食べ物の絵本おすすめ35選|おべんとう・ごはん・図鑑・リアルな絵の絵本をプロが厳選。食育にも!

JPIC読書アドバイザーの児玉ひろ美さんと編集部が、楽しい食べ物の絵本を厳選。食育にも◎な絵本を、小学館の児童誌掲載の人気コラムなどからピックアップしました!

ごはん・おべんとうなどのおすすめ絵本

【1】『きょうのごはん』

加藤休ミ/作 偕成社

◆こんな本

「今日のごはんは何?」絵を見るだけでおなかがすく本 あらすじ 一匹のネコの目を通して描かれる、ある日の夕ごはんどきの風景。見開きいっぱいに描かれた焼きサンマやコロッケ、オムレツ。何度も見返したくなる1冊。なんてリアルな食事の絵本。いい匂いがしてきそうです。見開きで文章が短いページは、作者が絵にたくさんの思いを込めています。お子さんが納得ゆくまで絵を見せて、ごはんについて、会話を楽しみましょう。

◆対象年齢

3歳、4歳、5歳~

『edu』2015年5・6月号

【2】『ぼくの おべんとう』『わたしの おべんとう』

スギヤマ カナヨ/作 アリス館

◆こんな本

1冊より2冊が楽しい絵本。交互に掛け合いで読めば、まるでふたりでお弁当を食べているみたい。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳、3歳、4歳、5歳

『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』

【3】『おべんとう』

小西英子/作 福音館書店

◆こんな本

この作品の作家・小西英子さんの『おべんとう』が出版された際にも大喜びで、絵本を通してたくさんの親子とお弁当をつくる楽しさを体験しました。ところがある日、お話会の一番前の席にいる5歳くらいの女の子が落ち着きません。しきりにお母さんに何かを訴えています。お母さんは「いいのよ。大丈夫」と女の子をなだめますが、やはり落ち着かない様子。そしてついにひと言「くさるよ!」と言葉を発しました。お話会終了後、恐縮なさるお母さんにお話を伺うと、女の子の通う幼稚園の園便りで「お弁当はよく冷ましてから詰めてください。卵焼きは特に注意、熱いものと冷たいものは一緒にしないで……」との注意があり、一緒に読んだ女の子は毎朝〝お弁当の具をあおいで冷ます係〟とのことでした。もちろん、多くの子どもはこの絵本を楽しみ、私も大好きな冊として読み聞かせていたのですが、こんなふうに感じる子どももいるのですね。本当に子どもは、生きること育つことに真剣で、自分が一生懸命にやっていることに対し妥協は許さないのだと教えられたできごとでした。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳、3歳、4歳、5歳、6歳

『edu』2016年1・2月号

【4】『サンドイッチ サンドイッチ』

小西英子/作 福音館書店

◆こんな本

現実の世界では、子どもは毎日が真剣勝負です。スプーンがうまく使えるか、コップでこぼさず飲めるか、パンツがはけるか、などなど。それゆえに、絵本のなかにも自分たちが体験することには徹底したリアリティを求めているようです。『サンドイッチ サンドイッチ』は、ページをめくるごとに具が積み重なる構成で、絵本の特性を最大限に生かしながら丁寧にサンドイッチをつくる過程が描かれて、食べ物をつくる喜びがあふれています。その楽しさとリアルさで、子どもにも大人にも大人気になり、早々にビッグブック(大型絵本)も出版されました。私自身も大好きな冊で、故長谷川摂子さん(児童文学者・作家)が講演でこの絵本を紹介してくださった帰り道には、サンドイッチが食べたくなり、思わずパンを買い求めた経験もあります。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳、3歳、4歳、5歳、6歳

『edu』2016年1・2月号

【5】『いろいろごはん』

山岡ひかる/作 くもん出版

◆こんな本

「ほかほか ごはん ふっくら ごはん」。言葉にリズムがあるので、素直に読むだけで楽しい1冊。工夫された心地よい言葉の流れを壊さないよう、途中で説明や確認はしないでください。くり返しの言葉は、ほかの文よりやや丁寧に読むとメリハリがついてよいでしょう。

