入園準備まるわかりナビ3 着替えのコツを教えよう

ひとりでできる「着替えのコツ」を教えよう

着る・ぬぐ・はくなどの動作は、子どもにとって難しいもの。でも、親子一緒に根気よく取り組めば、必ず「できた!」の笑顔が見られるはず。園でスムーズに着替えられるように、今から少しずつ着替えのコツを教えましょう。

 

「脱ぐ」ときのコツ

ズボンを脱ぐとき

おしりが引っ掛からないように手を腰の後ろ側に当てるのがコツ

「脱ぐ」「着る」「はく」のうち、「ズボンを脱ぐ」から始めると、成功しやすく、自信につながります。時間がかかっても、「自分でやりたい」という気持ちを尊重して見守りましょう。

パンツやズボンを上手に脱ぐには、手を腰のやや後ろ側(おしり側)に当てて引き下ろすのがコツ。こうすると、おしりが引っ掛からずスムーズに脱げます。最初は親が手を添えて、どこに手を当てるとよいか位置を教えてあげて。

慣れないうちは、おしりが脱げたら着脱用のイスに座るか、その場に腰をおろして両足をズボンから抜くと、転ばずに脱げます。

 

肌着やシャツを脱ぐとき

シンプルで飾りが少なく伸び縮みする素材がおすすめ

子どもが脱ぎやすいような服を選んでスタート。ボタンや飾りなどがあまりついていないシンプルなデザインの服やよく伸びる素材の服、ぴったり体にフィットしすぎないような、ゆとりのある服がおすすめです。

脱ぐときのコツは、肌着やTシャツは腕を交差させて裾を下から上へと持ち上げること。腕を交差させて、そのまま「バンザイのポーズをするよ」と教えると、子どももイメージしやすいはず。

もし首が抜けないようなら、お母さんがさりげなくサポートを。上手くできたら「上手だね」「がんばったね」と褒めることも忘れずに。

 

「着る・はく」ときのコツ

ズボンをはくとき

子どもの用のイスに座らせると体が安定してスムーズにはける

ズボンをはく練習は、ズボンに足を通すことから始めます。立ったままはくのはバランスを取るのが難しいので、床に座るか、子ども用の小さなイス(子どもの足のつく高さのイス)を使うのがおすすめです。

両足とも穴に入れたら立ち上がり、おしりが引っ掛からないように、後ろ側を意識しながらズボンを引き上げましょう。

ズボンを選ぶときは、子どもにも前後の区別をしやすい、マークやキャラクターなどの目印があるデザインがおすすめです。素材は、やわらかく伸び縮みしやすいものを選んで。子どもには上げ下ろしが難しいファスナーのついたズボンは、もう少し成長してからに。

 

シャツやTシャツを着るとき

余裕のあるゆったりした服やボタンのない服からスタート

 

頭や腕を穴に通すのは、大人が想像する以上に子どもには難しいもの。最初は手順を覚えることが大切なので、首周りのゆったりした服を選びましょう。

まずは、服の前後を確認させ、前になる方を下にして床に置きます。次に両脇の下端を持って服をかぶり、頭を通します。最初は親がお手本を見せながら一緒に着替えると、わかりやすいでしょう。途中で頭や腕が引っ掛かってしまったときは、手伝ってあげて。

着ることに慣れてきたら、ボタンにも挑戦を。下から順にボタンをとめていくと、段違いにならずにとめられます。ボタンは大きめのもので、数が少ないものからステップアップしていきましょう。

 

靴&靴下をはくとき

左右がわかるように印をつけよう

靴下や靴は、子どもには、左右がわかりづらいのが問題。左右の違いがわかるようなデザインを選んだり、印をつけたりして、サポートしましょう。毎日、「印がついているから、こっちが右ね」と説明しながら並べることを繰り返すと、子どももだんだん理解します。また、脱いだ靴をきちんと揃えることを習慣にしておくと、早く左右の見分けがつくようになります。

靴下は、かかとの部分を意識させることも大切。靴下をはく前に、足の上から当ててかかとの位置を教えると、靴下をはいたときのイメージがしやすいようです。

 

先輩ママのちょこっとアドバイス

●娘は何でも自分でやりたがる子なので、着る前に前後を確認するとき、「どっちが前か、わかる人?」とクイズ感覚で質問。すると、「は~い、あみちゃん、わかる~!」と答え、自分で前後を確認して床に置くようになりました。自分で確認することを覚えたら、前後の間違いがグッと減りました。(東京都/かなぶん)

●パパが段ボールと牛乳パックを使って「着替え用のイス」を作ってくれました。息子は、すっかり気に入って、積極的にズボンをはこうとするようになりました。(石川県/ツナサンド)

●Tシャツを着るとき、腕を先に通して、その後、首を出すやりかたを試してみたのですが、腕を動かしづらい上に、首が出るまで視界がさえぎられるので、怖かったみたい。自然に首を先に通す方法になりました。(埼玉県/たこ焼きママ)

●競争が大好きな娘。「着替え競争をしようか」と誘うと、「やる~!」とノリノリに。娘を勝たせて、「ママより早く着替えられたね」と言うと、満足げな表情になります。(神奈川県/あかねママ)

●ほめほめ作戦がおすすめ。失敗しても「頑張っているね!」と褒めると、「もう一回やってみよう」というやる気につながるみたいです。(兵庫県/りっちゃんママ)

●Tシャツを着るとき、娘の後ろに回って手伝ったら、すぐにコツをつかめました。(千葉県/くろやぎさん)

 

編集部おすすめ

関連記事