【名づけ】「天」の意味は空だけじゃない! 多彩な「天」を使った名前をご紹介

この記事では「天」という漢字の成り立ちや由来、「天」を使った名前のイメージや、おすすめの名前候補まで幅広く解説します。 お子さんの名付けで「天」が気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

天空、天気など日常でもよく目にする「天」。どこまでも広がる大空や、天井など高い位置にあるイメージがある漢字ですが、名前に用いた場合はどんな意味やイメージを持つのでしょうか。

「天」の成り立ちと由来

人を正面から見た象形文字が「大」であり、「大」にさらに大きな頭を付けた象形文字が「天」です。「天」はもともとは人の大きな頭を指す字でした。

人体で一番高い部分にある頭を指す意味が派生して、空を「天」とも言いあらわすようになり、現在でも同様の意味で使われています。

参考:JapanKnowledge

「天」が意味するもの

「天」の由来が分かったところで、意味をさらに掘り下げて見てみましょう。

参考:mojinavi

天空といった言葉があるように、「天」は頭上に広がる空を指します。特に、天候や晴天、雨天など空模様を指すことが多いのも特徴です。

最も高い部分

「天」は人体から建物、地位まで幅広く最も高い部分を指す言葉です。例えば、脳天なら頭のてっぺん、天井は建物の上部分、また大変高い身分にある人のことを天上人と呼びあらわすこともあります。

大自然

天然、天災、自然で採れたものをあらわす天産物など、「天」は大自然を指すこともあります。人の手が入らない、人が操れない事象として「天」が用いられることも少なくありません。

世界、宇宙

「天」の持つ意味には、世界丸ごとといったものもあります。天と地を合わせた天地は世界そのものを、また世界を支配下に置く意味の「天下を取る」といった表現もよく知られていますね。さらに「天」は天体や天文など、宇宙を指すことも。広大なスケールを想起させるのが「天」の特徴の一つです。

生まれながらに持っている能力

天才、天性、天職、天賦の才能など、「天」は生まれながらに持っている能力を指す言葉でもあります。後述しますが、名前に用いるときも込めやすい意味の一つです。

運命、巡りあわせ

天運や天の采配といった表現があるように、「天」は人の運命をあらわす熟語にもよく用いられる漢字です。

神、神々の住む場所

「天」は天罰、天の啓示など、神を指す言葉でもあります。国の統治者=神とされていた時代には統治者その人を指すこともありました。また、天界や天国など神々の住む場所を指したり、仏教の守護神の帝釈天、弁財天、毘沙門天など名称に天が付く神がいたりと神仏にも縁が深い漢字です。

「天」を使った名前のイメージ

「天」の字が入った名前には、どんなイメージが付くのでしょうか。次から詳しく解説していきます。

広く寛大な心

どこまでも広がる空を指す「天」は、名前に用いれば大空のような広い心を持つ人といった意味が込められます。

才能に恵まれた人

生まれながらに能力に恵まれることを指すことから、才能豊かな人という意味を込めることもできます。また、「天」は最も高い部分を指すことから、携わる分野でトップに立つ人、頂点に上り詰める人といった意味にもなりますよ。

恵みをもたらす人

「天」は大自然を指す言葉でもあることから、周囲に実りや恵みをもたらすことができるようになってほしいという願いが込められます。

無限の可能性を持つ人

世界や宇宙を指す「天」を使った名前には、無限の可能性を秘めた人、伸びしろがとても大きい人といった意味も込められます。

良い巡り合わせに恵まれる

「天」は運命をあらわすことから、良い縁や巡り合わせに恵まれるようにという願いを込めて名前に使うことも。また、先述のように神仏を指す言葉でもあるので、信仰対象の加護がありますように、という祈りも込められます。

令和生まれの赤ちゃんの名づけの傾向分析!キラキラネームには半数が批判的!グローバルに通用する名前は?
令和元年の生まれた赤ちゃんは、新しい元号にまつわる名前の子が多いのでしょうか?ベビー&子ども服ブランドの「ミキハウス」が会員に行った<子ども...

「天」を使った女の子の名前おすすめ5選!