◆対象年齢

2歳~

『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』

【6】『おにぎり ぎゅっぎゅっ』

きむらゆういち/作 西内としお/絵 世界文化社

◆こんな本

今日は遠足。くまくんは、お弁当に大好きな鮭の入ったおにぎりを作りました。仲よしのさるくんとぶたさんもおにぎりを作りました。自分の作ったおにぎりがいちばん! というみんな。ところがみんなのおにぎりが混ざってしまって大げんか……。さて、仲直りできるかな?子どもたちが大好きなおにぎり。定番のロングセラー絵本もありますが、ときにはこんなしかけ絵本もいいですね。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳

『新幼児と保育』2015年8・9月号

【7】『ジャイアント・ジャム・サンド』

ジョン・ヴァーノン・ロード/文・絵 安西徹雄/訳 アリス館

◆こんな本

「モノクロの絵で、巨大な食パンにジャムだけが真っ赤でした」と、幼いお子さんを連れた女性が探していらしたのは、『ジャイアント・ジャム・サンド』。カラフルな絵本に驚きながら、「ママは、そんなにジャムが食べたかったのかしらねぇ」と、お子さんと大笑いです。

◆対象年齢

3歳、4歳、5歳、6歳

『新幼児と保育』2016年8・9月号

【8】『おべんとうばこの うた』

さいとう しのぶ/構成・絵 ひさかたチャイルド/チャイルド本社

◆こんな本

子どもたちが大好きな「おべんとうばこ」のわらべうた絵本です。はじめてうたう子どもでも、絵本を見ながら、すぐに覚えられますね。登場人物たちの手ぶりは何回か読み、歌を覚えてからでもOKです。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳~

『edu』2015年5・6月号

【9】『もちもちおもち』

庄司三智子/作・絵 岩崎書店

◆こんな本

「みんなだいすき もちもち おもち まるまる かくもち つきたてもち もちもちっとせいぞろい さてさて おもちといったなら…」で始まり、あんこもち、きなこもち、いそべもちなどなど、おもちやおもち料理などがたくさん登場します。おもちの季節にぴったりのユニークな絵も楽しめます。

◆対象年齢

2歳、3歳、4歳

『新幼児と保育』2015年12・1月号

秋の食べ物のおすすめ絵本

【1】『おいもさんがね・・』

とよた かずひこ/作・絵 童心社

◆こんな本

秋の定番行事「いも掘り」をもっと楽しませたいときに。地上にひっぱりあげられたおいもさんたち、勢い余って池にぽちゃん。木の葉に隠れて震えていると、炎が現れ「しんぱいごむよう!」。シンプルな絵と言葉の絵本は、演出しすぎないで読むのがコツ。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳~

『edu』2015年5・6月号

【2】『いもほり』

はまの ゆか/作 ほるぷ出版

◆こんな本

いもを掘る、いとこのあきちゃんとはるくん。特別な事件は起こりませんが、いものツルの下にいる虫に驚いたり、おじいちゃんといもを焼いたり。ふたりの気持ちに寄り添い、幅広い年齢で楽しめます。絵本を通じて、子どもに新しい体験をさせたいときに。

◆対象年齢

3歳、4歳、5歳~

『edu』2015年5・6月号

【3】『かぼちゃスープ』

ヘレン・クーパー/作 せなあいこ/訳 アスラン書房

◆こんな本

ねことりす、あひるが分担して作るかぼちゃスープは世界一! ところがある朝、あひるがりすの役目を奪おうとして……。困惑したりすとねこは?耳に届く言葉と、目でとらえる絵。互いに補い合う物語は、絵本のサイズ以上の広がりを見せてくれます。ママの声で聞くことで、子どもは、ねことりすとあひる、それぞれの気持ちに寄り添うことでしょう。

