コロナ禍で子どもの肥満が増加中!「夏休みに要注意」のワケとは?【子どもの発育のヒミツ】

コロナ禍で肥満になる「コロナ太り」は、大人だけでなく子どもの間にも広がっています。そもそもなぜ肥満になるのか。子どものころに肥満になると、どんなリスクがあるのか、子どもの発育と健康にくわしい小林正子先生にうかがいました。

コロナ禍で、子どもの肥満傾向が増加中!

コロナ禍による生活習慣の変化で、大人だけでなく、子どもの間でも肥満、いわゆる「コロナ太り」が増えています。昨年発表された2020年度の文科省の学校保健統計調査によれば、肥満傾向がある子どもの割合が全般(高校一年を除く)で上昇していることがわかりました。児童生徒約69万人を対象に行ったこの調査では、特に増加幅が大きかったのは小学5年生の男児で、他の学年でも肥満傾向の割合の増加は顕著で、5歳と小学生全学年、中学2年では、過去最多を記録しました(ただし、2020年度はコロナ感染症拡大の影響で調査時期が例年と異なるため単純比較はできません)。

肥満傾向の増加は、感染予防のための運動不足が要因と考えられますが、肥満の原因は、エネルギーの摂りすぎです。特にコロナ禍は家にいることが多いため、食べ過ぎ、運動不足により食べたものが消費されず、脂肪がついたのだろうと予想されます。必要以上にエネルギーを摂りすぎると、過剰になる部分が蓄積し、それが継続すると肥満になります。ホルモンが要因の病的なものもありますが、ほとんどが毎日の生活習慣から起こっています。

 

子どもの肥満は「小児生活習慣病」を招くことも

 

肥満になると「小児生活習慣病」を引き起こす恐れがあります。小児生活習慣病とは生活習慣病の子ども版。小児は15歳までが目安と定義されています
小児生活習慣病にかかると、生理的な働きが悪くなるだけでなく、太っていることから体の動きも鈍くなります。そうすると活動量が減る、運動不足になる、運動がきらいになる、といったことから、さらに食べたものが蓄積されて、肥満がどんどん増大していきます。まさに負のループです。

小児生活習慣病は、小さいうちなら治る可能性が高いですが、思春期になると治りにくく、そのまま大人に持ち越してしまいます。大人になって生活習慣病になると、糖尿病などにみられるように、いろいろな合併症が出て、大変になるのは、みなさんのイメージどおりだと思います。

身長・体重の発育基準、標準体重がわかる「成育曲線」については、こちらの記事で

初潮はいつくる?身長が伸びる時期は?これ、子どもの「成長曲線」を読み解くとわかります!
身長の伸びる時期の運動のしすぎはNG! 前回は足も含めて身長が伸びる時期に、スマホの夜間使用などで生活習慣が乱れると、伸びるはずの...

 

極端な食事制限はNGです。必ずリバウンド&脳のホルモンにも影響が

肥満は身体面だけでなく、精神面にも悪影響を及ぼす可能性があります。つまり肥満の子は、脂肪が多くて見た目がぶよっとしているため、周りの子からからかわれる。それを自分でもいやだと思って、劣等感を持つ場合もあるのです。

小学校高学年ぐらいになると、太りすぎを気にしてダイエットをする子も出てきます「ちょっと太ったから、ごはんを半分にしよう」という程度なら問題ありませんが、全く食べないとか、食べてもある食材ばかり食べるとか、極端に食事制限をする子もいて、これは大問題。こうすると確かにやせますが、必ずリバウンドします。リバウンドして太って、またやせるとなると、脳のホルモンに異常をきたし、ますます太る、最悪の場合、拒食症になってしまいます。 

ダイエットは女の子に多いイメージですが、太っているのが格好悪いという風潮があるのか、最近はダイエットをする男の子も少なくありません。正しくダイエットするには、まず親が子どもの発育に正しい知識を持ち、発育のためにはバランスよく栄養を摂り、それが体を元気に動かせることということを子どもに教えてほしいですね。

食事だけでなく、運動や睡眠も発育には欠かせません。小学校に入る前から繰り返し伝えておきたいですね。

肥満を改善する3つの方法

では、現在、肥満になっている子は、どうやったら肥満を改善できるのでしょうか。その方法は3つあります。

 食事の回数を見直す。夜食の内容を考慮


肥満の子は、とにかく食事の回が多いのです。学校からってきたら、おやつを食べて、食を食べて、食を食べる。っている子は、の前に食べて、わってか食を食べる。。。食事の回が多いと間いなく太りますから、まず回を見して、なるべく減らしましょう。また食に、ラーメンなど脂っこいものを食べるのもけましょう

