カラバリ48色♡カラーペン「クリッカート」が親子のお絵かきにおすすめな3つの理由

力がいらず、カラフルに描けるカラーペンは、お子さんが楽しく使える画材の一つ。我が家の娘も2歳頃からカラーペンでお絵描きをしていました。 しかし、カラーペンをお子さんに使わせるとき、親はあるリスクからお子さんを守り続けなければなりません。それは「キャップを誤飲する可能性がある」ことです。そこでおすすめしたいのが、ゼブラの「クリッカート」です。

クリッカートとは?

Click(カチッと音が鳴る)+ART(芸術・美術)でクリッカート。お尻の部分をカチッと押し込んでペン先を出し、お絵描きを楽しめるノック式のカラーペンです。ノック式ボールペンと同じように、お尻の部分をノックするとペン先が出てきます。

カラーペンのキャップをせずに乾いて描けなくなってしまった経験をお持ちの方も多いと思います。こちらは、ノック式なのでペンにはキャップがありません。ではペン先を収納すると密閉されるのでしょうか? 穴の中を覗いてみるとペン先が見えます。つまり、ペン先は常に空気に触れているのです。

※使用後は手や洋服・周囲のものを誤って汚したり、より乾燥を早めたりしないために、ペン先を収納して保管をお願いします。

なぜ、キャップがないのに乾かないの?

このクリッカートは特殊なインクが使われているため、キャップをしなくても乾いて描けなくなることがないのです。

目には見えませんが空気中には水分が含まれています。梅雨の季節になるとジメジメするその正体が空気中の水分です。クリッカートに使用されている「モイストキープインク」は湿度に応じて水分の吸収と蒸発を繰り返して適度な状態を保つので、ペン先が乾燥することがありません。

キャップがないことのメリットは?

キャップがない「クリッカート」がなぜ親子のお絵描きタイムにオススメなのか、3つの理由は次のとおりです。

1.キャップの誤飲の心配がない!

筆記具のキャップは比較的小さく、お子さんが誤って飲み込んでしまう恐れがあります。ペンを使っているお兄さん・お姉さんは大丈夫でも、テーブルから転がり落ちたキャップをきょうだいが飲み込むなどという心配もありますよね。このクリッカートには前述の通りキャップが存在しません。ですから、キャップを誤飲する心配がないのです。

でも、誤ってペン先を舐めてしまうことや深く口に入れてしまう可能性はありますので、小さいお子さんがいらっしゃる家庭では、保護者の方と一緒に使ってくださいね。

2.「キャップを閉めなさい」と言わずにいられる!

子どもは夢中になると次から次へと好きな色のキャップを外し描いていくのですが、描くことに夢中になるとキャップを閉めることを忘れてしまいます。親はそのたびに「キャップを閉めないと描けなくなっちゃうよ!」と注意をしますよね? 私は自身が嫌になるほど注意をしました。

また、外しっぱなしのキャップを次々につけていくのも意外と手間です。

「クリッカート」はキャップが存在しないので「キャップをしなさい」と注意をする必要がありません。同時にキャップを無くすリスクも0です。ちなみにペン先が出ているときはペンのロゴ横にある窓が、黒から赤へ変わるので、確認もしやすくなっています。

上(ペン先が出ているので覗き穴が赤)/下(ペン先がしまわれているので覗き穴が黒)

3.ノックをして簡単に描き始められる!

キャップの開け閉めは、意外とお子さんにとっては難しいことのようです。キャップがキツく閉まっていて外せなかったり、キャップを外したはずみで指に色がついてしまったり・・・。また閉めるときに、手が汚れてしまうことは大人でもありますよね? クリッカートはノックするだけでペン先の出し入れができるので、すぐに描き始められて、ペンを使う際・片づける際に手を汚す心配がありません。

カラバリは48色♡新色も登場!ニュアンスがオシャレなペールトーンが追加

クリッカートは色の数が多いことも魅力です。2022年6月6日にペールトーン12色の新色が加わり、全48色のラインナップになりました。プレスリリースが発表になるやいなや、「こういう淡い色合いを待っていました!」と早くもネット上で話題になっていました。

右下の12色が新色の「PL(やさしくペールな色合い)」です

4つのカラーシリーズで、表現自由自在

クリッカートは単品での購入も可能ですが、私は12色セットでの購入をおすすめします。お絵描きに使いたい色味がまんべんなく揃うからです。セットは2022年6月6日に発売された新商品「PL(やさしくペールな色合い)」も含めて4種類あります。

ST(スタンダードな色合い)

黒・赤・青など基本となる色合いが揃ったセット

 

LT(明るくライトな色合い)

可愛らしく柔らかなカラーのセット

 

DK(大人ダークな色合い)

強めのくすみのあるカラーのセット

 

新登場のPL(やさしくペールな色合い)

とても柔らかく可愛らしいペールトーン

今回の新色は優しい色合いでありながらも、文字を書くために使っても読める色合いにこだわっています。

クリッカートのインクは黒などの濃い色の上から薄い色で塗っても、濃い色がにじまないという特長(※)があるため、重ね塗りをして濃淡を表現することも可能です。

(※メーカー注:筆記線の乾き具合、ご使用の紙質・環境等で効果に差が出る場合があります)

色の濃淡をつけるのが楽しくて夢中になって描きました

子どもだけでなく、大人がお子さんとお絵かきをするときにできる表現の幅もより広がりますね。

キャップがないから安心。クリッカートでお絵描きを楽しもう!

本体は白+両端がペンのカラーになっているおしゃれなデザインのクリッカート。新色も増えてますます楽しめるラインナップになりました。

これから本格的な梅雨のシーズン。お家の中で過ごすことも増えてきます。キャップがないカラーペン、クリッカートで素敵なお絵かきタイムを過ごしてくださいね。

文・構成/ふじいなおみ

構成/HugKum編集部

あなたにはこちらもおすすめ

鉛筆のおすすめ15選|幼児・学年・目的別にぴったりな鉛筆をご紹介
鉛筆は用途に合ったものを 子どもや児童にとって、鉛筆はなくてはならないものですよね。でも、単純に鉛筆といってもさまざまな種類が揃います。鉛...
こどもの文具は年々、超進化している!文房具ライターおすすめの逸品がわかる一冊とは?
超進化を遂げた「こどもの文具」に特化したムック本が登場♪ いつもHugKumで、文具のおすすめ記事を書いてくれている、文房具プレゼンターの...

編集部おすすめ

関連記事