◆対象年齢

3歳、4歳、5歳~

『edu』2015年5・6月号

【4】『スープになりました』

彦坂有紀・もりもといずみ/作 講談社

◆こんな本

浮世絵と同じ技法で制作された木版画刷りの温かみのある作品です。1回目は普通に読み聞かせ、2回目以降は「ごくっ」「ごくごく」「こくこく」「こくり」「ごっくん」を一緒にくり返したり、スープカップを持つしぐさをしたりしても楽しいですね。シリーズで『パン どうぞ』『ケーキ やけました』『コロッケ できました』もありますのでシーンに応じて、選ぶとよいですね。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳

『新幼児と保育』2018年6・7月号

【5】『ぼくのかぼちゃ』

かもがわ しの/作 こぐま社

◆こんな本

とも君が庭の畑でお母さんと一緒にかぼちゃを育てます。春に土を耕し、つるがどんどん伸びて夏には大きな花が咲きました。やがて、ごろんごろんと大きなかぼちゃができました。「かぼちゃスープに かぼちゃプリン、かぼちゃの ケーキも たべたいなあ。ああ、たのしみ たのしみ…」。ところが…。

◆対象年齢

3歳、4歳、5歳、6歳

『新幼児と保育』2018年10・11月号

図鑑・リアルなイラストのおすすめ食べ物絵本

【1】『おすしの さかな』

川澄健/監修 ひさかたチャイルド

◆こんな本

マグロを釣り上げることからお寿司になるまでの写真絵本。バランスよく写真と文章で解説されています。

◆対象年齢

4歳~

『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』

【2】『みかんのひみつ』

岩間史朗/作 ひさかたチャイルド

◆こんな本

身近な果物ミカンの写真絵本。ページを繰るごとに、子どもたちの体が好奇心で前のめりになってきます。

◆対象年齢

4歳~

『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』

【3】『くだもの』

平山和子/作 福音館書店

◆こんな本

身近な果物の絵に、「さあ どうぞ」と、実際に食べる形に描かれた絵に、子どもは反応します。味わった経験があってこそ、の絵本です。味を知らない果物には興味を示さないでしょう。いちごなど、同じページばかり見てもよいのです。何回でも「さあ どうぞ」。

◆対象年齢

1歳~

『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』

【4】『やさい』

平山和子/作 福音館書店

◆こんな本

八百屋さんに野菜が並んでいる様子が描かれています。中には、自分の食べている野菜と絵が、すぐには結びつかない子もいることでしょう。言葉をはっきりと読み、絵を十分に見せてあげましょう。

◆対象年齢

2歳~

『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』

【5】『いっぱい やさいさん』

まど・みちお/文 斉藤恭久/絵 至光社

◆こんな本

野菜たちから、この世に生まれてきた喜びがあふれている…! まど・みちおさんの童謡『ぞうさん』を思い出してみてください。心地よい、語りかけのような詩ですね。この絵本は、そんな「心地よさ」を伝えるつもりで読みましょう。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳

『新幼児と保育』2014年4・5月号

【6】『にこにこ かぼちゃ』

安野光雅/作・絵 童話屋

◆こんな本

やさしい色で描かれた46種類の果物や野菜などに、顔がついた付属のしおり(透明シート)をのせて楽しみます。「笑顔」のシートと「悲しい顔」のシートを使って遊ぶ、しかけ絵本です。野菜、果物、木の実、豆……食べ物の絵とその名前だけが並んだ絵本で、小さな子でも楽しめます。ハロウィーンでかぼちゃを怖がった子もにっこりします。25年を超すロングセラー本。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳

『新幼児と保育』2014年10・11月号

【7】『まめ』

平山和子/作 福音館書店

◆こんな本

たくさんの豆とさやの紹介がありますが、なかでもさんじゃくまめはその名のとおり、10ページから13ページの見開きを使って80㎝に及ぶ長さを示しています。『そらまめくん』シリーズに限らず、絵本を入り口にして科学絵本に興味をつなげることができるチャンスはたくさんあります。子どもと本、子どもにかかわる大人と本を、適切なタイミングでつなげるために、橋渡し役の図書館司書をもっと活用してほしいと願っています。

