子どもの「ママ大好き!」は愛情不足? みんなのエピソードから、気づいてあげたいサインと接し方

子どもから「ママ大好き!」と言われるのは、本来ママにとってうれしいことですよね。でも、叱ったあとなど、言われるタイミングによっては、複雑な気分にさせられることもあるかもしれません。そこで今回は、お子さんたちの「ママ大好き」のタイミングやそこに隠されたサイン、してあげたい接し方についてリサーチしてみました。

子どもはなぜママが大好き? わが子の「ママ大好き」が心配なママも

生まれる前から誰よりもそばにいるママ。赤ちゃんはそんなママのことを五感が発達する生後4ヶ月頃から認識します。そして、授乳や抱っこなどの日々のスキンシップを通して、特別な愛情や安心感を寄せるようになるのです。

「ママ大好き」が気にかかることも

大きくなって言語が発達すると、「ママ大好き」とその愛情を言葉で表現してくれることも多くなるのではないでしょうか。うれしい一方で、「叱ったあと」「不安そうなとき」などのネガティブなシーンや、「どうして今?」と不思議に感じるような不自然なシーンで発され、心配になることもあるかもしれません。

どんなときに言われる? みんなの「ママ大好き」エピソードをリサーチ!

では、世の中ママさんたちは実際にはどんなシーンでお子さんたちから「ママ大好き」と言われ、どんな気分になるのでしょうか? Hugkum編集部では、お子さんたちの「ママ大好き」エピソードをアンケートリサーチしました。

Q.子どもの「ママ大好き」はどんなとき?

まずは、お子さんが「ママ大好き」と言ってくれるタイミングをリサーチ。
アンケートに寄せられた回答のなかには、「毎日●●のときに」と日課のように言ってくれるパターンが多い印象でした。その他にも「夕飯がカレーのとき」といったご機嫌なエピソードや、「怒られたあと」などママは複雑になってしまうようなエピソードも寄せられています。

『1日1回は言ってくれる』

「1日1回は言ってもらっています。 ふいに近寄ってきて言うことが多いです。 怒られてだいぶ時間がたってからふいに というパターンが多いかもしれません。」(40代・大阪府・子ども1人)

『2人の子はママ大好き人間』

「いつもやんちゃなふたりの母親です。6歳の小学生の男の子は強がりな性格ですが、心優しい、思いやりの子です。1歳の子は、まだ言葉は喋れませんが、愛情一杯の子で、常に指で、おいで、おいでと表現します。理解度はあり、パソコン大好きです。二人共、ママ大好き人間です。子育ては大変ですが、性格の違う二人の親で良かったです。」(30代・千葉県・子ども2人)

『保育園のお迎えに行くと』

「保育園に迎えにいった時に笑顔で駆け寄ってきて「ママ大好き」と抱き着くことが度々ある。」(30代・長野県・子ども1人)

『寝る前にいつも』

「夜寝る前にいつも、ママ大好き!と、言ってくれる。」(30代・東京都・子ども3人)

『夕飯がカレーの日に』

「カレー好きの息子、夕飯がカレーの日は、毎回 ママのカレーおいしい!ママ好きって言ってくれる。」(30代・茨城県・子ども3人)

『ハグしながら「母ちゃん大好き」』

「遊んでいるとハグしながら「母ちゃん大好き」とほっぺチューしてくれます」(30代・広島県・子ども3人)

『怒られた後に』

「怒られた後に、もうママが怒ってないかどうか確かめるためにママ大好き!と言います。」(30代・埼玉県・子ども2人)

『涙が出るくらい好きだよ』

「美味しいご飯を作ってくれてありがとうや、洗濯をしてくれてありがとうと言ってくれる。 今日は、料理の合間に一緒に遊んであげていたら、料理をしているそばに来て、いつもありがとうと言い、涙が出るくらい好きだよといってくれた」(30代・福岡県・子ども2人)

『「好き」と言うと「大好き」と言ってくれる』

「私が娘のことを「好き」と言うと『大きい好き~』と言ってくれます。」(20代・愛知県・子ども1人)

『不意に言ってくれる』

「朝起きた時や、夕方など二人で過ごしている時に不意に言ってくれます。」(40代・兵庫県・子ども2人)

Q.「ママ大好き」と言われたらどんな気持ちになる?

2つ目の質問では、「ママ大好き」と言われたときのママの心境をリサーチ。なんといってもやっぱり多いのが「うれしい」という回答でした。一方で、タイミングによっては複雑な思いを抱くママも見受けられます。その他にも、お子さんの成長をしみじみと感じたり、いつまで言ってくれるのか少し淋しい気分になるという回答も印象的でした。

『嬉しく幸せな気持ち』

「嬉しく幸せな気持ちになる。 娘への愛しさが増す。」 (30代・長野県・子ども1人)

『かわいいなって思う』

「やっぱりうれしいですよね。かわいいな~って思います。」(30代・石川県・子ども1人)

『かけがえのない存在だと再確認する』

「とても幸せな気持ちになり、こどもがかけがえのない存在だと再確認する」(40代・広島県・子ども2人)

『子育てを頑張ってよかった』

「とても嬉しいです。子育て頑張っててよかったと思います。」(30代・埼玉県・子ども2人)

『相思相愛だなと思う』

「そうでしょ、そうでしょと思う。私も子どもたちのことが大好きだから、相思相愛だなーと思う」(40代・愛知県・子ども3人)

