人気絵本『がたん ごとん がたん ごとん』『がたん ごとん がたん ごとんざぶんざぶん』の魅力をプロが解説!

安西水丸の人気絵本『がたん ごとん がたん ごとん』。特に電車好きの男の子たちの心をつかんではなさないおすすめポイントを、JPIC読書アドバイザーの児玉ひろ美さんが解説します。

人気絵本!安西水丸の『がたん ごとん がたん ごとん』シリーズ

【1】『がたん ごとん がたん ごとん』

安西水丸/作 福音館書店

◆こんな本

がたん ごとん がたん ごとん のせてくださーい リズミカルな文章に、身近なもの。ページを繰ると、汽車が前へ前へと、進んでいくようにも見えます。そんな楽しさが「もっかい読んで!」の声を集めているのは、イラストレーターの安西水丸さんによる『がたんごとんがたんごとん』。1987年の出版以来、汽車から電車に時代が変わっても、なぜか「がたんごとんがたんごとん」のフレーズは子どもたちを魅了し続けています。その実力は、多くの児童図書館員から「困ったときのお助け本です。読み終えるとすぐもう一回っていわれます」と称されるほど。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳

『0・1・2歳児の保育』2016年夏号

【2】『がたん ごとん がたん ごとん ざぶん ざぶん』

安西水丸/作 福音館書店

◆こんな本

2012年、『がたん ごとん がたん ごとん ざぶん ざぶん』が出版されました。おはなし会でこれを読んでいたとき、「ざぶんざぶん」に9か月の女の子が身を弾ま せてパチンと手をたたき、ケラケラと笑いだしました。そしてそのまま「もっかい!」とばかりに身を弾ませ待ち構えます。そして再び「ざぶんざぶん」でパチン!と笑顔。こんなふうに、子どもたちの「もっかい!」は、声であったり、笑顔であったり、しぐさであったり、さまざまです。これらは良質な絵本と読み手(大人)と聞き手(子ども)、そして落ち着いた空間。このどれもが心地よく組み合わさった瞬間に起きる、サプライズプレゼントなのでしょう。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳

『0・1・2歳児の保育』2016年夏号

教えてくれたのは


児玉ひろ美さんさん

JPIC読書アドバイザー 台東区立中央図書館非常勤司書。日本全国を飛び回って、絵本や読み聞かせのすばらしさと上手な読み聞かせのアドバイスを、保育者はじめ親子に広めている。鎌倉女子大学短期大学部非常勤講師など、幅広く活躍。近著に『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』(小学館)。

編集部おすすめ

関連記事