な赤ちゃん用レッグウォーマーですが、なんと、わが子だけのオリジナルレッグウォーマーを手作りやリメイクするママも多数! アンケートに寄せられた回答から、実際にママたちが試しているオリジナルレッグウォーマーの作り方をご紹介いたします。

ペットボトルカバーをリメイク

赤ちゃん用レッグウォーマーへのリメイクによく使われているアイテムがペットボトルカバー。ペットボトルをカバーするものなので、赤ちゃんの脚に対して十分に幅のゆとりもあります。素材は布製・ニット製のものがおすすめ。
リメイクの方法としては、底を切って、はき口にゴムを入れるだけ。ゴムで脚を締め付けすぎないように注意しましょう。使わなくなったかわいいペットボトルカバーがあれば、ぜひ試してみてくださいね。

「切ってゴムを入れました。簡単に作れます。ゴムのきつさだけ気をつければOKです。」(30代・東京都・子ども1人)

毛糸編みで手作り

パピープリンセスアニーで編む 棒針編みベビーの編み物キット

シンプルなつくりのレッグウォーマー。毛糸で編んで手作りするママさんも多いようです。マフラーを作るときと同じ要領で編んだ一枚のニットを仕上げに綴じて筒状にする方法はもちろん、スムーズに輪編みができる専用のキットを使う方法も。キットさえ手に入れてしまえば、リリアンのようにすいすいと簡単に作ることができちゃいます。

「成長が早くなんどもなんども。。。」(30代・奈良県・子ども3人)
「専用の編めるキットがあるからそれを使う」(20代・千葉県・子ども1人)

 

ハイソックスをリメイク

もっとも簡単にレッグウォーマーにリメイクできちゃうアイテムは、もちろんハイソックス。ふだんママが使っている大人用のハイソックスを切ってあげれば、それだけで赤ちゃんがゆったり履けるあったかレッグウォーマーに。ほつれが気になる場合は切り口を繕ったり、ゆるすぎる場合はゴムを入れてあげたり、すこしの工夫をプラスするだけで使い勝手がさらに良くなります。

「ハイソックスを切ってリメイクした」(40代・大阪府・子ども2人)

バリエーションさまざまなレッグウォーマー。お気に入りの一足を!

ここまで、赤ちゃん用レッグウォーマーの使い方からおすすめ商品、手作り方法までを一挙にご紹介してきました。肌へのダメージや冷えから赤ちゃんを守ってくれるレッグウォーマー。素材が魅力的なものから、デザインのかわいらしいもの、ウチの子だけの手作りのものなど、そのバリエーションはさまざまです。本記事を参考に、お気に入りの一足をぜひゲットしてくださいね。

ファーストシューズはいつから?いつまで履ける?選び方や注意点、男女別おすすめアイテムも
赤ちゃんは毎日どんどん成長していきますが、1歳頃になると歩き始めようになります。よちよちと歩く姿はとてもかわいらしいですよね。また、...

構成・文/羽吹理美

編集部おすすめ

関連記事