離乳食初期から食べられるほうれん草。初期、中期、後期別レシピと、下ごしらえ・保存法について

離乳食のほうれん草はいつから食べてOK?

葉の部分は初期から、茎の部分は繊維が多いので後期になったら、葉も茎も良く茹でて食べるようにしましょう。ほうれん草は旬は冬ですが、今は年中流通しているので使いやすい食材です。青菜の中でも鉄分が多く、ビタミンやミネラルも豊富なので、離乳食として取り入れたい食材です。動物性たんぱく質と一緒に摂ると、吸収がアップします。ほうれん草のシュウ酸は、えぐみの原因になりますので茹でてから水にさらすなどのアク抜きをしてから調理しましょう 

 ほうれん草の下ごしらえ、保存法について

ほうれん草の下ごしらえについて

ほうれん草は根元の部分に土やほこりが付着しているので根元を水の中でよく振り洗いしてから使います。

あく抜きの仕方

ほうれん草を熱湯でやわらかくなるまで茹でて流水さらし、アク抜きをします。 アク抜きを忘れるとえぐみが出るので再度加熱して水にさらします。 

電子レンジで悪を抜く場合は、離乳食に使うの部分をラップで包んで1分半加熱して水にさらします。 

ほうれん草の冷凍保存について

保存方法はアク抜きしたものをラップに包んでそのまま冷凍します。使用するときに凍ったままの状態ですりおろすと細かくなるので使いやすく、すりおろしたものに水を軽く振り電子レンジで加熱するだけで、簡単にペースト状になります。 

 

 ほうれん草を使った離乳食初期のすすめ方

 <離乳食初期のレシピ> ほうれん草のペースト

茹でたら水にさらしてあくを取ります。ペースト状にするときは、野菜スープを少量加えるとまとまりやすくなります。

材料(1食分)

ほうれん草 15g

野菜スープ

作り方

1. 沸騰したお湯にほうれん草の葉の部分を1分ほど茹で、水にとりあくをのぞきます。

●冷凍保存はペースト状にせず、この状態のもので保存します。水気を切り、ラップで包み、冷凍保存期間は3日程度とします。

 

2. 水にさらしたほうれん草をすり鉢ですり下ろします。野菜スープを加えるとペースト状にまとめやすくなります。

 

3,繊維が気になるときは、ブレンダーを使うとより細かくすることができます。

離乳食の出汁(だし)の基本。初期から使える万能かつお、干ししいたけ昆布、野菜だし
離乳食のだしはいつから使っていい? 出汁を使う第一の理由は、出汁に含まれた栄養を摂ることもありますが、やはり味にアクセントをつけて、より食...

 

 <離乳食中期のレシピ> ほうれん草の白和え

冷凍のほうれん草を使うので簡単!最後に入れるしょうゆはほんの香りづけに。

材料(1食分)

冷凍ほうれん草 15g

にんじんのみじん切り 10g

豆腐 1/6丁

かつお出汁 小さじ1杯

しょうゆ 少々

作り方

1. 鍋に豆腐、にんじん、ほうれん草を入れ、火を通します。

 

2. 豆腐を裏ごしし、なめらかになったら1の材料を混ぜ合わせ、香りづけにしょうゆを数滴入れます。

3.お皿に盛り付け、できあがり。

 

 <離乳食後期のレシピ> ほうれん草じゃがいものコーンソテー

固さ、大きさが異なる食材を使ったソテー。味付けはバターの塩気だけ。完了食としてもずっと食べられます。

材料(1食分)

ほうれん草 15g

じゃがいも 20g

コーン 大さじ1

バター 5g

作り方

1. 茹でたほうれん草はみじん切り、細切りにしたじゃがいもは茹でて柔らかくして、コーンは缶の汁を除きます。

 

2. フライパンにバターを溶かし、1を入れます。すべて火が通っているので、バターが食材に行きわたり、いい香りが立ってきたら火を止めます。

3.お皿に盛り付け、できあがり。

 

レシピ:野村泉先生<栄養士・幼児食アドバイザー>

病院内にて妊産婦・乳幼児の栄養指導に従事。東京・小金井市のもぐもぐ子ども調理室にてレシピ監修、講義サポート、離乳食・幼児食講座を担当。

 

構成/HugKum編集部 写真/田中麻衣

編集部おすすめ

関連記事