妊娠線を消すにはどうしたらいい?ママたちが試した予防法やマッサージクリームを紹介!

妊娠にはさまざまなトラブルがつきものですが、目に見えてしまうので多くの人が嫌がるのが妊娠線。ストレッチマークとも言います。妊娠線ができないようにケアしている人も多いですよね。そんな妊娠線がなんでできてしまうのか、理由や対策などをまとめてみました。

そもそも、妊娠線はどうしてできるの?

妊娠線はどうしてできるのか分かりますか?知っているとケアの方法も分かるはず。

急な体型の変化

妊婦さんの妊娠線は、どんどん大きくなるお腹の皮膚が急激に伸びることで皮膚(真皮)がついていけず、ひび割れのような状態になること。妊娠中は皮下脂肪が急激に増え、週数が進むにつれて子宮も大きくなります。急激な皮膚の伸びが原因なので、成長期の子どもや肥満が原因で起こることもあります。肥満で太ももなどにできるものは肉割れと言ったりもしますよね。また、乳房も大きくなるので、乳房にも妊娠線ができることがあります。

コラーゲンの減少

もう一つは、妊娠によるステロイドホルモンの分泌量の変化です。妊娠中はステロイドホルモンが多く分泌されることによって、コラーゲンの生成が通常よりも行われなくなってしまします。コラーゲンの生成が減ってしまうと、結果として皮膚が断裂しやすい状態になってしまいます。

ホルモンの変化

妊娠中はコルチゾールというホルモンが上昇し、妊娠末期には非妊娠時の3~4倍になります。コルチゾールは、肌のハリ・弾力のもとになる成分をつくり出す線維芽細胞の働きやコラーゲン生成を抑制するため、肌の弾力が失われてしまい、結果として皮膚が断裂しやすい状態になってしまいます。

赤い妊娠線と白い妊娠線の違い

できたばかりのときには赤や赤紫色の線ですが、時間がたつと白っぽい筋になります。できたばかりはびっくりするかもしれませんが、時間が経つにつれ、そこまで大きく目立つものではなくなります。

妊娠線を消すにはどんな方法がある?

できてしまった妊娠線を消すのはなかなか難しいもの。温泉に行ったり、水着を着たりしたいのに気になってしまうなど、そんな時には美容皮膚科を利用するのも手です。高い効果が期待できるのがオススメ。

レーザー治療

フラクショナルレーザーは、皮膚の再生能力に働きかけ、肌を新しい皮膚に入れ替えていくレーザー治療。レーザーで微細な照射をする事で皮膚のコラーゲンを活性化させ、肌の再生を促し、新しい皮膚に入れ替えます。肌をなめらかにすることで、妊娠線・肉割れの改善に繋がります。

炭酸メソ

炭酸メソはもともとフランスで妊娠線解消の治療として行われている方法。皮下組織に注射針で治療用の炭酸ガスを注入する治療法です。炭酸ガスを注入することで、真皮の血流が改善し、注入した部分の皮膚の代謝がアップします。また、炭酸ガスの注入により、一時的に皮膚にダメージを与えることにより、コラーゲンの産出が促進され、皮膚の再生能力が高まります。

熱治療 高周波(RF)治療

レーザー光線の何倍もの強さをもつラジオ波(高周波)の熱エネルギーを使用して、自己コラーゲンを産生し、傷跡の凹み改善や皮膚の中の塊を柔らかくする治療機器です。
腹部にラジオ波をあてることで熱が真皮を収縮させ、ゆっくりと時間をかけてコラーゲンを再生させる治療方法。皮膚の引き締め効果とともに、肌がすべすべになります。

ダーマペン

16本程度の超極細針を皮膚へ刺し、肌へ微細な傷をつけます。傷を修復しようとする人体の自然治癒力の作用により、体内のコラーゲン生成を促進する治療なので、強い副作用の心配がないのが嬉しいところ。また、自分の体内でコラーゲンが増殖していくため、長期間効果が持続します。