 運動する習慣を1日のルーティンに組み込む


食べて運動しなければ当然、肥満になります。朝5分だけラジをする、休で体を動かす、といった習慣をぜ親子でつけましょう。

体を動かさないと、動かさないのが気になりますが、毎朝起きたら前後屈をする、夜寝る前に背伸びやストレッチをするなど、一日のルーティンにめば、やらないと気持ち悪くなります。そうすると自に習慣になっていくでしょう。

(3) 「早寝・早起き・朝ごはん」を習慣化する


からわれているャッチレーですが、肥満改善に役立つので、改めてその大さを知ってほしいです。
まず早寝。できるだけると、自く起きられて、ごはんが食べられます。そうするとは活性化し、体も元気に動けて、すべてがよい循環に入っていきます。
しかし、遅寝になると、ればく起きられない。く起きられなければ、ごはんもゆっくり食べられない。そうすると一日ぼんやりした活ない生活になってしまいますし、脳にも栄養がいかないので、学習能ちてしまいすべてが悪循環になります。子ども時代はこれ以ないというぐらい大なことですから、親さんはぜひ心めておいてください。

夏休みに不規則な生活をすると体重は大幅に増える!

かつて、夏休みけに、太って学校にってくる子どもがいて、そうした子は後で必ず肥満になるということがわかっていました。なぜなら夏休みが、いちばん生活リズムが崩れるからです。

脂肪蓄積になる生活習慣とは

朝寝坊をする、好きなものを好きな間に好きなだけ食べる、夜更かしをする、これを約40間つけると、立派な脂肪蓄積になります。その、学校がまれば、は起きられますが、今度になって食が出てきます。つまり体をおさえる期間がないのです。
で生きているたちは、ある程度、自の法にしたがって生きていれば、大きな病気になることはありません。人も成長同じで、春夏は上に伸びて、秋冬に太る。それが自であり、正しい変化なのです。
ところが夏の期に、増えないはずの体が大に増えると、自のリズムったまま、入し、はさらに増えて、体によくないことが起きるのです
小学校6年間で肥満になった子どもの体重増加の推移を調べたところ、7月から9月に体が急激に増えていました。起きる間も、夏休みの間は3間以上ずれていました。
夏休みに不規則な生活をすると、体が大に増えるわけです。こういうリズムを身につけてしまうと、小学校年生のうちは肥満でなくても、3年生あたりから肥満になり、年生では立派な肥満となって卒業していきます。これ1970から変わりません。

今、肥満傾向の子は夏休みが改善のチャンスです

反対えば、コロナ太りになってしまった子も、夏休みは肥満を改善できる大きなチャンスです。
しくなる子もいるでしょう。しかし勉強は、あとでとりかえしがつきますが、発育は取り返しがつきません。だからこそ、現在、肥満傾向にあるお子さんならば、なおのこと、夏休みは早寝・早起きごはんを実践して、自に正常な体してほしいですね。

 

教えてくれたのは

女子栄養大学客員教授
小林正子先生

お茶の水女子大学理学部化学科卒業。東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。博士(教育学)。
東京大学教育学部助手、国立公衆衛生院(現 国立保健医療科学院)室長を経て、2007年より女子栄養大学教授。2020年より現職。
発育の基礎研究のほか「発育グラフソフト」を開発し、全国の保育園、幼稚園、学校等に無償提供し、成長曲線の活用を促進。発育から子どもの健康を守る重要性を啓発している。著書に『子どもの足はもっと伸びる! 健康でスタイルのよい子が育つ「成長曲線」による新子育てメソッド』(女子栄養大学出版部)

取材・構成/池田純子 イラスト/まる

あなたにはこちらもおすすめ

子どもの肥満が増加中。4人に1人はぽっちゃり体型、すぐ「疲れた」と言う…親たちの対処法は?
25%が「ぽっちゃり」体型 コロナ禍の自粛もあり、体を動かす時間が以前よりも減ったというお子さんも多いのではないでしょうか?おうち時間が長...
子どものダイエット、運動や食事の改善に親ができることは?【ママパパの体験談付き】
「子どもが太り気味なのが気になる……」「子どもにダイエットをさせていいの?」など、お子さんの体型やダイエットに関心のある親御さんも少なからず...

 

編集部おすすめ

関連記事