ベビープレイマットは必要? マットタイプとジョイントタイプどちらを選ぶ? おすすめ7選

プレイマットは部屋の中における安全なベビースペース確保に便利なアイテムです。産まれたばかりの子どもでも、起きている時間に遊ばせるスペースになるほか、おむつ替えの場所としても活躍します。

成長とともに行動範囲が広がれば、部屋の中でも思わぬ事故や怪我は起こりやすくなることからも、プレイマットは多くのママパパが用意するベビーグッズです。ベビー用プレイマットは、素材や形状などによって使い勝手が異なります。それぞれの違いと特徴に着目し、おすすめのプレイマットを紹介します。

ベビープレイマットの必要性

子どもが生まれる前だと、ベビープレイマットの必要性は想像しにくいものです。多くのママパパが必要と感じる理由はどこにあるのでしょうか。まずは、ベビーマットの利便性と必要性を解説します。

安全なベビースペースの確保

ベビープレイマットは柔らかい素材でできているので、硬いフローリングから子どもを守ってくれます。クッション性のある素材で子どもが歩く音や遊ぶ音を吸収するので、アパートやマンションなどでは近隣に響く音も抑えられて安心です。

大人にとっても、子どもが遊ぶスペースが明確になることで、危険なものをそこから排除しようと意識が働きます。

汚れから守る

フローリングにベビープレイマットを敷くことで、汚れから守る効果があります。子どもを汚れから守るのはもちろんですが、フローリンもグを守ることに繋がります。

子どもを汚れから守る

素足でも歩くフローリングは見えない汚れやウィルスが潜んでいます。小さな子どもは、目に付くもの全てに興味を示して手で触れ、口に入れようともします。

ベビープレイマットを敷くことでフローリングの汚れはもちろんですが、子どもに触れてほしくないものを排除する意識が働くので、部屋中にある汚れから遠ざけられるのです。また、プレイマットが簡単に洗えるものであれば、清潔に保ちやすいメリットもあります。

床を守る

子どもとの生活では、思わぬ傷や汚れが付きものです。たとえば、よだれや吐き戻しで床が汚れてしまうのなどは、子どもが小さいと良くあることです。畳やカーペットのように、簡単に掃除や除菌ができない場合は処理に手間が掛かります。

また、お絵描きで床を汚してしまう、おもちゃを落として床を傷つけてしまうなど、遊びの中で思わぬ傷や汚れを付けてしまうこともあります。プレイマットがあれば、予測できない汚れや傷からフローリングを守れますよ。

ベビー用プレイマットのタイプ

ベビー用のプレイマットは、形状で主に2タイプあります。それぞれの特徴を解説します。

マットタイプ

使いたいときだけプレイマットを出して、不要になったら仕舞っておきたい人に向いています。使わないときは折り畳めますし、場所の移動も簡単です。

フォトジェニックで可愛らしくコンパクトなタイプや、子どもが歩き回れるくらいスペースがある大判のタイプなど、成長に合わせて選べます。産まれたばかりの子ども向けのコンパクトなタイプであれば、丸ごと手洗いできるタイプが多く、お手入れも簡単です。

ジョイントタイプ

汚れたところだけ取り外して洗え、成長に応じてサイズを自由に変えられます。パズルのように組み合わせて使うので、部屋のサイズに応じて調整がしやすいメリットもあります。

おもちゃの型はめパズルになっているものなら、プレイマット自体がおもちゃにもなります。

ジョイントマットの大判サイズで子どものケガの安全対策!おすすめの商品をご紹介
室内でも元気に遊ぶ子どもたち。元気に遊ぶのは良いですが、転んで怪我をしないか心配です。足音も響いてしまい、近所迷惑にならないか気にな...

おすすめのベビープレイマット7選!

