離乳食でコーンフレークは食べさせていい?選び方、量やレシピを解説!

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。今日はコーンフレークを使った離乳食がテーマ。コーンフレークを離乳食に使えると、手軽な朝食が準備できそう!ということで、重宝しそうなのですが、赤ちゃんに与えるときはルールを守ることが必要です。ということで、コーンフレークを離乳食に使うときの注意点やおすすめの食べ方を紹介します。

コーンフレークはいつから食べさせる?

コーンフレークは離乳食中期(7カ月~8カ月)から食べることができます。しかし、プレーンのコーンフレークだからといって、たくさん食べていいというわけではありません。プレーンのコーンフレークには塩分が含まれていますので、与えすぎは注意です。

離乳食で食べられるコーンフレークの選び方を教えて!

離乳食期のコーンフレーク選びのポイントは「味がついていないプレーンタイプ」を選ぶことです。砂糖やチョコレートがコーティングされているものは、赤ちゃんにとって濃い味付けで、内臓への負担も心配です。フロストは甘みがあり、玄米フレークは玄米が消化に悪いので避けたほうがいいでしょう。これらは幼児期後半からでも遅くはないかと思います。

コーンフレークの原料

コーンフレークとは、粗くひいたトウモロコシの粉に、麦芽、砂糖などを混ぜて加熱し、圧力を加えて焼き上げたもの。そのまま食べると香ばしい味ですが、メーカーによって、塩分、砂糖やビタミン、ミネラルなどの栄養素を加えていますので、原材料はしっかり確認が必要です。

アレルギーは?

また、コーンはアレルギー27品目には入っていませんが、穀物なのでまれにアレルギーがみられることも。初めて食べさせるときは少量から、が基本です。

 

離乳食で食べられるコーンフレークの量

離乳食各時期に赤ちゃんが食べてもいい目安量は

・中期 5g

・後期 15g

・完了期 30g

そんなに多くは食べられません。

 

離乳食で食べられるコーンフレークのおすすめの食べ方

コーンフレークを離乳食の主食として食べられないことが分かりました。では、どんな食べ方があるでしょう?

・コーンフレークヨーグルト

コーンフレークをバナナと混ぜてヨーグルトと一緒にいただきます。

<材料>

コーンフレーク 5g

プレーンヨーグルト 20g

バナナ 20g

<作り方>

1.コーンフレークをすり鉢で細かくつぶし、バナナも潰して滑らかにする

2.プレーンヨーグルトの上にのせる

 

朝食やおやつの一品に、コーンフレークを使ってみてくださいね!

 

 

文/中田 馨(なかた かおり)

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在13歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、20年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで2500人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

編集部おすすめ

関連記事