小学生の人気ゲームが満載!学年別おすすめゲーム機やソフト、ボードゲーム・カードゲームまで

小学生に根強い人気の「ゲーム」。ゲームは、家族や友だちと、楽しくコミュニケーションをとる手段のひとつでもあります。そこで今回は、小学生におすすめのゲームをご紹介します。おすすめのゲーム機や、小学1・2年生、3・4年生、5・6年生におすすめのゲームもピックアップしました。

小学生ゲーム1
小学生におすすめのゲーム機とは?

小学生に人気のゲーム機

ゲーム機本体には、「テレビゲーム機」や「携帯型ゲーム機」などがあります。どんな特徴があるのか、見てみましょう。

小学生におすすめのゲーム機とは?

ゲーム機ごとに特徴は異なります。「テレビゲーム機」は、家族や友だちと楽しむことができますし、「携帯型ゲーム機」は、持ち運びが可能です。

また、保護者による使用制限機能が付いたものもあります。これには、個人情報を含む可能性のあるデータを無線通信で送受信することを制限したり、1日遊ぶ時間を決めるなどができるので、安心して子供にゲームをさせることができます。ご家庭にあったゲーム機を購入するようにしましょう。

『Nintendo Switch(任天堂)』

ゲーム機1
Nintendo Switch(任天堂)

 

テレビゲーム機としても、携帯型ゲーム機としても使えるのが、「Nintendo Switch」です。

本体をNintendo Switchドックに置いて、HDMIケーブルでテレビと接続すれば、テレビの大画面でゲームを楽しめます。本体のスタンドを立てれば、テレビのない場所でも画面をシェアして、すぐに対戦や協力プレイで盛り上がれます。
保護者の方が安心なのは、「みまもりスイッチ」という機能です。これは1日の遊ぶ時間や時刻を事前に決めておいて、その時間になればアラームで通知したり、強制終了したりすることもできます。
また、小学生向けのソフトが豊富なのも「Nintendo Switch」の魅力です。

『Newニンテンドー3DS LL(任天堂)』

ゲーム機2
Newニンテンドー3DS LL

 

「Newニンテンドー3DS LL」は、携帯型ゲーム機です。

特徴は、専用のメガネをかけなくても3D映像でゲームが楽しめること(上画面)。顔の位置などを認識して自動調整する「3Dブレ防止機能」で、従来のニンテンドー3DSに比べ、より快適に3D映像を楽しめます。

下画面にあるNFC(近距離無線通信)にamiiboを直接タッチすれば、本体と通信で繋がり、amiiboの情報を読み書きすることができます。amiiboがプレイヤーとして登場したり、特別なアイテムをもらえたりすることも。

また、お子さんにも安心して、インターネットが利用できる、フィルタリング機能も付いています。この機能により、お子さんが有害なサイト等へアクセスするのを制限できます。

『Newニンテンドー2DS LL (任天堂)』

ゲーム機3
Newニンテンドー2DS LL (任天堂)

 

携帯型ゲーム機の「Newニンテンドー2DS LL」。

4.88インチの大きな画面に、260gの持ち運びやすい軽さが特徴です。この画面の大きさや軽さは、小学生の体に負担がかかりにくいのではないでしょうか。また、3Dが苦手なお子さんにうれしいのが、ニンテンドー3DSのゲームが2Dで遊べることです。

カラーは、ブラック×ライム、ホワイト×ラベンダー、ブラック×ターコイズ、ホワイト×オレンジと豊富。さらに、「Newニンテンドー3DS LL」よりも安いのも魅力です。

『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(任天堂)』

ゲーム機4
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(任天堂)

 

親子で盛り上がれること間違いなしのゲーム機が「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」。

親世代には懐かしい「ファミコン」。それが、手のひらサイズで”再”登場しました。しかも、付属のHDMIケーブルでテレビと繋ぐだけの簡単接続。ソフトは不要で「ドンキーコング」や「マリオブラザーズ」、「パックマン」などのファミコンソフトが30タイトル収録されています。便利なセーブ機能もついているので、いつでも続きからゲームができます。
懐かしいゲームばかりですが、小学生には新鮮に、親世代には懐かしく感じるのではないでしょうか。

『PlayStation 4 (ソニー・インタラクティブエンタテインメント)』

ゲーム機5
PlayStation 4 (ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

 

