5歳に人気の自転車5選|自転車の選び方から小学生まで乗れるもの、安全性と子どものお気に入りポイントをチェック!

キックバイクにペダル付きで乗っていたり、大人の舵取り棒付きの自転車を乗っている子は多いですよね。でも、5歳になると本格的な自転車を買うことを考える人が多いはず。5歳の自転車デビューで、ちょうどいいインチやチェックポイント、ママ・パパのおすすめの自転車を一挙にご紹介します。

5歳にちょうどいいインチは?

5歳で自転車を買う際にちょうどいいインチはどのくらいでしょう?体の大きさによって変わりますが、概ね次のようなポイントを押さえておけばバッチリ。

5歳の平均身長とインチの決め方

5歳の平均身長は110.3cm(文科省「学校保健統計」より)です。そこから適正なインチは16インチ、18インチとなります。体が大きな子は20インチでも大丈夫。

サドルを下げた状態で、つま先が地面にきちんとつくかを目安に選びましょう。

5歳向け自転車の選び方

5歳の子の自転車選びはどんなところがチェックポイントなのかまとめてみました。

軽い自転車を選ぶ

重い自転車を選んでしまうと、倒れた時に体への衝撃が強くなったり、また自分で起こすのが難しいことも。一度そういった経験をすると、自転車に乗ることが嫌になってしまったりも。自分でラクに扱える軽い自転車を選ぶのがポイント。

BAAマークのついたもの

自転車の種類が増える中、品質の悪い自転車も多くなっているそう。安全面での問題も心配されるので、子どもの自転車は、一般社団法人自転車協会の安全基準を満たした「BAAマーク」のついたものが安心。また、万が一、製造上の問題で事故が発生した場合には保障も受けられます。もし、「BAAマーク」が付いていないものを購入する場合には、しっかり安全機能があるかなどの説明を受けるようにしましょう。

体が大きくなったり古くなったら買い替えを

体の大きさに合わない、小さな自転車に乗っているとバランスを崩しやすいもの。適正インチをもとに、体にぴったり合ったものを選ぶのが大切です。また、小さな頃から乗れるロングユースの自転車などでも、何年か乗っていると環境によってはブレーキの効きが悪くなったりと性能に不安が出る場合も。安全に乗るためには、サイズは合っていたとしても適度に買い替えることも必要です。

5歳におすすめの自転車5選

5歳の子に買うのにおすすめの自転車を、ママ・パパにアンケートした中からご紹介します。ぜひ、自転車選びの参考にしてみて。

ブリヂストン クロスファイヤーキッズ

取っ手付きのサドルで練習時に大人が支えやすいのがポイント。車輪を外さなくても補助輪の取り外しが簡単にできるのもポイント。大きなカゴにはサッカーボールがしっかり入るのも嬉しいところ。本格的なマウンテンバイクなので、安定した走りで安心です。

16、18インチ

「軽いので転んでも自分で起こせる」 (40代・福岡県・子ども2人)

ブリジストン エクスプレスジュニア

体が大きな子にはジュニアタイプがぴったり。6段変速付きで乗りやすさも抜群。フロントにはギヤインジケーターのついたコックピットが。かっこいい自転車が欲しい子も喜ぶデザインです。

20、22、24、26インチ

「みんなが同じような自転車を持っているので自然と乗るのも上手になったと思う」 (30代・東京都・子ども2人)
「知り合いの子から譲り受けたものですが、壊れず丈夫」(30代・埼玉県・子ども3人)

トイザらスのオリジナル自転車

トイザらスのオリジナルブランド 、レイズの自転車はBMXをイメージしたフレームと太めのタイヤで男の子らしいデザインが人気。フレームが低いので乗り降りがラクなのもポイント。

16、18インチ

「とにかく安いがしっかりしている」 (30代・三重県・子ども2人)

ブリジストン エコキッズカラフル

U型フレームでスカートでも乗りやすい、女の子のための自転車。ブレーキは手の大きさに合わせて調節できるので安全に乗れます。ハンドルのフロント部分に、細かいおもちゃなどを入れられるポーチが付いているのもポイント。可愛いけれども機能性抜群で自転車デビューにぴったりです。

14、16、18インチ

アイデス ディーバイクマスター

18インチでも、工具無しでペダルを取ることもできるので、地面を蹴ってバランスをとる練習をしてから乗ることができる自転車。ブレーキの引きが軽いVブレーキを採用しているので、安全面もバッチリ。

16、18インチ

「イオンで買ったがサービスがよかった」(40代・宮城県・子ども2人)

5歳向け自転車練習のポイント

まず練習を始める前に、ヘルメットを用意しましょう。道路交通法で保護者は、自転車での運転時に子どものヘルメット着用に努めると定めています。転んだ際に頭に衝撃を受けることがないように、ぴったりとしたサイズのものを選ぶのがマスト。

自転車練習のポイントは、ペダルでしっかりこぐこと。でもこぎ出しが意外と難しいんですよね。そんな時には、ブレーキをしっかり確認してから、緩やかな下り坂での練習を。こぎ出しがスムーズで、適度にスピードも出るので、ふらつかずにまっすぐ進めます。

また、キックバイクを使っていた子はすぐにバランスが取りやすいそう。可能であればペダルを外してまっすぐ進む練習をするのもおすすめです。何度も転んでしまうと練習がイヤになってしまうので、適度に休みながら慌てずにトライするのが上達のコツです。

子供用自転車ヘルメットのおすすめ8選|ブリヂストンやOGKの1歳用など人気商品を厳選
子供が自転車に乗るときに必須なのが自転車用ヘルメットです。万が一の転倒や事故の際も、ヘルメットを着用していることで頭を守ることができます。 ...

5歳の自転車選びは安全面&好みをチェック

5歳の自転車ラインナップを見ると、いろいろな機能や工夫があることがわかりますよね。そろそろ好みが出てくる年齢の子たちにとって、自転車も自分の好きなものを選びたいはず。いくつかの自転車を比べてみるのがオススメ。また、小学生になってからも乗るものなので、安全面はしっかりチェックしておきましょう。

小学生に人気の自転車6選|自転車選びのポイントや安全な練習法も!
小学生になれば、行動範囲が広がります。そこで活躍するのが自転車!遊びに行くのはもちろん、塾や習い事に通うのにも便利です。「そろそろ自転車を買...
文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事