◆対象年齢

3歳、4歳、5歳、6歳

『新幼児と保育』2018年2・3月号

0歳、1歳、2歳向け!食べ物の絵本おすすめ

【1】『おいし~い』

石津ひちろ/作 くわざわ ゆうこ/絵 くもん出版

◆こんな本

「おいしい」は、大人も子どもも幸せになる大切な言葉です。読み終えたとき、みんな幸せな気持ちになります。大切な言葉は大げさにならぬよう、素直に読むとよいでしょう。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳

『0・1・2歳児の保育』2018年冬号

【2】『おせんべ やけたかな』

こがようこ/構成・文 降矢なな/絵 童心社

◆こんな本

「 おせんべ やけたかな やけた!」の、わらべうた絵本です。巻末に楽譜がありますが、それにとらわれず、どうぞお好きなリズムで読んでください。わらべうたですから、大袈裟な節回しやリズムは似合いません。会話を楽しむような気持ちで、歌うように、おおらかに、ゆったりと読めば自然にリズムが生まれます。

◆対象年齢

0歳~2歳

『新幼児と保育』2018年12・1月号

【3】『ぽんちんぱん』

柿木原政広/作 福音館書店

◆こんな本

表紙から始まる、おいしそうなパン。ページをめくると、そこにはユニークな顔が…。「おいしそう」「ちょうだい」「ニコニコしてる」と、言葉を使えない乳児さんでも、指さしで何かを伝えようとしてきます。「ぽんちんぱん」のアクセントは読む人の自由です。大げさにならぬよう、間をとって絵を丁寧に見せるだけで、誰もが幸せな気分になる1冊です。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳

『0・1・2歳児の保育』2018年冬号

【4】『りんご りんご りんご りんご りんご りんご』

安西水丸/著

◆こんな本

赤いりんごと緑の大地。絵のシンプルさが言葉を生かします。「りんご りんご りんご…」は、シンプルに読むほうが音そのものを楽しめます。2005年の出版以来、人気の1冊。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳

『0・1・2歳児の保育』2018年冬号

【5】『どんどこ どん』

和歌山静子/作 福音館書店

◆こんな本

縦開きで土の中の野菜の力強い成長を描いています。少し離れて見たほうが迫力が出ます。 「野菜のいないいないばあみたい」と楽しんでいる子がいました。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳

『0・1・2歳児の保育』2018年夏号

【6】『はらぺこあおむし』

エリック・カール/作 もりひさし/訳 偕成社

◆こんな本

少し読み聞かせに慣れてきたころ、言葉や遊びの延長としての絵本から、お話を楽しむ絵本への移行にぴったり。判型が大きいので、最後まで持ち通せるように、練習をきちんとしておきましょう。食べ物の名前が連なるところは、指さしをしながら読むとよいでしょう。

◆対象年齢

2歳~

『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』

【7】『かん かん かん』

のむら さやか/文 川本 幸/制作 塩田正幸/写真 福音館書店

◆こんな本

「かん かん かん んまんまれっしゃが とおります」「んまん ままん んまん ままん」。不思議な踏切を不思議な列車が通ります。んまんんまん、食べ物の列車。ぶうぶう、車の列車。にゃあにゃあ、猫の列車。さて次は?

