キッザニア東京に【カルティエ】の期間限定アトリエがオープン!憧れのジュエリーデザイナー体験が叶う

期間限定でオープンした「ジュエリーアトリエ」 パビリオン。ジュエリーの歴史や、種類を学び、自分のオリジナルのデザインを考える、ジュエリーデザイナーのお仕事が体験できます。 早速編集部で取材に行ってきました! photo/©Cartier

キッザニアに「ジュエリーアトリエ」が登場!

9月26日(月)まで、キッザニア東京に「ジュエリーアトリエ」パビリオンが期間限定でオープン!カルティエがブティックで実際に採用しているインテリアをとりいれた、明るい空間が広がるパビリオンが素敵です。

©Cartier

ジュエリーデザイナーになってみよう 

ジュエリデザイナーとして「石」の種類や特徴、歴史について学び、メゾンの伝統的なネックレスを描いたデッサン画をもとに、色づけや装飾を加え作品を完成させるお仕事です。

カルティエの「トゥッティ・フルッティ」のデザインをベースにデザインを考えます。 ©Cartier
デザインを考えたり色を塗ったりと充実のアクティビティ。©Cartier

まず最初にジュエリーの歴史や伝統を学ぶ

参加するお子さんはまず、ジュエリーの歴史や伝統についての知識を深め、1847年創業時より変わることなく普遍の美を追求するカルティエのモノづくりに触れます。カッティングなど、宝石の基礎知識を学べます。

ネックレスのデザインを考えよう!

宝石のシールや色鉛筆が配られたら、早速アイデアを考えていきます。今回のテーマは「大切な人に贈りたいデザイン」。

親友や、両親など贈りたい人をイメージして、色や宝石を選びます。

立体的なジュエリーのシールをメインのところに貼って、イメージを膨らませます。

真ん中の石が決まると、色を塗るペースも上がりますね!

世界にひとつだけの、個性のあるデザインができあがりました!

完成したデザインを、みんなの前で紹介

完成したデザインは、参加している友達の前で披露します。友達の作品を鑑賞することも学びにつながります。

体験したお子さんの感想は?

あいりさん

春夏秋冬をイメージして作りました。ジュエリーのシールを使って季節を表現したいと思いました。親友や、家族にプレゼントしたいデザインです!

たけるさん

パープルとレッドの色鉛筆が目に留まり、この2色で作ってみようと思いました。左右対称のデザインになるよう工夫したのがポイントです。

ジェニーさん

きれいな虹をイメージして色を選びました。イメージ通り、カラフルになったので、デザインのタイトルも「カラフル」にしました!

キッザニア内の各所で関連アクティビティが!

期間中は、新聞社・観光バス・ラジオ局でも「ジュエリーアトリエ」に関連するアクティビティを体験できます。

参加したお子さんの中から実店舗でのスペシャル体験も

また、パビリオンを体験したこども達の中から抽選で選ばれた10名(対象:小学校4年生以上)は、11 月13日(日)にカルティエ 銀座ブティックにて仕事体験を行います。

ジュエリーデザイナーは、「石」の個性を見極め、その”声”を聴いてデザインし、卓越した職人たちは、その熟練の技で作品を形づくります。新たな生命を吹き込まれた美しいジュエリーが飾られたブティックにて、こども達は接客マナーなどを学ぶことができるそうです。

ぜひアクティビティを体験して、こちらの仕事体験にもエントリーしてみてください。

※詳細はパビリオンでの体験終了後に配布する応募用紙をご覧ください。

キッザニアとは?

3 歳から 15 歳までのこども達の職業・社会体験施設「キッザニア東京(2006年10月開業)」「キッザニア甲子園(2009年3月開業)」「キッザニア福岡(2022年7月開業)」があります。

「キッザニア」は、現実社会の約2/3 サイズの街並みに、実在する企業が出展するパビリオンが建ち並び、さまざまな仕事やサービスを体験できます。

キッザニアのコンセプトは、「エデュケーション(学び)」と「エンターテインメント(楽しさ)」を合わせた『エデュテインメント』。こども達が好きな仕事にチャレンジし、楽しみながら社会のしくみを学ぶことができる「こどもが主役の街」です。

チケットの購入や、施設について詳しくはこちらから>>https://www.kidzania.jp

  • アクセス

  • キッザニア東京
  • 東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドック ららぽーと豊洲1 ノースポート3階
  • 東京メトロ有楽町線「豊洲」駅の最寄出口「2番」より徒歩8分
  • ゆりかもめ「豊洲」駅より徒歩8分

あなたにはこちらもおすすめ

https://hugkum.sho.jp/special/293034

写真/深山徳幸 取材・文/HugKum編集部 

編集部おすすめ

関連記事