マッサージピール

マッサージピールとは、PRX-T33🄬という薬剤をマッサージしながら肌に浸透させるピーリングです。主成分であるトリクロロ酢酸は、肌の真皮層にまで働きかけて線維芽細胞を刺激し、コラーゲンの生成を促します。肌にハリが出て、妊娠線を改善します。コウジ酸も含まれているので美白効果もあります。

参照:https://osaka-bc.com/menu/massage-peeling

 

記事監修

大阪美容クリニック(https://osaka-bc.com
南 真実子 院長
祖父や父が産婦人科医であったことから医師を志し、自身も大阪医科大学医学部へ進学。
卒業後、初期研修を経て大阪医科大学産婦人科教室に入局。
主に腹腔鏡手術、不妊治療、周産期治療などに従事し、産婦人科専門医を取得。
検診業務にも従事し、マンモグラフィー読影認定医を取得。女性がいつまでも健康で美しく輝いていられるよう、さらなる高みを目指して、美容医療、アンチエイジング医療を行う。大手美容クリニックで活躍後、2017年に大阪美容クリニックを開院。婦人科・美容皮膚科を通じて、女性をトータルにサポートできるよう診療を行っている。

 

ママたちが試した方法、効果はどうだった?【体験談】

できてしまった妊娠線を消すのは大変なことがわかりましたよね。やはりできないに越したことはありません。妊娠線ができないようにどんなケアをしたのか、ママたちの体験談を教えてもらいました。

Q.妊娠線ができたしまった経験はありますか?

まず、ママたちに妊娠線ができてしまったかを調査しました。

Q.妊娠線ができたしまった経験はありますか?

妊娠線ができてしまったと回答したママは約56%。半数以上の人が経験しているものの、ほぼ半数の人はできなかったよう。ケアの差が出ているのでしょうか。

妊娠線を予防するため、またできてしまった妊娠線のケアをどうしていたか、ママたちに聞いてみました。

クリームを塗る

保湿を目的としてクリームを塗るという人が多いよう。ボディクリームはもともと持っている人も多いので手軽ですよね。予防効果は高いよう。

「クリームを塗り皮膚を乾燥させないようにした 」(20代・茨城県・子ども1人)
「妊娠線は、できなかった。妊娠線予防に、ボディクリームを塗っていた」(40代・京都府・子ども2人)

オイルを塗る

ボディオイルを塗ったという声も。伸びがよく使いやすいですよね。また、引き締め効果のあるボディオイルを使って余計な脂肪を減らす努力をした人も。

「オイルを塗る。引き締めて脂肪を減らす」 (30代・奈良県・子ども2人)

専用のクリームで保湿する

妊娠線ができないようにと、妊婦さん向けのクリームも多く販売されていますよね。敏感になった肌にも優しい設計になってることがほとんどなので安心して使えます。

「妊娠線ができないように保湿クリームを毎日塗っていた」(30代・静岡県・子ども2人)
「妊婦さん向けの保湿クリームをたっぷり塗った」(30代・埼玉県・子ども2人)

ママたちが使っていた妊娠線対策クリーム・オイル

実際にママたちが使った・使っている、妊娠線を予防するためのクリームやオイルをご紹介。身近で手に入るものやネットで買えるものも揃うのでぜひ自分の肌に合うものをチェックしてみて。

ニベア

保湿クリームの定番として持っている人も多いのがニベアクリーム。濃厚な質感と、小さな子でも使える優しさで、手足の保湿と兼ねてお腹に塗っていたと言う人が多いよう。

「保湿が高い。値段が安いのでたっぷり使える」(30代・奈良県・子ども2人)
「2人産んでどちらもできなかったので間違いない!」(30代・秋田県・子ども2人)

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

肌を柔軟に保つツボクサエキスやアルガンオイルを配合したボディクリーム。お腹はもちろん、ヒップや太ももなどカサつきがちなボディにのばすだけ。ベタつかずなめらかな感触で、しっとりうるおうボディに導いてくれます。妊婦さん用なので、敏感になった肌にも安心。

