ぷにぷにした葉が愛らしい! 多肉植物の種類と育て方を解説

ぷにぷにとした葉が特徴的な多肉植物。愛らしい見た目で癒し効果があり、人気がある植物です。種類によっては室内で育てることもできるので、インテリアの一部として育てるのもおすすめです。そんな多肉植物の種類や育て方などをご紹介しましょう。

多肉植物とは

多肉植物とは、葉・茎・根に水分を蓄えることができる植物のこと。乾燥に強いので、水が少ない地帯で生息しています。ぷにぷにとした肉厚の葉が特徴です。

あまり手がかからないことから初心者の人でも育てやすく、人気がある植物のひとつ。簡単に入手できるものから入手困難なものまで、種類が非常に多い植物です。

多肉植物の種類

多肉植物は成長する時期によって3種類に分けられます。

成長期以外は休眠期で活動を行いません。自分の選んだ多肉植物がどの種類に当たるかを購入前に必ず確認しておきましょう。

春秋型

春や秋など、穏やかな気候の時期に成長します。真夏や真冬は休眠。
春秋型の多肉植物には、エケベリア、ハオルチア、セダム、センペルビブム、コチレドンなどがあります。

エケベリア

葉が重なり合い、お花のように美しい形が特徴。青みがかったものや赤紫のものなど品種も豊富です。多肉植物の中では比較的育てやすく、人気が高い多肉植物です。

セダム

葉が小さく可愛らしい印象を与えるセダム。日本では野生化している品種もあります。多肉植物特有のぷっくり感を特に感じることができますよ。

夏型

夏に成長し、寒くなると休眠します。冬から早春にかけては室内に置くと良いでしょう。
夏型の多肉植物には、サンセベリア、アガベ、アロエ、ユーフォルビア、カランコエなどがあります。

サンセベリア

丈夫で育てやすいサンセベリア。肉厚で剣状や棒状の葉がすらりと育つのが特徴。可愛らしさよりスタイリッシュさを重視する方におすすめです。

カランコエ

葉がふわふわとしたもの、ギザギザしたものなど種類が豊富。冬に花を咲かせるものが多いです。「幸福を告げる」という素敵な花言葉をもちます。

冬型

冬から春にかけて成長し、夏は休眠します。休眠時期は風通しの良い日陰に置きましょう。冬型の多肉植物にはリトープスやアエオニウム、プレイオスピロスなどがあります。

リトープス

多肉植物の中では変わった生態のリトープス。扁平なぷっくりと球形の葉で、表面の模様が個性的です。まるで小石のような見た目です。

アエオニウム

葉の色の種類が豊富。エケベリアのように葉が重なり合うロゼットが美しいのが特徴です。

多肉植物を育てる上の心得

多肉植物は通常の植物と育て方が大きく異なります。多肉植物を上手に育てるための心得をご紹介しましょう。

水やり

多肉植物は乾燥地帯に生息している植物なので、通常の植物と異なり水をあまり必要としません。

水を与えるのは基本的に成長期のみでOK。水が多いと腐ったりカビが生えたりするため、土が乾いてもすぐに水やりをしない方が良いでしょう。

土だけを見るのではなく、葉も乾燥してシワができてきたら水やりをする適切なタイミング。シワは水を与えればすぐに元に戻るので安心してくださいね。

多肉植物の根は、湿った状態よりも乾燥を好みます。

通常の草花を育てるための土は多肉植物にとっては保水性がよすぎるので必ず多肉植物専用の土を使いましょう。鉢底には鉢底石を入れて水はけをよくしてください。

日当たり

多肉植物は育てる場所も重要です。成長期は日当たりの良い場所に、休眠期は直射日光が当たらない日陰に置きましょう。直接雨が当たらないようにすることも忘れずに。

初心者にもおすすめの多肉植物で部屋にグリーンを|手入れ方法、増やし方、寄せ植えアレンジのまとめ
「多肉植物」は、自宅で手軽にグリーンを楽しみたい人を中心に人気を集めています。一度その魅力に気づくと、多肉植物の虜になる人は少なくあ...

