電子辞書ケースは必要? 種類や選び方、あると安心のおすすめ商品をご紹介!

学校や職場で使うことの多い電子辞書。ケースを付けたいと思っている人もいるのではないでしょうか。電子辞書ケースは電子辞書を守り収納するアイテムです。ここでは電子辞書ケースの必要性や選び方、おすすめの商品をご紹介します。

電子辞書ケースの必要性

電子辞書のケースは必要なのかと疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。電子辞書ケースは必ず必要とは言い切れませんが、永く大切に使いたい人にはおすすめのグッズです。特に、お子さんが持つならぜひ用意しておきたいところですね。

ここでは電子辞書にケースを付けた場合のメリット・デメリットをご紹介します。自分に必要かどうかチェックしてみてくださいね。

電子辞書ケースのメリット

電子辞書にケースを付けたときのメリットをご紹介します。

衝撃緩和

電子辞書は精密機器のため、衝撃や落下に弱いという特性があります。万が一落としたりぶつけたりしたときに、カバーがあれば内部のデータを守れる可能性が高くなります。自転車を使う人は揺れや振動も気になります。衝撃を緩和するためにも、ケースを付けることをおすすめします。

表面の保護

ケースがあれば表面がむき出しにならず、傷が付きにくくなります。新しく買ったときにケースを付ければ、きれいな状態を保てますよ。バッグの中で傷が付くことも多いので、持ち運ぶ機会が多い人はチェックしてみてくださいね。

人と被らない

電子辞書ケースはさまざまな色やデザインのものが発売されています。同じ電子辞書を使っている人がいても、ケースを付ければ差別化が可能です。人と被らないので、間違って使ったり持ち帰ったりするリスクも少なくなります。

個性的なデザインも【DICT.電子辞書ケース – エレコム】(Amazonより)

見つけやすい

荷物が多いと、バッグの中で探したいものがすぐに出てこないことがありますよね。目立つ色の電子辞書ケースを使えば、荷物の中でも見つけやすくなるでしょう。探す手間を省きたい人は、他の持ち物と違う色のケースを使ってみてください。

気分が上がる

好きなデザインや色のケースなら、使うときに気分が上がります。おしゃれなデザインや可愛い柄も発売されているので、お気に入りのケースを選びましょう。

ビビッドなカラーも人気【セミハード電子辞書ケース – サンワサプライ】(Amazonより)

電子辞書ケースのデメリット

逆に電子辞書にケースを付けることで生まれるデメリットもあります。以下の通りご紹介していきます。

かさばる

当然ながらケースを付けると、電子辞書単体で使うよりかさばります。バッグのサイズによっては邪魔になる可能性も出てきます。コンパクトなバッグに収納する場合は注意が必要です。

手間がかかる

ケースを開けるとき、フタを開けたりファスナーを引いたりと、ひと手間かかります。わずかな作業ですが、気になる人はよく考えてから購入しましょう。

電子辞書ケースの選び方

ここからは電子辞書ケースの選び方をご紹介します。

対応機種

ほとんどの電子辞書ケースは対応機種が記載されているので、使っている電子辞書に対応しているか確認しましょう。

機能性

電子辞書ケースには、以下のような機能が付いている商品もあります。自分に必要な機能は何かチェックしてみましょう。

収納ポケット

電子辞書の付属品や小物などを一緒に収納したい人は、収納ポケットの有無を確認しましょう。収納ポケットがある場合は、数やサイズもチェックしましょう。

収納ポケットがある仕様も【DICT.電子辞書ケース 2way – エレコム】(Amazonより)

防水・撥水

防水性や撥水性が高いと、突然の大雨でバッグが濡れても安心感があります。水筒の水漏れが心配な場合も効果的です。

開いたらすぐに使える

開けてすぐに使いたい人は、電子辞書の天板を粘着シートで固定できるタイプが便利です。ケースを開けると同時に、電子辞書も開けますよ。

開けやすさ

ファスナーの形状にも注目しましょう。ダブルファスナーやファスナーの持ち手の大きさが適度なものが開けやすいですよ。

デザイン

デザインで選ぶのも1つの方法です。見た目が気に入るものや好きなキャラクターものなど、好みのものを選びましょう。

無機質な電子辞書をおしゃれに【電子辞書専用純正ケース OZ-300-Z チェック柄 – シャープ】(Amazonより)