「PS4」は、テレビゲーム機です。

高い描写力と処理性能によって、臨場感あふれる映像表現、没入感の深いゲーム体験を提供してくれます。さらに、ボタンひとつで自分のゲームプレイを世界に発信したり、世界中のプレイヤーとコミュニケーションを取ったりと、ネットワークを介した楽しみ方も。
ゲーム以外の楽しみ方ができるのもPS4のいいところです。インターネット接続したPS4とテレビを繋ぐと、動画配信サービス「Amazonビデオ」で、最新の映画やドラマ、アニメやバラエティ番組を楽しむこともできます。
PS4のソフトは、操作が難しいものや内容が複雑なものが多いので、高学年以降のお子さんにおすすめです。

小学1・2年生に人気のゲーム

家族や友だちと楽しく遊べる、低学年に人気のゲームをピックアップしました。

小学1・2年生におすすめなのは、こんなゲーム!

小学1・2年生のお子さんには、簡単な操作でゲームを進めるものがおすすめです。複雑だと、ゲームをクリアできなくなってしまいます。また、コミュニケーションゲームなど、クリアを目的としていないものであれば、けんかなどをすることなくゲームを家族やお友だちと楽しめます。

ゲーム1『ヨッシークラフトワールド -Switch(任天堂)』

12年_1
ヨッシークラフトワールド -Switch(任天堂)

 

空き箱や紙コップ、ダンボールなどでできた工作の世界。ここが冒険の舞台です。奥行きのあるクラフトワールドで、ヨッシーは得意のタマゴ投げで敵を倒したり、隠されたアイテムをゲットしたり、工作の仕掛けを動かしたりと、隅々まで探索しながらゴールを目指します。Joy-Conを「おすそわけ」すれば、2人のヨッシーで協力して冒険を楽しむこともできます。
「ヨッシークラフトワールド」のいい点は、難易度を選べるところ。「パタパタヨッシー(かんたんなモード)」と「いつものヨッシー(ノーマルモード)」の2つから選択できるので、低学年のお子さんなら、かんたんなモードからはじめてみてはいかが?

ゲーム2『とびだせ どうぶつの森 – 3DS(任天堂)』

12年_2
とびだせ どうぶつの森 – 3DS(任天堂)

 

現実と同じ時間が流れているどうぶつたちの村で、自由気ままにスローライフを楽しむゲームです。

とある村に引っ越して来たあなたが突然、「村長」として村づくりを任されることに。村に住む動物たちのリクエストにこたえたり、触れ合ったりして、自分だけの村づくりをしていきます。お家の外観やお部屋、洋服まで全てあなたのセンスで飾ることができるので、着せ替えを楽しむ感覚で遊べます。

また、通信機能を使って他のプレイヤーの村やお家を見たり、遊びに行ったりすることができるのもポイント。家族やお友だちと一緒に通信機能で遊ぶのもいいですね。ゴールがないので、長く遊べます。

ゲーム3『ブロックス BJV44(MATTEL)』

12年_3
ブロックス BJV44(MATTEL)

 

「ブロックス」は、世界中の玩具祭を席巻し、賞を総なめしたフランス生まれの「テリトリー戦略ゲーム」です。

タイルを角が接するように置いていきます。ピースを途切れないように盤へと置いていき、最後にたくさんピースを置けた人が勝ちです。 それぞれのプレイヤーが図形や戦略を頭の中で組み立てるので、数学頭脳を刺激します。
ルールも簡単で、2〜4人で遊べるので、家族や友だちみんなで楽しめます。プレイ時間は15~20分程度。飽きっぽい小さなお子さんでも、短い時間で遊べます。

小学3・4年生に人気のゲーム

小学3・4年生になると、ゲームに手応えがほしくなるお年頃。そこで、手応えややり応えのあるゲームをご紹介します。

小学3・4年生におすすめなのはこんなゲーム!

小学3・4年生なら、低学年の頃よりは難易度の高いゲームがやりたくなるのではないでしょうか。おすすめのゲームは、「バトルもの」や「謎解きもの」です。ゲームをクリアできれば達成感も生まれますし、勝つと自信もつきますよ。

小学生_ゲーム2
小学3・4年生におすすめのゲームとは?

