2021は丑年!おもしろさがギューッと詰まった「牛」絵本10選【読書アドバイザー・児玉ひろ美さんセレクト】

あけましておめでとうございます。年が改まり、干支もねずみから牛にバトンタッチしました!今年の干支に親しむべく、読書アドバイザーの児玉ひろ美さんに、牛が登場する絵本を10冊セレクトいただきました。それぞれどれも、のんびりタッチでユーモラス。ご家族で楽しめる絵本ばかりです。

赤ちゃんから楽しめる絵本も!牛が活躍する絵本10冊

『ももんちゃん のっしのっし』 0歳~

とよたかずひこ・作 童心社

ももんちゃんシリーズの4作目。ももんちゃんとうしさんが、のっしのっしおさんぽ。すると金魚さんが「のせて、のせて」とやってきて…。表紙の牛をひくももんちゃんの凛々しいこと!足の裏まで見せて、のっしのっしと歩きます。

『かぁかぁ もうもう』 2歳~

丹治匠・作 こぐま社

「からすのうたはかぁかぁ うしのうたはもうもうもう」テンポの良いにぎやかな掛け合いの絵本です。それでもうるさく感じないのは、絵の持つおおらかなムードゆえなのかもしれません。

『うし』 3歳~

内田麟太郎・詩 高畠純・絵 アリス館

うしがうしろをふりかえったら、うしがいた。そのうしろのうしもうしろをふりかえると、やっぱりうしがいた。どんどん増える牛の大群!果てなし話の展開に、小さなお子さんから、おじいちゃん・おばあちゃんまで、ご家族そろって初笑い!

『モーモーまきばのおきゃくさま』 3歳~

マリー・ホール・エッツ 文・絵 やまのうちきよこ・訳 岩波書店

牧場の牛さんが友だち皆をパーティにご招待。おいしい草を誰かに御馳走したかったのです。でも、皆が草を好きとは限らず…

『うしはどこでも「モ~!」』 4歳~

エレン・スラスキー・ワィンスティーン・作 アンダーソン・ケネス・絵 桂かい枝・訳 鈴木出版

「なあしっている?イギリスのいぬは、『バウワウバウワウ』ってなくねん。スペインは『グァウグァウ』、フランスは…。「けど、うしは…」まあ、驚きの事実です!なんとも牛らしい牛の表紙に、上方落語の洒脱な語りが楽しい。

『くいしんぼうのはなこさん』 4歳~

いしいももこ・文 中谷千代子・絵 福音館書店

子うしのはなこさんは、とてもわがまま。ごちそうばかリ食べ、むくむく大きくなりました。ある日お百姓さんがお芋とカボチャを山ほど積んで持ってくると、ほとんど一人で食べてしまいます。さあたいへん!お腹がアドバルーンのように膨れてしまい…。

『はなのすきなうし』 4歳~

マンロー・リーフ・おはなし 光吉夏弥・訳 岩波書店

子牛のフェルディナンドは、跳ね回るより、草の上にすわって、花のにおいをかぐのが大好きな。それはもう、穏やかな牛です。ところがある日、猛牛と誤解されて闘牛場へ送られてしまいます。

『おりこうなアニカ』 4歳~

エルサ・べスコフ・作 いしいももこ・訳 福音館書店

アニカは小さな女の子。でも自分のことはもちろん、お手伝いだってできます。ある日お母さんに頼まれて一人で牝牛の番をしにいきます。ところが、牝牛は壊れた柵から逃げ出してしまいます。さあたいへん!でも困っているアニカのもとへは親切な犬や小人がやってきて、ちゃんと助けてくれるのです。

『うしとざん』 5歳~

高畠邦生・作 小学館

なんだか少し不思議な作品ですが、理屈抜きで楽しみましょう。「今日はこれからうしに登ります。どのうしにしようかな?」「つかんで ぎゅ! つかんで ぎゅ!」 短い前あしの毛をつかんで登ります。さて、やっとのことで辿り着いたうしの背には…

『ぼくじょうにきてね』 5歳~

星川ひろ子・文 星川治雄・写真 ポプラ社

「あたしのうちはぼくじょう。あのね、きのうのよるこうしがうまれたの」パパの働く姿を見ながら、まどかは牧場の暮らしに少しずつ慣れ、理解してゆきます。一緒に子牛もすくすく育ち、やがて…

教えてくれたのは

児玉ひろ美(こだま・ひろみ)

公立図書館司書とJPIC(*)読書アドバイザーのふたつの立場から子どもの読書推進活動を展開。幼稚園・保育園から中学生まで、お話し会やブックトークの実践とともに、成人への講座や講演は年100回を超える。近年は短期大学にて「児童文化」「絵本論」の講義を担当し、「202120222023年度ブックスタート赤ちゃん絵本 選考委員」でもある。著作に『0~5歳子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』(小学館)等があり、雑誌やWEBでも連載中。

(*)JPIC(ジェイピック):一般社団法人 出版文化産業振興財団

お年玉いくらあげている?相場をアンケート調査!お正月に向けてお年玉の渡し方やマナーもおさらい
お正月に欠かすことのできないものが「お年玉」。子どもの頃はもらうのがうれしくて、お正月と言えば「お年玉」というくらい楽しみな恒例行事でしたが...
「お手玉」遊びは脳の活性化にも!親子で遊びたいおすすめのお手玉を紹介!伝統柄からキュートなものまで
昔の遊びというイメージが強いお手玉。日本では聖徳太子が使っていたと言われており、歴史あるおもちゃのひとつです。時代の変化とともにおも...

編集部おすすめ

関連記事