離乳食のみかんはいつから?初期・中期・後期の時期別レシピと薄皮の処理や冷凍保存

風邪予防にも効果があると言われるビタミンCが豊富なみかん。旬にはできるだけ離乳食にもできるだけ取り入れたいですね。デザートだけでなくサラダにしてもさっぱりといただけます。

離乳食でみかんはいつから食べられる?

みかん果汁は酸味があるため湯冷ましで薄めて使います 初期から使えますが果汁の与えすぎ注意します。赤ちゃんは甘みを好むのでアクセントに使うなどお試し程度に使用しましょう 

吐き気がある場合には与えないようにしてくださいまた食物繊維も多いため、下痢の時も控えましょう 

みかんの下ごしらえ、保存方法について

【下ごしらえ】

薄皮の処理

薄皮は残りやすいので取り除きます。ひとなるべく筋を取り除いてから、中心に切れ目をいれて片面ずつ皮をむくときれいに剥けます。 

1歳ころまでは薄皮を取り除いたものを食べるようにします。手づかみ食べも、丸呑みには気を付けましょう。

缶詰のみかんの使い方

甘みが強いので離乳食にはシロップを水洗いしてから使います。 皮もむけているのですりつぶしたり、ヨーグルトなどに加えても使いやすいです。 

酸味が強いときは

野菜の甘みと合わせて和らげます。かぼちゃや人参など相性いいでしょう。  

【冷凍・保存方法】

そのまま丸ごと冷凍してもいいですが使う分だけひと房ずつ冷凍するとうす皮もむきやすくなります。 

 離乳食初期|みかんのレシピ

 みかん果汁

離乳食初期は既製品のジュースより、搾りたてのフレッシュな果汁を飲ませてあげたいですね。

◆材料(1食分)

みかん(皮をむいたもの) 10g

お湯 大さじ2

◆作り方

1. 薄皮をむいたみかんをすり鉢ですりつぶします。お湯大さじ2を加え、とろとろになるよう混ぜたらできあがり。

 

 

水分補給にも、ちょっとしたデザートとしても。深めな器に入れて口をつけてそのまま飲むこともできます。

 

 離乳食中期|みかんのレシピ

みかんのサラダ

みかんの果汁たっぷりでさわやかなサラダ。みかんとみじん切りにした野菜の食感の違いをそれぞれ楽しめます。

◆材料(1食分)

みかん(皮をむいたもの) 30g

きゅうり 10g

キャベツ 10g

◆作り方

1. きゅうりは皮をむきみじん切りに、キャベツも細かく刻み、レンジで1分加熱します。

 

2. 1にみかんとみかん果汁を加え、混ぜ合わせたらできあがり。

 

 離乳食後期|みかんのレシピ

みかんゼリー

茹でたブロッコリーとにんじんは舌でつぶせるくらいの柔らかさに。おかかであえてうまみが増します。

◆材料(1食分)

みかん3房

みかん果汁 100mL

すり下ろしにんじん 5g

粉寒天 小さじ1/4

水 100mL

◆作り方

1. 粉寒天と水を一緒にしっかり煮詰めます。

 

2. みかんは薄皮をむき、にんじんはすり下ろします。

3. 火を止めてみかん果汁、砂糖小さじ1/2、2を加えてよく混ぜ、型に入れて冷蔵庫で冷やします。

 

4. ゼリーが固まったら型から外してできあがり。

 

 

レシピ:野村泉先生<栄養士・幼児食アドバイザー>

病院内にて妊産婦・乳幼児の栄養指導に従事。東京・小金井市のもぐもぐ子ども調理室にてレシピ監修、講義サポート、離乳食・幼児食講座を担当。

 

構成/HugKum編集部 写真/田中麻衣

編集部おすすめ

関連記事