マットタイプ、ジョイントタイプそれぞれから、おすすめのベビープレイマットを紹介します。

ブライトスターツ 5-in-1 ヨアウェイ・ボール・プレイジム – Kids II

Kids IIは世界中のママパパから愛されている、アメリカの老舗玩具メーカーです。寝返りができない時期でもメリーのようにおもちゃをぶら下げて遊べ、成長に応じてマットを広げれば101cm×112cmの大判のベビープレイマットになります。

音楽が鳴る機能や、歯固めとして使えるおもちゃが付いているほか、ボールが35個もセットになっているので小さなボールプールとしても楽しめます。

ディズニー ミッキーマウス・イージーストア・プレイマット – Kids II

折り畳みしやすくコンパクトなマットタイプのベビープレイマットなので、使いたい場所まで簡単に持ち運べますし、片付けも楽です。ミッキーマウスの形をしたマットは可愛らしく、女の子・男の子問わず使えます。

フレームを組み立てて付属のおもちゃをぶら下げて遊べますし、もちろんおもちゃは取り外して単体でも遊べますよ。

サニーラグマット フラワー – PUPPAPUPO

花のような可愛いマットタイプのベビープレイマットです。子どもを寝かせると写真映えするマットで、寝相アートや記念日の写真撮影などでも活躍します。

くるくると丸めると、まるで花束のような形状になるので、プレゼントにもぴったりです。そのまま丸洗いもできるので、いつも清潔に保てます。

折り畳み式ベビープレイマット – Takarafune

マットタイプのベビープレイマットです。200cm×180cmの大判で厚さもありますが、1/10まで折り畳めるので使わないときは収納も可能です。

防水性も高く、飲みこぼしなどをしても清潔に保てますし、厚みがある5層構造で耐震性に優れており、集合住宅でも階下への振動を抑えられます。リビングや寝室での利用はもちろん、ピクニックでも使えるので子どもが大きくなっても長く使うことが可能です。

ウッディマット9枚組 – シービージャパン

ジョイントタイプのベビープレイマットです。木目調のデザインはフローリングと調和しやすく、設置したままでもインテリアの邪魔になりません。

傷に強く弾力性の高いEVA素材を採用しており、遮音性にも優れています。汚れてしまったら、その部分だけ取り外して水洗いできるので清潔に保ちやすいです。

ラブラブマット 8枚組 くも – シービージャパン

ポップなカラーがベビースペースを可愛く演出するジョイントタイプのプレイマットです。8枚単位で購入できるので、部屋のサイズに応じて大きさを調整できます。

真ん中の雲の柄は組み替えて配色をアレンジできます。同じ商品でハート柄やクローバー柄もあるので、組み合わせて使うのも楽しいですよ。

やさしいコルクマット 約2畳(36枚入) – 株式会社もしも

コルクを使用したジョイントタイプのプレイマットです。インテリアにもなじみやすいコルクは肌触りも良く適度な吸水性があるため、夏はサラサラで冬は暖かい触り心地です。裏面にはEVA素材を採用しクッション性もあるので安心して利用できます。

少ない枚数から購入で、汚れが取れなくなってしまっても交換可能なので、いつも清潔に保てます。別売りで外枠を用意すれば、ジョイント部の凹凸を隠すことも可能。コルク素材でジョイント部も見えづらく、1枚のマットのように見えるのも嬉しいポイントです。

おしゃれなジョイントマット4選|手軽に模様替えが叶う!
小さなお子さんがいるパパママにおすすめのジョイントマット。転倒時のケガを防止するだけでなく、騒音対策やインテリアとしてもおすすめです...

ベビープレイマットで安心して子どもを遊ばせよう

プレイマットは形状や大きさはもちろん、カラフルで子どもらしいデザインやインテリアと調和しやすいタイプなど、さまざまな種類があります。

子どもを安心して遊ばせてあげるのはもちろん、床の保護や騒音対策など、目的に合わせて使い分けても良いでしょう。ライフスタイルに合わせて、お気に入りのベビープレイマットを探してみてください。

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事