離乳食のじゃがいもはいつから?レンジの下ごしらえや冷凍保存、時期別レシピも

じゃがいもはいつから食べられる?

じゃがいもは癖がなく、離乳食初期から食べられ、完了期、それ以降の子供の食事に大活躍する食材です。旬は春と秋ですが、年中流通しています。

裏ごししなくても潰してお湯や出汁などでのばすだけでペースト状になり、くせがないので、使いやすい食材です。

栄養価はでんぷんを多く含み主食としても利用できます。ビタミンCやカリウムが豊富です。じゃがいものビタミンCは熱を加えても壊れにくく優れています。すりおろすととろみも出やすいので、いろいろなレシピに重宝します。

レンジを使えば下ごしらえも簡単

レンジを使った方法

※じゃがいもの芽は毒性があるので取り除いて下さい。

洗ったじゃがいもを皮のままラップに包み、電子レンジで3~4分加熱するとホクホクになり甘みも増すのでおすすめです。

下ごしらえ

皮をむいて、芽を取り除いてから調理します。

じゃがいもは詰まりやすいので、多めの水分でのばしましょう。固さも水分量で調節します。

冷凍するときの注意点

じゃがいもは大きめのものを冷凍すると水分量が多く、解凍してもパサパサになります。冷凍する場合は柔らかく加熱したものを潰してペースト状にしたものがおすすめ。またはみじん切りの状態して冷凍しても。

 じゃがいもを使った離乳食初期のすすめ方

 <離乳食初期のレシピ> じゃがいものペースト

裏ごしすると滑らかになるじゃがいものペースト。ほくほくなので野菜スープを少しずつ加えて、最初はゆる目のペーストからスタートさせましょう。

材料(1食分)

じゃがいも 15g

野菜スープ少々

作り方

1. 茹でたじゃがいもの皮をむきます。

あらかじめ1/4程のサイズに切り、ラップをかけて1分ほど加熱し柔らかくます。

 

2. 2cm角の大きさに切ったじゃがいもを潰し、野菜のだしでのばしたらできあがり。

(一度にたくさんの量を潰すときは、マッシャーやブレンダーを使うと手早くできます。)

(離乳食の進み具合によって加えるスープの量を変えて、固さを調節しましょう。残ったペーストは冷凍庫で約3日間保存も可。)

レンジを使ったじゃがいもペーストの作り方

上記の方法以外でもじゃがいもをすりおろしてから水を加えて電子レンジで加熱してもOK。加熱後に混ぜ合わせるのがポイントです。

離乳食の出汁(だし)の基本。初期から使える万能かつお、干ししいたけ昆布、野菜だし
離乳食のだしはいつから使っていい? 出汁を使う第一の理由は、出汁に含まれた栄養を摂ることもありますが、やはり味にアクセントをつけて、より食...

 

 じゃがいも使った離乳食中期のすすめ方

 <離乳食中期のレシピ> ヴィシソワーズ

オシャレなイメージのヴィシソワーズを離乳食で。じゃがいも、玉ねぎ、最後に加えた牛乳の風味がおいしい。

材料(1食分)

じゃがいも 25g

玉ねぎみじん切り 5g

野菜スープ 50mL

牛乳 大さじ1

作り方

1. みじん切りにした玉ねぎが透き通るくらいまで野菜スープで煮たら、<初期>で作ったじゃがいものペーストを加えます。

 

 

2. 牛乳大さじ1を加えて、ひと煮たちさせたら完成。お好みで乾燥パセリをかけてください。

 

 じゃがいも使った離乳食後期のすすめ方

 <離乳食後期のレシピ> 青のりポテトのおやき

歯茎が固くなる後期から、食べやすい大きさにして手づかみでパクパク食べられる食事も始められます。しらす、青のりが入ったカルシウムもしっかり取れるおやき。

材料(1食分)

じゃがいも 35g

しらす 5g

青のり 少々

片栗粉 少々

作り方

1. しらすを湯通しします。

<初期>1と同じように茹でて柔らかくしたじゃがいもを潰し、湯通ししたしらす、青のり、片栗粉を混ぜて一口サイズに成形します。

(水分が足りない場合は、ゆで汁を少量加えるとまとまりやすくなります)

 

 

2. 一口大に成形したじゃがいもをフライパンで焼きます。

 

3. 焼き色がついたらできあがり。

 

 じゃがいも使った離乳食完了期のすすめ方

形状、固さ、味付けなどのポイント

<大きさ>

後期はまだ自分で調節が難しいので、大きめのみじん切りがおすすめ。

完了期になると前歯で噛み切って調節することもできるようになります。大きめに切って手づかみで食べられる大きさもいいと思います。

<固さ>

完了期・後期の違いは口の中の状態です。

後期は歯茎で潰せる固さ(バナナ位)、完了期では前歯が生え始めて歯茎でかみ潰せる固さ(肉団子位)になります。

<味付け>

おとなの1/3程度です。

今まで味付けをしていませんでしたが、レパートリーを増やす意味でも、少しづつ風味付け程度に味をつけていきます。

 

レシピ:野村泉先生<栄養士>

病院内にて妊産婦・乳幼児の食事、栄養指導に従事。レシピ監修や講義サポートに加え、もぐもぐ子ども調理室で離乳食講座を担当している

 

構成/HugKum編集部 写真/田中麻衣

編集部おすすめ

関連記事