「少し高めですが、口コミもよく、使い心地も良かったです」(30代・和歌山県・子ども2人)
「クリームの伸びがいいので塗りやすい」(30代・神奈川県・子ども1人)
「敏感肌でも痒くならなかったので」(40代・長野県・子ども2人)

ヴェレダ マザーズボディオイル

産前、そして産後にもおすすめのオイル。急激に大きくなるママのお腹の肌をしっかり保湿し、やわらかな肌を保ってくれます。 高品質のアーモンドオイルやビタミンEを多く含む小麦胚芽オイル、アルニカのエキスがハリを与え、弾むような肌に。 お腹周り・太ももなどの保湿ケアやマッサージによる産後のケアに。香料はすべて天然のエッセンシャルオイルなので安心感も。

「肌が敏感になってる時も使えた。 しっとり感が続く」(30代・千葉県・子ども2人)
「いい香りで癒される。べたつかない」(30代・千葉県・子ども2人)

エルバビーバ ストレッチマーククリーム

するすると伸びて、スーッと肌になじみ、しっかり潤してくれるクリーム。カカオバターとヒマワリやホホバの植物オイルのブレンドが、急激に大きくなるお腹の皮膚をしっかりと保湿。しっとりやわらかな肌へ整えてくれます。妊娠中の敏感な肌にもやさしく作用するオーガニック成分でつくられているので、気軽に使えます。さらに余ったクリームは新生児の保湿ケアとして使用できるのも嬉しいところ。

「オイリーだけど、保湿力は高かった」(30代・青森県・子ども3人)
「塗ったすぐはベタつくが乾燥しなかった」(30代・宮崎県・子ども2人)

ノコア アフターボディトリートメントクリーム

ノコアは、産前産後、ダイエットなど、 様々な要因によってできてしまった深い肌悩みを、サポートするために生まれたブランド。美容大国・韓国では産後ケアの意識がとても発達していて、その産後院を見学し、商品を開発したと言う並々ならぬこだわり。オーガニックネロリの香りで癒されます。

「肌によく、香りも好き。伸びがよくてベタベタせずに使いやすい」(30代・福岡県・子ども3人)

ピジョン 保湿ボディマッサージクリーム

おなかや太ももなど、妊娠中の気になる部分のお肌に潤いを与える、マッサージケアクリーム。ふわっと軽い感触のエアリークリームが肌にさっとなじみ、角質層までしっとりしみこんでくれます。べたつかず、さらっと心地よい使用感。たっぷり使えて手軽な、ポンプタイプなのも高ポイント。

「割とどこでも見かけるので購入しやすい」(40代・神奈川県・子ども2人)

無印のホホバオイル

ホホバの種子から搾ったオイルを化粧用に精製した、無印良品のオイル。肌なじみが良くさらっとした使用感で、保湿やマッサージなど全身のお手入れに適しています。優しい使用感なので、妊娠中のお腹のケアにもぴったり。無香料・無着色なので安心です。

「保湿力が高く、ベタつかない」(20代・北海道・子ども2人)
▪️購入は公式サイトから

ポウドボーテ マッサージクリーム

妊娠線のケアに最適なのは、クリームによるマッサージ。ポウドボーテは、潤滑性とクッション性に富んだクリームで、優しくマッサージしなければいけない妊娠中のお腹にぴったり。天然油脂ベースなので、お肌に優しいのも嬉しいポイント。

「のびもよく、安心して使用できた。実際に妊娠線もできなかった」(30代・静岡県・子ども2人)

妊娠線はできる前のケアがポイント!

妊娠線は、クリームなどで保湿すればかなりの確率で予防できることがわかりましたね。妊娠したら、すぐにケアに取り掛かるのがポイントのよう。またできてしまってからも目立たなくする方法もあるので、どうしてもきになる場合にはぜひチェックを。きれいなお腹なら温泉やプールでも自信が持てるはず!

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事