油揚げは離乳食にいつから使える?アレルギーの心配は?油抜き方法から時期別おすすめレシピまで

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。煮物に入れてもお味噌汁に入れても焼いても美味しい「油揚げ」。脇役のことが多いですが、時にはきつねうどんなどのメインにもなる油揚げは、いつから食べられるようになるのでしょうか?今回は、油揚げのレシピと共に紹介します!

油揚げは離乳食にいつから使える?

油揚げを赤ちゃんに食べさせてもいいかな?と気になるのは「油」だと思います。油揚げは薄く切った豆腐を2度揚げしたもの。2度揚げと聞くと、その作り方が気になるところです。

<油揚げの作り方>

1.120度の低温で20分ほど揚げて一度鍋から取り出す

2.180度の高温で5分ほど揚げる

中までしっかり油で火を通した作り方をするのが油揚げです。また、油揚げは油も気になるところですが、噛みちぎりにくいことも気を付けたいポイントの一つです。

このような背景を見ていると、使い始めるのは、離乳食完了期の後半からでも遅くはないと思います。

油揚げにアレルギーは心配ない?

油揚げの原料は、豆腐。豆腐の原料が大豆ですので、アレルギーを起こすことがあります。初めて食べるときは、少量からスタートさせ、赤ちゃんの体調の観察を行いましょう。

量の目安は?

油揚げは、最初は細かく切った油揚げを少量からスタートさせます。よく食べるようになったとしても1/8枚で程度にしておきましょう。赤ちゃんがしっかり噛んで食べているか?飲み込んでいるかを確認しながら次のひとさじを与えましょう。

油揚げは油抜きが必要?

油が多い油揚げですので、離乳食に使う時は必ず油抜きをします。大人は、お湯をサッとかけるだけの油抜きでもいいですが、赤ちゃんが食べるものですので念入りに油抜きをしましょう。

油抜き方法

1.小鍋にお湯を沸かす

2.油揚げを1に入れてしっかり茹でる

3.ザルにあげて、食べやすい大きさに切って離乳食メニューに取り入れる

油抜きをしたら、離乳食メニューの調理スタートです。

 

油揚げは手づかみ食べにもおすすめ

油揚げは工夫次第で、手づかみメニューにもなります。

離乳食完了期 油揚げのチーズ焼き

前歯で噛みちぎり、更に奥歯でカミカミできるようになってきたら、取り入れられるメニューです。

<材料>

油抜きした油揚げ 1/8
チーズ 5g
青ネギ 少々

<作り方>

1.油揚げの上にチーズと青ネギをかけて耐熱容器に入れてトースターで5分焼く。

小さく切って、つまんで食べてもいいですし、前歯で噛みちぎれるなら、スティック状で食べてもOK。このレシピは、多めに作って取り分けしてもOKです!

 

時期別離乳食おすすめレシピ

では、油揚げを使ったおすすめメニューを紹介します。

離乳食後期 白菜と油揚げの煮物

<材料>

油抜きした油揚げ 5
白菜 30g
かつお昆布だし 100ml
しょう油 0.5ml

<作り方>

・油揚げは細かく刻む
・白菜は、1㎝の大きさに切る

1.鍋に、かつお昆布だしを入れ沸騰させ、白菜を入れてフタをして弱火で煮る。

2.1がしんなりしたら油揚げを入れる

3.しょう油を加えて風味をつける

このメニューも、多めに作って大人分から取り分けしてみましょう!

離乳食完了期 油揚げの肉詰め

<材料>

油抜きした油揚げ 1/8
鶏ひき肉 15g
玉ねぎ 10g
片栗粉 小さじ1/2
かつお昆布だし 150ml
しょう油 0.5ml

<作り方>

・玉ねぎをみじん切りにする

1.ボウルに鶏ひき肉と玉ねぎと片栗粉を入れて混ぜ合わせ、油揚げに詰める。

2.鍋に、かつお昆布だしを入れ沸騰させ、1を入れてフタをして弱火でじっくり煮る。

3.しょう油を加えて風味をつける

食べる前に食べやすい大きさに切ってあげましょう。このメニューも、多めに作って大人分から取り分けしてみましょう!

 

 

今回紹介したメニューは、多めに作ると大人も一緒に食べられるメニューです。親子で同じメニューが食べられると赤ちゃんも大喜び!ぜひ、普段の食事に取り入れてみてくださいね。

「高野豆腐」の離乳食、最初はすりおろして!簡単、便利、高栄養な時期別レシピや冷凍テクも
こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。今日は、タンパク質、カルシウム、鉄分など豊富で、離乳食メニューにぜひ取り入れてしてほしい高野...
離乳食に油はいつからOK?使える油の種類や量は?おすすめ油も紹介!
こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。炒め物に揚げ物など、私たち大人の料理に欠かせない「油」。離乳食をスタートしたころは使うのはN...

 

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在15歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、22年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する和の離乳食パクパクセミナー、離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで4000人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

編集部おすすめ

関連記事