それでは「天」を使った女の子の名前を紹介していきます。

参考:赤ちゃん命名ガイド

天(てん、そら)

1文字の名前は、シンプルで中性的、おしゃれな印象から近年人気の名づけ方です。「天」が持つさまざまなポジティブな意味を込められます。

天音(あまね)

名づけにおける「音」には、音楽の才能や人を楽しませる能力に秀でた人といった意味が込められます。天音は、音楽や芸事の才能に恵まれますように、人の心を明るくする能力を持てますようにという願いが込められる名前です。

海天(みそら)

名前では穏やかさや心の広さをあらわす「海」。海天という名前には、人を包み込むような広く暖かい心を持つ人になってほしいという願いが込められます。

天梨(あめり、てんり)

「梨」の花言葉は博愛、愛情。また梨は果実であることから、名前でも実り豊かなイメージが込められます。愛情にあふれた人柄や、実りのある人生をお子さんに願う方には天梨という名前もおすすめです。

天乃(あめの、あまの、たかの)

乃は女の子の名前に人気の止め字で、しなやかな美しさをあらわす漢字です。天乃という名前には、良い縁に恵まれ、人と助け合う心を持ってほしいという願いが込められます。

「天」を使った男の子の名前おすすめ5選!

次に「天」を使った男の子の名前の紹介です。

参考:赤ちゃん命名ガイド

天広(たかひろ、あまひろ)

日常でもよく使う「広」は、名前でも心の広さ、器の大きさといった意味を持ちます。天広という名前には、大空のように広い心、無限の可能性を持つ人になってほしいという願いが込められます。

天秋(たかあき)

美しく、実り多い季節の秋。名付けにおいても、成果が得られますように、豊かな人生でありますようにといった願いが込められる漢字です。
天秋は、秋の空のように人の心を打つ心身の美しさ、実り豊かな人生に、といった意味が込められる名前です。

天志(たかし)

男の子の名付けで人気の漢字が「志」という漢字です。天志という名前には、志高く、聡明で情熱にあふれた人になってほしいという願いが込められます。

博天(ひろたか)

努力する、学を積むといった意味の「博」。博天という名前には、物事を極めるまでコツコツと努力を積み重ねる人になってほしいという願いが込められます。

押さえておきたい名付けのポイント

最後に、赤ちゃんの名前を考えるときのポイントや注意点について解説していきます。

名前の響き

名付けにおいて響きは、字画や意味と同じくらい重視すべきポイントです。名前は声に出して呼び合うものなので、耳で聞いたときの印象もその人のイメージを大きく左右します。

「天」にもさまざまな読み方があるので、同じ漢字でもいくつか読みの候補ができることも。他の読みの名前と迷っているときは、名前を声に出してみて、耳から入るイメージで判断するのがおすすめです。

漢字の意味

同じ「天」を使った漢字でも、組み合わせる漢字によって名前の印象や意味に大きく違いが出るものです。お子さんに願う人物像や人生など、ママパパの思いにふさわしい漢字を選んでみましょう。

姓名判断

名前の字画からその人の性格や運命を占う姓名判断は、日本でもポピュラーな名付け方法の一つです。気にしすぎる必要はありませんが、いくつかの名前候補で迷ったときなどは、姓名判断の結果を判断材料の一つとしても良いでしょう。

姓名判断は、手軽なものはWebサイトで簡単に占えます。専門家の意見が聞きたければ、神社やお寺に出向いて相談してみるのがおすすめです。

【赤ちゃんの名前】画数にはどんな意味があるの? おすすめの姓名判断本も!
名づけに姓名判断って必要? 赤ちゃんの名前を考えるときは、画数を気にすべきかどうか迷いますよね。名前の画数には吉数や凶数があり、それによっ...

広大なイメージの「天」を名前候補に!

頭上に広がる天空を眺めるとき、人は晴れやかな気持ちになります。広大なイメージを与えられる「天」は、無限の可能性を秘めたお子さんにふさわしい漢字です。
今回解説した内容を踏まえて、「天」をぜひとも名前候補に入れてみてはいかがでしょうか。

※ HugKum の記事から「名付け」に関する記事をピックアップしました。参考にしてみてください。記事はこちら

【名づけ】古風で美しい名前「さくら」を徹底解説!「桜」以外に使える漢字は?
明治安田生命が毎年発表する名前ランキングで、女の子部門22位にランクインしたのがひらがなの名前「さくら」です。人気なのは読みだけでなく、「桜...

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事