600人に調査「小さくなった子ども服、どうしてる?」いまどきパパママの賢い処分・再利用方法トップ6

めまぐるしい子どもの成長。まだ比較的新しい子ども服が、あっという間にサイズアウトしてしまう…なんてこともよくありますよね。子どもが着られなくなった服、みなさんはどうしていますか?

子どもが着られなくなった服、どうしてる?

まだ着られるのにサイズアウトしてしまった子ども服って、処分に困りますよね。ゴミとして捨てるのはもったいないけれど、フリマに出すのは結構億劫だったり……。
他にもさまざまな活用方法が考えられますが、よそのご家庭では、子どもが着られなくなった服をどうしているのでしょうか。

そこで今回は、育児中のママパパ600人に「サイズが小さくなった子ども服の処分方法」をアンケートで調査!
みなさんから寄せられた回答をランキング形式でお伝えしていきます。

サイズアウトした子ども服の処分(再利用)方法・トップ6

ここからは、サイズアウトした子ども服の処分もしくは再利用方法・トップ6をさっそく見ていきましょう!

6位 福祉団体などへ寄付する

6位にランクインしたのは、「福祉団体などへの寄付」。
インターネットで少し調べるだけでも、着られなくなった子ども服を引き取って、再利用してくれる福祉団体が多数見つかります。思い入れのある子ども服。ゴミにしてしまうくらいなら他の誰かに役立ちたい、そんな思いをお持ちのママパパにおすすめの方法です。

▼関連記事はこちら

不要な子供服は寄付しよう!流れや注意点、送料無料のおすすめ団体を紹介
不要な子供服は寄付しよう! 子ども服は、すぐにサイズアウトになってしまいます。次から次へと買い足していくと、すぐに大変な量になってしまいま...

5位 フリマアプリなどで売る

5位は、最近ではかなり身近になってきた「フリマアプリで売る」というもの。
まだまだ着られるキレイな服は、ゴミにするくらいなら少しでもお金に変えたい…と、フリマアプリで販売される方が多いのではないでしょうか。子ども服はフリマアプリでの需要も高く、毎日多くのやり取りがされているようです。
ただし、写真を撮ったり綺麗に手入れ&梱包したりと、手間暇がかかるというデメリットも。

4位 記念にとっておく

着られなくなった子ども服は、「捨てずに記念にとっておく」とのアイディアが4位にランクイン。
どんな洋服だって、お子さんとの思い出が詰まった大切な宝物! ぬいぐるみや人形に着せたり、ペットの洋服にリメイクをしたりと、形を変えて保管する方も多いようですよ。

▼関連記事はこちら

リメイクプロが伝授! サイズアウトした子ども服が蘇る「アップサイクル」のアイデア3選
子育て中こそ、「アップサイクル」の考え方を活用しよう 「アップサイクル」という言葉をご存じですか?  捨てる予定だった廃物に手を加え、別の...

3位 リサイクル店へ持ち込む

3位は、「リサイクル店へ持ち込む」という方法!
リサイクル店のメリットは、いっぺんに持ち込んで、そのまま査定→売却できる点です。洋服の重さや数量で金額を査定するお店が大半なので、お値段はフリマアプリ等で一点ずつ売るよりも安価になりがちですが、時間をかけずにササッと処分したい方にはおすすめの方法です。

▼関連記事はこちら

不要な子ども服を売るならどこ? 子ども服買取で人気のショップ、ノーブランドOKのお店もご紹介!
子ども服、売るならどこがいい? 子ども服の買取サービスといっても内容は千差万別。洋服だけでなく、おもちゃや家電なども買い取ってもらえる総合...

2位 捨てる

2位は、「捨てる」。ぼろぼろになってしまったものや、あまりにも汚れてしまったものなど、「捨てる」他ない服だって、どうしてもありますよね。それでもやっぱり「もったいない」という気持ちが拭えないときには、「一度ウエスや雑巾として再利用してから捨てる」といったアイディアも寄せられましたよ。

1位 兄弟姉妹や知人の子どもたちへ譲る

圧倒的に多くの票が集まり、堂々の1位となったのは「兄弟姉妹や知人の子どもたちへ譲る」というものでした!
周囲に必要とする子がいるのであれば、その子たちに「お下がり」として再利用してもらえると、無駄にもならず、手っ取り早いですよね。
すぐにはお下がり先がなくても、次の子が生まれたときのために取っておく、というご家庭もありました。

おさがり、リサイクル等々…再利用先があれば、一度検討してみては!

ここまで、みなさんの「子ども服の処分方法・再利用方法」をお伝えしてきましたが、参考になるアイディアはありましたか?
ばっさり捨ててしまうのももちろんアリですが、もしも再利用先があれば、ぜひ一度検討してみては! ちょっとしたお小遣いになったり、誰かの役に立てたりするかもしれません。

あなたにはこちらもおすすめ

着なくなった服で、開発途上国へワクチン寄付! 親子でSDGs活動ができる「古着deワクチン」にトライ
すぐにサイズアウトしてしまう子ども服や、ライフステージの変化で着なくなった自分の服。みなさんは、どうしていますか? 処分するのは簡単ですが、...
まだ着る?子ども服を整理する秘訣は一軍二軍の分類にあった【整理収納アドバイザーママが教えます!】
子ども服がたくさん…どうしたらいい? 「家事育児に追われて家の中がゴチャゴチャ!」「本当はスッキリ暮らしたいのに…」という悩みを抱えて...

アンケートを実施したのは・・・

テレビや絵本のキャラクターといっしょに、思いきり遊んで学べる 『幼稚園』。心も体も頭もいままで以上に成長する456歳。あれもやりたい、これも知りたい、大きくふくらむ好奇心や感じる心を育てていく企画が満載の子ども向け雑誌です。

文/羽吹理美 構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事