電子辞書ケースの種類

電子辞書ケースは主にフルカバー型とブックカバー型があります。ここではそれぞれの特徴と素材についてご紹介します。

フルカバー型

電子辞書をすっぽり覆う形状です。ファスナーで開閉する商品が多く発売されています。

ハードタイプ

外側が強い素材でできています。少しかさばりますが、外部からの衝撃に強いのが特徴的です。

セミハードタイプ

ハードタイプほどではありませんが、衝撃を緩和してくれる素材です。商品数が多いのが特徴的です。

布やポリエステルタイプ

衝撃には弱めですがが、デザインが豊富です。好みのデザインを見つけやすいですよ。

ブックカバー型

本のカバーのような形状です。電子辞書を挟み、ゴムなどで留めて使います。衝撃から守る効果はあまり期待できませんが、着脱が簡単で開ければすぐに使えるメリットがあります。

小学生に辞書はいつから持たせる?選び方のポイントや、低学年から使える辞書・電子辞書・英語・漢字まで幅広く紹介!
小学生に辞書はいつから持たせる? 語彙力がどんどん増えていく小学生。「この言葉の意味を教えて?」と子どもに聞かれた時に、ママも適当...

人気の電子辞書ケース おすすめ10選

ここからは、おすすめの電子辞書ケースをご紹介していきます。

電子辞書衝撃吸収ハードケース – サンワサプライ


ハードに仕上げた外装と低反発ウレタンを用いた内装で、衝撃から内部を守るよう作られています。収納スペースはタッチペンやイヤホンに対応しています。電子辞書を汚さずに固定できる粘着シートが付いているのは嬉しいポイント。レッド・ブルー・ホワイトなどのカラーも選べますよ。

電子辞書ケース 超衝撃吸収 – エレコム


低反発ポリウレタン素材を使用し、外部からの衝撃を吸収するよう設計されています。大容量のファスナーポケットが付いているので、小物類をまとめて収納できますよ。

電子辞書専用純正ケース OZ-300-Z チェック柄 – シャープ


シャープの電子辞書・Brain専用の純正ケースです。カラーは4色展開で、チェック柄の他にシルバー・ブラック・グリーンから選べます。

セミハードカバータイプケース – カシオ


カシオの電子辞書用・EX-wordに対応した純正ケースです。カラーはグリーン・イエロー・オレンジ・ホワイト・ブラックの5色展開です。

DICT.電子辞書ケース 2way – エレコム


ワンタッチ開閉とファスナー開閉の2通りの開け方に対応した、セミハードタイプの電子辞書ケースです。使用も持ち運びも便利にできるよう考えられています。

セミハード電子辞書ケース – サンワサプライ


耐衝撃性が高いEVA素材を用いたセミハードタイプのケースです。メディア・メモ・イヤホンなどを収納できるポケットと、タッチペンを収納できるスペースがあります。両側にイヤホンパッチがあるので、音声機能付き電子辞書の収納に便利です。天板用粘着シートは電子辞書を汚さずに固定できるタイプですよ。

カラーはピンク・ブラック・ホワイト・ブルーの4色から選べます。

DICT.fem 電子辞書ケース リボン – エレコム


リボンのモチーフがおしゃれなケースです。サフィアーノ調レザーを使用し、汚れにくく作られています。ブラックとピンクの2色展開です。

DICT.電子辞書ケース – エレコム


洋書のようなデザインが魅力のケースです。ファスナー付きでしっかり収納できますよ。カラーはブラウンとブルーの2色展開です。

DICT.fem 電子辞書ケース ドット – エレコム


汚れに強いビニールコーティングタイプのケースです。外側は大きめの水玉、内側は小さめの水玉模様になっています。ブラックの他にピンクもありますよ。

ブックカバータイプケース – カシオ


ブックカバー型のケースです。内側には専用フックやストッパーがあり、電子辞書がずれないよう作られています。外側にはゴムバンドがあり、しっかり留められますよ。カラーはブラック・ブルー・イエロー・ホワイト・グリーンの5色展開です。

好みの電子辞書ケースを見つけよう!

電子辞書ケースの必要性・選び方・おすすめ商品などをご紹介してきました。お子さんも親御さんも、ぜひお好みの電子辞書ケースを見つけてみてくださいね。

文・構成/HugKum編集部

パパママ1000人が選んだスマホケース!ハード、ソフトタイプをおさえて1位に輝いたのは!?
育児中のママ・パパにとっても、スマートフォンはあらゆるシーンで必携のアイテムです。子どものお世話であちこちに置き忘れてしまったり、う...
【無印良品】豊富に揃うシンプルで使いやすいペンケースが評判! 素材別の人気ラインナップを一挙ご紹介
印象の異なる多彩なペンケース 「無印良品」のペンケースは、多彩な素材&幅広いサイズのアイテム揃い。ナイロン、ポリプロピレン、帆布&デニム ...

 

編集部おすすめ

関連記事