茹でたそうめんは冷凍OK? 余ったそうめんを冷凍保存で時短♪ 美味しい解凍方法&食べ方レシピをご紹介

夏になると食卓に出てくる回数がグンと増える「そうめん」。ツルッとした喉越しで、暑い夏でも食べやすく「ついつい茹ですぎて、余ってしまった…」なんてことはありませんか? そんな余りがちな「そうめん」の冷凍保存についてご紹介していきます!

茹でたそうめんは冷凍保存が可能!

余ったそうめんを捨てたりしていませんか?  茹でたそうめんは冷凍することが可能なんですよ。

そうめんを冷凍するメリットは?

・冷蔵保存より長期保存が可能

茹でたそうめんを冷蔵保存した場合、保存期間は2日ほど。それに比べると冷凍することで保存期間が長くなります。

・時短調理が可能

そうめんを冷凍する時は、茹でてから冷凍します。そのため、時短調理が可能。暑い日は、なるべく火を使う調理はしたくないですよね。そんな時に冷凍そうめんを使うと、火を使う時間を短くできますよ。

冷凍した場合の保存期間

茹でたそうめんを冷凍した場合、約2〜3週間の保存が可能。しかし、時間と共に味や食感は落ちていきます。なるべく早く食べるようにしてください。

そうめんを冷凍する時の注意点

・しっかり水気を切る

水分が多く残っていると、冷凍、解凍、調理した時に味や食感が落ちる原因になります。そうめんが潰れない程度に、しっかり水気を切りましょう。

・茹でたらなるべく早く冷凍保存する

一度、火を通したらそうめんは時間が経つごとに伸びて、コシのない食感になります。冷凍するとさらに食感は落ちるので、茹でたそうめんはなるべく早く冷凍してください。

なぜ茹でたそうめんは、しばらくすると固まりになるの?

「茹でたそうめんをしばらく置いていたら、くっついて固まりになっていた!」なんていうことはありませんか?  それは、デンプンによるもの。そうめんを茹でると、そうめんの原料である小麦粉のデンプンが溶け出します。溶け出したデンプンがそうめんの表面に付き、糊のような働きをするため、そうめん同士がくっついて固まりになるのです。

茹でたそうめんが固まらないコツ!

・多めのお湯で茹でる

たっぷりのお湯で茹でることで、そうめんに必要以上のデンプンが残りにくくなります。そして、表示時間より30秒ほど短めに茹でるのもポイントですよ。

・しっかり冷水で揉み洗いする

茹であがったそうめんは、しっかり冷水で揉み洗いをしましょう。そうすることで、そうめんの表面に付いているデンプンを洗い流すことができます。

 

・ザルにドーナッツ状にして水気を切る

水気を切る際、そうめんをバサっと固まりでザルに入れてしまうと、真ん中にデンプンや水分が溜まってしまいます。そうめんをザルにあげる際は、ドーナッツ状にして入れると水捌けも良く固まりになりにくいですよ。

そうめんを冷凍保存する方法

余ってしまったそうめんを捨てるのはもったいない!  そんな時のそうめんを冷凍保存する方法をご紹介していきます。

用意するもの

・フリーザーバッグ
・金属製のトレー(なくてもOK)
・ザル

手順1

茹でたそうめんは、ザルにあげてしっかり水気を切っておきましょう。そうめんが潰れない程度にきつく絞ってください。

手順2

しっかり水気を切ったら、一食ごとに小分けにし、なるべく平たくなるようにフリーザーバッグに入れましょう。この時、フリーザーバッグの空気は抜かず、空気が入った状態で冷凍します。冷凍庫に入れる際、金属製のトレーに乗せると急速冷凍ができ、鮮度が保ちやすいですよ。

手順3

ある程度、そうめんが冷凍できたらフリーザーバッグ内の空気をしっかり抜いて、再度冷凍します。

冷凍そうめんの解凍方法

冷凍したそうめんは、サッと湯通しすると簡単に解凍することができます。電子レンジや自然解凍はおすすめできません。そうめん同士がくっついたり、食感が悪くなるからです。冷凍そうめんの解凍はサッと湯通ししましょう。また、冷凍したそうめんはどうしても食感が落ちます。食べ方は、冷やしそうめんとして食べるよりも、煮麺やチャンプルーなど加熱調理してから食べるのがおすすめです。

楽しい!流しそうめん機おすすめ8選|種類と選び方を解説
清涼感たっぷりの流しそうめんは、食欲が落ちる暑い季節にぴったりです。流しそうめん機は「スライダー型」と「回転型」の2タイプがあり、それぞれに...

冷凍そうめんを使ったレシピ

冷凍そうめんを使った、お弁当レシピなどをご紹介。忙しい日のメニューにいかがでしょうか?

開けて嬉しいぶっかけそうめん弁当

【材料】(各、適量でご用意ください)

・冷凍そうめん
・めんつゆ
・きゅうり
・カニカマ
・錦糸卵
・ハム
・プチトマト

〈用意するもの〉

・フードコンテナ
・タレ入れ(なければ300㎖のペットボトルでもOK)

〈下準備〉

めんつゆは、タレビンなどに入れて冷凍しておきます。錦糸卵を作り、各具材を食べやすい大きさに切っておきましょう。

〈作り方〉

1、冷凍そうめんは、サッとお湯で湯がき、水気をしっかり切ります。そうめんをフォークとスプーンを使って一口サイズごとにフードコンテナに詰めると食べやすいですよ。この時、食中毒防止のためにも、そうめんの水気はしっかり切り、そうめんをまとめる際は、なるべく手をつかわないようにしましょう。

 

2、そうめんの上に具材をのせたら完成です!

ランチバッグは保冷機能のあるものを選びましょう。めんつゆを冷凍させておくことで保冷剤の役割をしますが、一応、プラスで保冷剤を入れておくことをおすすめします。

一皿で大満足!そうめんチャンプルー

【材料(2人分)】

・冷凍そうめん …100g
・にんじん …1/4本
・ニラ …1束
・豚バラ肉 …100g
・卵 …2個
・サラダ油 …大さじ1
・白だし …大さじ3
・ごま油 …大さじ1
・塩、胡椒 …適量

〈下準備〉

冷凍そうめんは、サッとお湯で湯がいて解凍し、しっかり水気を切っておきましょう。豚バラ肉、野菜類は食べやすい大きさにカット。卵は溶いておきます。

〈作り方〉

1、温まったフライパンに油をひき、溶いた卵を入れ炒めます。半熟に炒まったところで火を止め、一度お皿に取り出します。

2、フライパンにごま油をひき、豚バラ肉、にんじん、ニラを炒め、火が通ったら、そうめんと卵を入れます。

3、そうめんがほぐれたら、白だしを入れ、味が全体に馴染むように炒めます。塩胡椒で味を整えれば完成!

そうめんレシピ18選|子どもも喜ぶ簡単な冬にぴったりの温かい/夏におすすめの冷たいそうめん人気レシピ集
夏に余ってしまったそうめん、ありませんか?そうめんで簡単に作れる、子どもが喜ぶレシピ集をお届けします。秋冬でも美味しく食べれる温かいそうめん...

余ったそうめんは冷凍でフードロスをなくそう

余りがちな茹でたそうめんも冷凍できることがわかりました。これで、「食べきれなかったそうめんを処分しないといけない」と、いうこともなくなりますよ。また、冷凍したそうめんを上手く活用して、毎日の献立にお役立てください。

 

構成・文・撮影(一部を除く)/松田慶子(京都メディアライン)

編集部おすすめ

関連記事