小学生の新たな必需品「PC・タブレットケース」!文房具プレゼンターがおすすめを紹介【ワザあり編】

2019年に文部科学省から打ち出された「GIGAスクール構想」。今年小学校に入学した我が家の娘も夏休み前にタブレットが配布され、夏休み明けからは毎日タブレットをもって登下校することに。地域によってはPCが配布されるところもあるようです。それを受けてPC・タブレットを安全に持ち運ぶためのケースが文具メーカー各社から発売されています。ここでは「ワザあり」なPC・タブレットケースをご紹介します。

今回は小学1年生の娘が実際に使用しているランドセルに6時間授業を想定した教科書・ノート各6冊を入れたものと、筆者が仕事に使用している10.2インチのタブレット、13.3インチのノートPCを使用しながら特徴を挙げていきます!

プロテクPCバッグ シフトプラス 3Dポケット付/ソニック

カラー: グレー・グリーン・バイオレット
価格:3,300円(3,000円+税)
PCポケット内寸 W212×H304×D23mm

セミハード素材でできているのが1つ目のポイント。2つ目のポイントはなんといっても特徴的なこの形。横向きに置いたときの下半分が30mmの厚さに膨らんでいます。ここが商品名にもある「3Dポケット」です。厚みがある分ランドセルに入らないのでは?と心配しましたが、ランドセルへも入れることができました。通常時は横向き、ランドセルに入れるときには縦向きに持ちやすいように取手は2つ用意されています。また、別売りのショルダーベルトを使用することで肩にかけて持ち歩くことができます。

横から見るとよくわかりますね。3Dポケットにはタブレットの充電器やノートパソコンの電源アダプタを入れられて、かつ厚さは充分です。PCやタブレット本体にポケットの中身がぶつかって破損することを防いでくれます。ただし、セミハード素材でできているため、ケース全体の伸縮性がありません。お子さんが使用される端末が入るかどうかを確認して購入するのをお勧めしたいです。特に、学校側で用意したカバーがかけられているときには端末の大きさがひと回り大きくなりますので注意が必要です。

10.2インチのタブレットを試すと

3Dポケットの反対側の伸縮性のあるポケットにしっかりと入れることができました。

13.3インチのノートPCを試すと

写真ではジャストサイズに見えますが、ファスナーを閉めることはできませんでした。「11.6インチまで」と仕様に書かれている通り、それよりも大きなサイズのノートPCを収納できなかったのです。繰り返しになりますが、お子さんの使用しているPC・タブレットのサイズを確認の上、お買い求めください。

詳しくはこちらから>>SONiP(ソニックオンラインショップ)

イスにつけられる!4wayインナーバッグ/ナカバヤシ

カラー: ブルー・ラベンダー・ネイビー
価格:3,740円(3,400円+税)
商品サイズ W350×H255×D30mm

 

横向きに使用します。上部にあるふたは面ファスナーで留めるタイプ。ふたを大きく開けることができるので、PC・タブレットをスッと入れることができます。また、ランドセルに縦向きに収納してもふたが開くことはありません。内側にはメッシュ状のクッションがあり、衝撃を和らげてくれます。

表面にはアクセサリー類を収納できるマチのあるポケットが2つついていて充電ケーブルや電源アダプターが一緒に持ち運べます。ただし、ポケットにはフタがないので内容物が落ちないように気をつけましょう。

 

10.2インチのタブレットを試すと

すんなり入れやすかったです。

13.3インチのノートPCを試すと

収納するとぴったりサイズでした。

4wayとは?

商品名にある4wayは
1.教室のイスにつけられる

写真提供:ナカバヤシ株式会社

2.ボディバッグのように肩にかけられる

小学一年生の娘(体型は小柄)には、まだ大きいようです。お子さんの体型に合わせて使用したいですね

3.ランドセルに入れて持ち運べる
4.手で持ち運べる
のとても便利な4つの使い方を指しています。

バッグ裏面にはトンネルのように両側面が開く形で布が付けられています。ここがポケットになっていて、内部にはイスにつけたり、肩にかけたりするためのパーツが収納されています。プラスチックの部品で着脱するとても便利な機能なのですが、小学1年生の娘が使用するには少し力が足りないようでした。また、教室のイスに取り付けた場合には取り付けた部分が多少重くなります。その状態の椅子をしっかり操れる、ある程度学年が上のお子さんへお薦めしたいです。

詳しくはこちら
ビックカメラ.com
コジマネット
 

タブラスクール スリム/クツワ

カラー: ブラック・ネイビー・パープル・ミントグリーン
価格:1,980円(1,800円+税)
収納可能なPC・タブレットの目安 H250×W200×D13mm
メーカーサイトに収納可能な端末の例が掲載されています。

 

 

今回ご紹介する商品の中で一番スリムなケースです。なんといってもランドセルに引っかからずにスッと入れられるコンパクトさがポイントです。また、縁が硬くなっていて落下した場合の衝撃を和らげてくれます。

 

前面ポケットには伸びる素材が使用されていて、幅広のポケットには充電器やアダプターなどのアクセサリー類、細長いポケットにはタッチペンを入れて持ち運べます。背面はファイル仕様になっていて、小学校で使用する教科書やノートと同じB5サイズのプリントやノートを収納することができます。

10.2インチのタブレットを試すと

スッと入るジャストサイズ。ケースには余計な空間がないため、入れたものがケースの中で遊ぶことがありません。

13.3インチのノートPCを試すと


収納可能なサイズよりも大きなPCなので入りませんでした。

この商品にはサイズ違いで「タブラスクール 幅広」があります。お子さんが使用するPC・タブレットの大きさによって選択をしてみてくださいね。

以上3点、ワザありなPC・タブレットケースをご紹介してきました。
こちらの記事では、シンプルなPC・タブレットケースをご紹介しています。ご一緒に参考になさってくださいね。

小学生向け「PC・タブレットケース」を文房具プレゼンターが厳選!使い心地を徹底レポ【シンプル編】
文具メーカー各社から独自の工夫をしたPC・タブレットケースが販売されています。それぞれどんな特徴があるのか、見ていきましょう。 ...

文・構成/ふじいなおみ

構成/HugKum編集部

あなたにはこちらもおすすめ

子ども用タブレットで欲しい機能は? どう選ぶ? おすすめの機種・勉強&制限アプリを紹介
タブレットは子どもに必要? タブレット端末を使った学習については、多くのメリットがある反面、デメリットを懸念されているママパパも多いのでは...

編集部おすすめ

関連記事