ごちゃつくルーターやモデムの収納アイデア│イケアやニトリ、無印アイテムが大活躍!

電源コードやネットワークケーブルが絡まったりして、ごちゃごちゃしやすいのが、Wi-Fiルーター(無線ルーター)周辺。今回は、Wi-Fiルーターを収納するときの注意点をチェック!さらにボックス、カゴなどを使った収納アイデアを集めてみました。さらに、おしゃれにWi-Fiルーターを収納できるおすすめアイテムをご紹介します。

ルーターを収納するときの注意点

ルーター、収納
ルーターはどうやって収納するべき?

 

ノートPCなどにケーブルをつながなくても、ワイヤレスでインターネットに接続することができるWi-Fiは、とても便利です。自宅にWi-Fiルーター(無線ルーター)を設置している方はかなり多いのではないでしょうか。

ですがWi-Fiルーター自体には電源コートやネットワークケーブルなどが繋がれているため、部屋の中でどうしてもゴチャゴチャして見えてしまいます。

Wi-Fiルーターをすっきり収納する方法を考えてみましょう。ただ、Wi-Fiルーターならではの注意点がありますので、まずは下記について気をつけてください。

放熱を妨害しない

Wi-Fiルーターは、基本的に24時間365日、電源を入れた状態にしておくものです。そしてWi-Fiルーターは、パソコンと同じ精密機器であり、また電源が入っている状態では常に本体の温度が上がり、熱が放出されています。

精密機器は熱の影響を受けやすく、熱がこもってしまうと機能が低下したり、寿命を縮めてしまうことがあります。また高温状態が続き、一定の温度を超えると、「熱暴走」を起こして、動作が不安定になったり、最悪の場合は故障する可能性もあります。

そのためWi-Fiルーターを収納するときは、箱のように閉じてしまうものに収納するのではなく、適度に隙間をあけて風通しを良くすることが必要です。また電源コードやネットワークケーブルは束ねて収納したくなりますが、強く束ね過ぎると、断線の危険性があるうえに、場合によってはケーブルからの放熱で発火する危険性があります。

床、窓際、隅は避ける

Wi-Fiルーターからは、横方向・上方向などに電波が飛んでいます。部屋のどの場所でも快適にスマホやパソコンを使いたいなら、Wi-Fiルーターの設定場所は部屋の中央がベストです。

しかしこれは現実的ではありません。実際には可能な限り部屋の中央に近くなる壁沿いなどに設置するとよいでしょう。また床に直置きすると、床面で電波が反射してつながりにくくなることもあります。高さ1~2メートルくらいの場所に設置してください。

また前述したように、Wi-Fiルーターは熱を逃すことが大切になるため、窓際や直射日光が当たる場所には置かないようにしてください。

水のそばに置かない

Wi-Fiルーターは精密機器なので、水が苦手です。キッチンや洗面所の近くに置いたり、あるいはWi-Fiルーターの近くに水槽、花瓶などを置くことは避けてください。万一、水漏れして、Wi-Fiルーターが水で濡れてしまうと、故障する可能性があります。

また電波は水に吸収されやすい性質があり、つながりにくくなってしまうことも、水のそばにWi-Fiルーターを置かない理由のひとつです。

電化製品の近くを避ける

家の中には、テレビ、パソコン、電子レンジ、電話機など、さまざまな電化製品があります。そしてそのような電化製品からは、Wi-Fiルーターの電波と似たような電波が出ていて、お互いに打ち消し合ってしまって、Wi-Fiルーターにつながりにくくなってしまうことがあります。

Wi-Fiルーターは電子機器の近くには置かないようにしましょう。特に電子レンジやテレビの近くは避けてください。Bluetooth対応の機器も要注意です。

見えない場所を避ける

ゴチャゴチャしてしまいがちなWi-Fiルーターは、扉の中や家具の下など、目につかない場所にしまいたくなるかもしれません。

でも目の届かない、隠すような場所に置くと、電波が邪魔されて、つながりにくくなることもあります。Wi-Fiルーターを完全に見えない場所に置くことは避けたほうがよいでしょう。

金属の近くを避ける

Wi-Fiルーターから飛ぶ電波は、金属に吸収されたり、遮断されやすい性質があります。

もし部屋の中に金属製の棚や機械などがある場合は、近くにWi-Fiルーターを置くことは避けてください。また金属製のラックやカゴに入れることも避けてください。

PCマイクおすすめ8選! コスパ良し&カンタンUSB接続などをタイプ別に紹介
音声チャットなど、パソコンでの通話をより快適にしてくれるPCマイク。しかしいざ選ぶとなると、形状をはじめさまざまな種類があり、選ぶの...

ルーターの収納アイデア

身近なアイテムを使って、Wi-Fiルーターをすっきり収納する方法はいろいろあります。SNSから見つけた、そんな収納アイデアをご紹介します。

ボックスにまとめて収納

無印良品のポリプロピレンボックスに、Wi-Fiルーターを入れて、見事にスッキリさせた事例です。

床面を掃除しやすいように、ボックスの下部にご自分でキャスターを付けたそうです。白をベースにした部屋の中に、真っ黒なWi-Fiルーターを置くことが何だか気になったそうですが、このボックスのおかげで、Wi-Fiルーターの存在がすっかり消えています。

この投稿をInstagramで見る

 

SHE(@kita__shelf)がシェアした投稿

小物入れのようにかごを使った収納

自宅にあるかごをうまく使うと、中にWi-Fiルーターが入っているとは気づかないほど、部屋になじんで収納できるかもしれません。

この写真では、カウンターデスクのコンセントにつないだ電源コードは、カゴの中に収めています。

この投稿をInstagramで見る

 

maki*(@_moomoo.ushiko_)がシェアした投稿

おしゃれなルーター収納アイテムのおすすめ

収納に便利に使える、おすすめのお役立ちグッズをご紹介しましょう。

ニトリの「バスケット ライラ3」

ニトリの西欧風バスケット。ナチュラル、グレー、ダークブラウンの3色があり、部屋のインテリアに合わせてチョイスできます。別売りでフタもあります。


イケアの「LERBERG(レールベリ)シェルフユニット」

Wi-Fiルーターを隠さず、思い切って見せる収納にするなら、イケアのこんなおしゃれなシェルフはいかが?

インテリア小物と合わせて、ブティック風にWi-Fiルーターを置いてみるといいかもしれません。


無印良品の「ポリプロピレンファイルボックス」

リビングからキッチン、オフィスなど、さまざまな場所の収納で使える、大人気のポリプロピレン ファイルボックス。

上部は開いたままになりますが、すっきりWi-Fiルーターを収納するときに役立ちそうです。


【無印良品】文房具収納のアイディアを紹介!デスク、引き出し、持ち歩きのおすすめ文具も
無印良品の収納用品には、家族や子どもが使う文房具収納に最適なアイテムがたくさん!在宅ワークも増えたいま、机の上や引き出しにある細かい...

Wi-Fiルーターを収納すると良いこといっぱい

そのまま置いただけでは、乱雑で、ゴチャゴチャした雰囲気になってしまうWi-Fiルーターまわり。でもちょっとした工夫をプラスして収納すると、見た目にスッキリして、部屋がきれいに片付き、ルーター周辺の掃除も簡単になるなど、良いことがたくさんあります。

ここで紹介した注意点に気をつけながら、ぜひWi-Fiルーターをオシャレに収納してみてください。

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事