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳

『0・1・2歳児の保育』2018年春号

プロがおすすめする食べ物の絵本

【1】『手で食べる?』

森枝卓士/文・写真 福音館書店

◆こんな本

私たちは普段は箸を使いますが、おにぎりやお寿司は手で食べます。食べ方やマナーはその国の文化です。

◆対象年齢

5歳~

『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』

【2】『そらまめくんとながいながいまめ』

なかや みわ/作 小学館

◆こんな本

1997年のペーパーバック版の出版から20年を経て、ロングセラーとなった『そらまめくんのベッド』。『そらまめくんとながいながいまめ』(2009年)を読んで「こんな長い豆ありえない、と弟がいうのでケンカをしました。弟はすぐに泣いて母を味方にするから悔しくて、夏休みにほかの豆も本当かどうか、図書館で調べて自由研究にしました。」というTさんの発表に、「そらまめくんLOVEだねぇ」と拍手喝采。楽しい授業となりました。

◆対象年齢

3歳、4歳、5歳、6歳

『新幼児と保育』2018年2・3月号

【3】『おちゃのじかんにきたとら』

ジュディス・カー/作 童話館出版

◆こんな本

礼儀正しくて、食欲旺盛。家じゅうの食べ物を食べ尽くし、水道水まで飲み干すトラから目が離せません。

◆対象年齢

4歳~

『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』

【4】『ラーメンちゃん』

長谷川義史/作 絵本館

◆こんな本

テレビ番組で紹介され、ご存じの方も多いことでしょう。作者の被災地支援の活動から生まれた絵本です。たとえ何があっても「なんとかなるとー」「ほうれんそう げんきだそう」と、明るく軽やかに、前へ進んでほしいと思いました。絵本で元気になれますように!

◆対象年齢

3歳、4歳、5歳、6歳

『新幼児と保育』2018年12・1月号

【5】『おもち!』

石津ちひろ/文 村上康成/絵 小峰書店

◆こんな本

「 ぺったん ぺったん ぺた ぺったん」。おもちをつくと …あら不思議! おもちがウサギやシロクマ、オコジョなどに変身します。いったい、どうなるのでしょう? 手のひらにグーでおもちをつきながら 、「 ぺったん ぺったん~」と声を出す参加型にしてみましょう。「今度は何になるかな?」と、変身もアレンジして楽しめます。

◆対象年齢

2歳~4歳

『新幼児と保育』2018年12・1月号

教えてくれたのは


児玉ひろ美さん

JPIC読書アドバイザー 台東区立中央図書館非常勤司書。日本全国を飛び回って、絵本や読み聞かせのすばらしさと上手な読み聞かせのアドバイスを、保育者はじめ親子に広めている。鎌倉女子大学短期大学部非常勤講師など、幅広く活躍。近著に『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』(小学館)。

 

 

料理のコツも!編集部おすすめの食べ物の絵本

【1】『こまったさんのスパゲティ』

寺村 輝夫/作 岡本 颯子/絵 あかね書房

◆こんな本

お話を読みながら、料理の作り方もわかってしまうというのが、このシリーズの魅力のひとつ。

子どもの頃に読んだ読者が親になり、また子どもに読んであげたいと思う人が大勢いる、ロングセラーの人気シリーズです。かわいい花屋のこまったさんが、休みの日にスパゲティを作ります。今回は、子どもたちの大好きなスパゲティです。ミートソースに始まってボンゴレまで!しかし、こまったさんはいつも料理をするとなぜか奇妙な世界に行ってしまうのです。さてどんな不思議体験が待っているのでしょうか。料理好きな子どもにもぴったりで、低学年から読める内容です。

 

【2】『こまったさんのカレーライス』

寺村 輝夫/作 岡本 颯子/絵 あかね書房

◆おすすめポイント

上で紹介したこまったさんシリーズ、こちらはカレーライス。カレーライスと言えば、子どもたちも調理実習やキャンプなどで作る機会も多い料理です。

こまったさんが張り切って作るカレーは、具に工夫があって、実際のレシピの参考になりそうなものばかりが出てきます。そして、玉ねぎを切る時のひと工夫なども、子どもには面白いようで、他にも真似をしたくなる料理の工夫がたくさん出てきます。サブタイトルに「おはなしりょうりきょうしつ」とあるのも納得できる1冊。もちろん、こまったさんシリーズ定番の不思議な体験も描かれているので、読んでためになり面白い、オススメの本です!

 

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事