離乳食にオクラはOK?いつから?下処理方法と簡単レシピを離乳食インストラクターが伝授!

オクラは下処理さえすれば離乳食向きの食材です!

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。「離乳食にオクラって使ってもいいんだ!」私の離乳食教室ではよくオクラメニューを取り入れて離乳食を作っているのですが、ママさんたちから驚きの声を度々ききます。オクラを離乳食に取り入れるときは、普段大人メニューではしない下処理をします。今日はそんなオクラを使った離乳食のことをお話します。

離乳食でオクラはいつから食べていいの?

離乳食中期の7~8カ月頃からがおすすめ

赤ちゃんがオクラを食べられるようになるのは、離乳食中期の7~8カ月頃からがおすすめです。オクラを離乳食に取り入れるときにしてほしい下処理は、

  • 少量の塩を振ってまな板で板ずりして毛を取って流水で洗い流す
  • 額を取り、縦半分に切って種を取り除く

板ずりは大人もしますが、種を取ることはしませんよね。赤ちゃんにとって種は食べにくく、消化に悪いので離乳食期は取り除くようにしましょう。この下処理が終了したら離乳食づくりがスタートです。

 

オクラアレルギーってあるの?

ねばねばで口の周りや口の中が痒くなることも

オクラのアレルギーはあまり聞き慣れないと思いますが、ゼロではないようです。オクラの持っているねばねばで口の周りや口の中が痒くなることもあるようです。赤ちゃんがオクラを食べて痒そうな仕草をしている場合は、医師に相談してみましょう。

 

オクラをつかった離乳食レシピを時期別に教えて!

離乳食中期・ささみとオクラのスープ

オクラのとろみでささみが食べやすくなる煮物です

<材料>

鶏ささみ 10g

オクラ 1本(10g)

にんじん 10g

かつお昆布だし 150ml

<作り方>

・鶏ささみは筋をとる

・オクラは板ずりして、額を取り、縦半分に切って種を取り除く

・にんじんは煮やすい大きさに切る

1.かつお昆布だしににんじん、オクラ、鶏ささみを入れて煮る

2.それぞれ火が通ったらみじん切りにする

3.鍋に戻してひと煮立ちさせる

 

離乳食後期・湯豆腐のオクラソース

普段の湯豆腐にオクラをかけるだけでおいしさアップ!

<材料>

木綿豆腐 25g

しらす 5g

オクラ 15g

かつお昆布だし 100ml

<作り方>

・木綿豆腐は5㎜角に切る

・しらすは湯がいて塩抜きしてみじん切りする

・オクラは板ずりして、額を取り、縦半分に切って種を取り除く

1.かつお昆布だしでオクラを煮てやわらかくなったらみじん切りする

2.1のだしを30mlにしてオクラとしらすを少し煮る

3.豆腐を湯がいて湯切りし、器に入れて、2のソースをかける

 

離乳食完了期・肉そぼろのねばねば丼

色とりどりの野菜たっぷりのどんぶりです。

<材料>

普通飯 80g

鶏ひき肉 15g

オクラ 15g

玉ねぎ 15g

にんじん 15g

かつお昆布だし 150ml

しょう油 0.5ml

<作り方>

・オクラは板ずりして、額を取り、縦半分に切って種を取り除く

・玉ねぎ、にんじんは1㎝の長さの千切り

1.かつお昆布だしで、にんじんと玉ねぎを煮てやわらかくなったら取り出す

2.1の煮汁でオクラを煮て、いったん取り出し細かく刻む

3.2の煮汁で鶏ひき肉とオクラを煮て、しょう油で風味をつける

4.ご飯の上に具材を全てのせる

 

オクラの保存方法教えて!

オクラを保存するときは、下処理を終え月齢に合わせて切ってから保存します。1回分の小分けにして保存すると使いやすいですよ。

 

オクラを入れるととろみがつくので食べやすく、彩も良くなります。普段片栗粉を使っているとろみ料理に、片栗粉の代わりにオクラを使ってもいいですね。いろいろな離乳食メニューに取り入れてみて下さいね。

 

文/中田 馨(なかた かおり)

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在13歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、20年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで2500人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

編集部おすすめ

関連記事