『子どもの成長を感じる』

「心が温かくなり、嬉しい気持ち。子どもがいろいろな表現の仕方で気持ちを伝えてくれて、成長をかんじられる。」(30代・福岡県・子ども2人)

『自分を認めてもらえた感じ』

「大好きって言われると嬉しいし、自分を認めてもらえている感じがする。」(30代・東京都・子ども2人)

『怒ってばかりなので複雑』

「怒っているばかりいるのに、大好きと言われて複雑。」(40代・神奈川県・子ども2人)

『いつまで言ってくれるかな』

「また言ってくれるなんて、幸せだな~~~ いつまで言ってくれるかな。 上の子がもう大好きなんて言ってくれるような歳ではなくなったので、カウントダウンしてしまう。」(30代・東京都・子ども2人)
「よい親」の条件ってなんだろう?時には立ち止まって考えたい【井桁容子先生のお悩み相談】
子供にとってよいママ、パパとは? 周りからの評価より 子供に目を向けて 身近な人から「よいママ」「よいパパ」と言われるのは、うれしいこと...

「ママ大好き」は愛情不足? そこに隠れたサインとは?

子どもの「ママ大好き」には、もちろんそのままの意味が込められている場合もあれば、他のサインが隠されている場合もあるようです。お子さんによってその真意はそれぞれ異なるので気にしすぎる必要はありませんが、例としてはどのようなものが考えられるのか、下記にまとめてみました。

ママも自分のことが好きか確かめている

子どもの「ママ大好き」は「大好きなママも自分のことをちゃんと好きか」の確認である場合があるようです。なかには同様の理由から、わざと「嫌い」と言ってみたり、ママを困らせるような行動をする子も。

叱られたあとの、もう怒っていないかの確認

叱られたあとの「ママ大好き」は、「ママがもう怒っていないか」「自分のことを嫌いになっていないか」の確認である可能性が高いようです。「ママも大好きだから叱る」ということを説明してあげたり、叱りすぎてしまった場合はその旨を謝ったり、フォローが必要かもしれません。

深い意味はない

もちろん言葉のままの気持ちをママに伝えているだけで、深い意味はないことも。素直によろこんで「ママも大好き」と気持ちに応えてあげましょう。

子どもの心に届く「ほめ方・叱り方」とは?おだてるのではなく勇気づけを【5つのポイントが効果的】
ほめるときに大げさな言い方になってしまったり、ガミガミと叱りすぎてしまったり。 ほめ方・𠮟り方についての悩みは尽きないものです。 40年...

男の子、女の子、性別ごとに「ママ大好き!」の表現も特有?

さらに、男の子、女の子、性別の違いによって、「ママ大好き」の表現の仕方にも違いがあるといわれます。個人差はもちろんありますが、ここではそれぞれの特徴をご紹介します。

男の子はボディタッチが多い?

男の子に多い傾向にあるのが、「ママ大好き」をボディタッチで表すパターン。ママにべったりまとわりついて、いつも抱っこをせがんできたり、ママの後をずっとくっついてきたり。うれしい反面、あまりにも甘えん坊で困ってしまうママも多いようです。

男の子の『ママ大好き』はいつまで? 男の子ママならではのエピソードや あるある体験談
性別が異なるママにとって、男の子の子育てに不安や驚きは付きもの。けれども、予想もつかない行動に驚愕する反面、それがとても愛しく思える...

女の子は言葉で伝える?

女の子は男の子に比べて、言語の発達が早いと言われています。そのため、ママが大好きであることを上手に言葉で表現してくれたり、事細かに手紙にしたためてくれる子が多いと考えられています。

「ママ大好き」と言われたときの上手な接し方は?

ここまで述べてきたように、お子さんの「ママ大好き」の真意にはさまざまなパターンが想定されます。気にしすぎる必要はありませんが、いかなる場合でもその言葉を素直に喜んで、その気持ちに応えてあげるに越したことはありません。とはいえ、どう応えたらいいのかわからない、そんなママ向けに、ここでは「ママ大好き」と言われたときにしてあげたい接し方をお伝えします。

ママも大好きだよと伝える

どんなシーンにおける「ママ大好き」でも、子どもたちが期待する返答は「ママも〇〇のことが大好き」ではないでしょうか。その真意がわからなくても、まずはママからの愛情も言葉にして伝えてあげましょう。

ぎゅっとしてあげる

言葉だけでなく、ハグなどスキンシップで応えてあげると子どもは安心感を得ることができます。大きくなって抱っこをする機会が減っても、時には思い切りぎゅっとしてあげましょう。

ハグは1日何回? どこでする? 子どもとのスキンシップを大調査【HugKumなんでも調査団「めばえ」編】
毎日小さな発見や体験を積み重ねている幼児期の子ども達。喜怒哀楽の感情も豊かな時期で、この時期の子育てを終えた先輩ママ・パパからは「い...

ゆっくり向き合う時間をとる

もしかして淋しい思いをさせているのかな、と不安に思ったときは、お子さんとゆっくり向き合う時間を作りましょう。おやつを食べながら話を聞いてあげたり、絵本を読んであげたり、短時間でもじっくりと一緒に過ごしてあげることが大切です。

ママは素直によろこんでOK。しっかりと応えてあげましょう!

語彙がまだ足らない幼い子どもは、さまざまな感情を「ママ大好き」に集約していることがあります。けれども、「ママが大好き」であることに違いはありません。ママはあまり心配しすぎずに、素直によろこんで、その気持ちにしっかりと応えてあげましょう。

構成・文/羽吹理美

編集部おすすめ

関連記事