多肉植物を育てるのに必要なもの  おすすめ4選

サボテン・多肉用植物の土 – プロトリーフ


植物にとって理想的な物理性と化学性を実現した培養土。適度な水もちで、初期育成を助ける栄養素入りです。サボテン・多肉植物にはこの土だけでOK!プロトリーフは園芸用土を数多く展開しているメーカーです。

Pon – 大和プラスチック


ガラスのような質感とシンプルデザインのミニポット。多肉植物やミニ観葉植物を手軽に楽しめる人気アイテムです。レッド、ローズ、イエロー、グリーン、ホワイト、グレーとカラーの数が豊富!部屋の雰囲気やお好みに合わせて選んでみてくださいね。

きれいな鉢底石 – 花ごころ


ガラスを高温で発砲させた純白で清潔な人口の軽石、ホワイトストーン。硬質で崩れにくいので通気性と排気性を高めてくれます。植物が根から養分、水分を吸収しやすいように働きます。鉢底石はできるだけ平らに置くようにしましょう。底アミ付きなのが嬉しいポイント。

プロが教える!多肉植物の育て方・楽しみ方 図鑑 – 西東社


初めて多肉植物を育てる方からベテランの方まで幅広く満足できる多肉植物図鑑の決定版!
用土・肥料の選び方、水やりの方法、置き場所、夏越し・冬越しの注意、病害虫対策、ふやし方、植え替え・仕立てなおしの方法など、多肉植物を栽培するのに役立つ知識が満載です。それぞれの特長や育て方のポイントが記載されているのも嬉しい!また、科別、属別で似た種類をまとめて掲載してくれているので、名前が分からない種類を調べる際に便利です。年間の管理や作業が分かるカレンダー付き。

おすすめの多肉植物  おすすめ4選

コチレドン クマドウジ(熊童子)2.5号(1鉢) – charm


ぷっくりとした肉厚の葉と先端部の突起状の様子が小熊の手に見えることから「クマドウジ」と名付けられました。南アフリカ原産の多肉植物です。主な開花期は10~12月。日当りの良い室内で管理してください。春秋型なので、春と秋に生長し、夏と冬に休眠します。気温の低い11~2月頃、気温の高い7~9月頃は水を1ヶ月に1~2回程度与えるだけでOK。成長期の3~6月頃と9~11月頃は鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。

品種系ハオルチア厳選種 品種おまかせ3号(1鉢) – charm


ハオルチアは葉の表面に細かいうぶげが生えており、とても愛らしい姿から多肉植物の中で特に人気があります。 強い光を嫌うので、年間を通して直射日光の当らない場所で管理しましょう。

多肉植物「寄せ植え3個セット」- 日比谷花壇


飾るスペースを選ばない可愛らしい素焼き鉢には多肉植物が寄せ植えしてあります。それぞれの鉢が5種類以上の寄せ植えで、品種はおまかせ。3個セットになっており、3個並べて飾ったり家のさまざまな場所に分けて飾ったり、いろいろな楽しみ方ができます。水はけが良い穴あり素焼き鉢なので、初心者でも比較的簡単に育てることができますよ。水こぼれ防止に役立つお皿は鉢に合わせた素焼き皿です。プレゼントにもおすすめ。

エケベリアファンクイーン – 季の香


多肉植物の中では珍しい透明感のある葉が特徴のファンクイーンです。春秋型なので、冬の間は成長が止まります。花のような形状をしている葉がとても可愛らしいですよ。

お気に入りの多肉植物を見つけて育てよう

多肉植物は種類が非常に豊富。比較的手間がかからない植物なので、初心者の方でも安心して育てることができますよ。種類によって活動する時期や育て方が異なりますので、必ず事前に確認するようにしましょう。お気に入りの多肉植物を見つけて、多肉植物のある暮らしを楽しんでみてくださいね。

観葉植物の種類や名前図鑑│初心者向けのおしゃれなものや、大きい・ミニサイズ・木の種類のおすすめ
観葉植物は、お部屋を明るい雰囲気にしてくれるのはもちろん、癒し効果や育てる楽しみもあります。しかし、種類が豊富なため、どれを選んだらいいのか...

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事