ゲーム1『とびだす!にゃんこ大戦争(ポノス株式会社)』

34年_1
とびだす!にゃんこ大戦争(ポノス株式会社)

 

今や、コミックスにもなっているほど人気の「にゃんこ大戦争」。

もとは、「アプリゲーム」でしたが、3DS版が登場しました! このゲームの特徴は、アプリ版とは異なり、課金要素がないこと。ですので、小学生でも安心して遊べます。

ゲーム内容は、バトルシステムで敵の城を攻め落とします。ステージクリアすると、XP(経験値)ゲット。お気に入りのにゃんこがパワーアップするという、にゃんこ育成ゲームです。人数分のソフトと本体があれば2人で対戦プレイを楽しむことができます。

とびだす!にゃんこ大戦争(ニンテンドー3DS版)
にゃんこ大戦争
ポノス株式会社

ゲーム2『名探偵ピカチュウ – 3DS(任天堂)』

34年_2
名探偵ピカチュウ – 3DS(任天堂)

 

あの「ポケモン」のピカチュウが探偵に!

あなたは主人公のティムとなってピカチュウと一緒に事件の「謎に迫るゲーム」です。3、4年生にうれしいポイントは、「てだすけモード」があることです。物語を進めたいけれど、事件が解決できるかどうか不安というプレイヤーでも、「てだすけモード」でゲームをスタートすれば、いつでもピカチュウが次にすべき行動を教えてくれます。

ゲーム3『カタン スタンダード版(GP Games)』

34年_3
カタン スタンダード版(GP Games)

 

「カタン」は、世界の「ボードゲーム」の中で2000万個以上の販売数を誇る超大ヒットゲームです。

ゲームは、カタンという無人島が舞台。拠点となる開拓地(家)を建てて、そこから島全体を開拓していきます。対戦相手との開拓競争で獲得したポイントが、最初に10点取った人が勝ちです。ゲーム中に必要な資源が集まらない時は対戦相手と資源の交換します。積極的にコミュニケーションすることでゲームを有利に進めることができ、交渉力も学べます。

また、サイコロやポイントの計算などで簡単な計算力も養うことができるのも特徴です。
運の要素と戦略(交渉)のバランスが取れたゲームなので、3、4年生なら大人も負かしてしまうかも!?

小学5・6年生に人気のゲーム

高学年に人気のゲームを厳選して3つ、ご紹介します。

小学5・6年生におすすめなのはこんなゲーム!

5・6年生は、簡単にクリアできるゲームだと、物足りなさを感じるのではないでしょうか。なので、「操作が複雑なもの」や「派手なアクションゲーム」、「RPG(ロールプレイングゲーム)」、「駆け引きが重要となってくるゲーム」などがおすすめです。

ゲーム1『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL – Switch(任天堂)』

56年_1
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL – Switch(任天堂)

 

マリオ、ピカチュウ、リンク、カービィなどのおなじみのキャラクターたちがお互いをふっ飛ばし合う「対戦アクションゲーム」です。

過去の「スマブラ」シリーズに登場したファイターが全て参戦するほか、「Splatoon」から“インクリング”、「メトロイド」から“リドリー”、「悪魔城ドラキュラ」から“リヒター”、「ドンキーコング」から“キングクルール”が新たに参戦。

ファイターは過去最大の75体が登場します。任天堂ゲームに親しんできた高学年のお子さんなら、楽しみは倍増することでしょう。
ただし、このゲームは、操作が難しいことで知られています。複雑な操作のゲームがやりたい!というお子さんにおすすめです。

ゲーム2『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!- PS4(スクウェア・エニックス)』

56年_2
チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!- PS4(スクウェア・エニックス)

 

「チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!」は、キャラクターのチョコボを操作して、入るたびに変わる不思議なダンジョンを「冒険するゲーム」です。

チョコボが挑む不思議なダンジョンは、入るたびに地形が変化。あちこちに仕掛けられたワナやアイテムも毎回変わるため、チャレンジするたびに新しい冒険が楽しめるのが特徴です。難易度が選択できるので、高学年のお子さまでも楽しめます。

ゲーム3『カードゲーム 犯人は踊る (第三版)(すごろくや)』

56年_3
カードゲーム 犯人は踊る (第三版)(すごろくや)

 

この「カードゲーム」は、たった1枚の「犯人カード」を持っている人を推理して当てるゲームです。

みんなでわいわいカードを渡しながら、情報を集めていきます。〈犯人〉を持っているのを当てられてしまうドキドキや、予想外のハプニングで貴重な手札が巡るドラマが、スリリングな展開を生みます。駆け引きが必要な心理戦が、高学年のお子さんの刺激に。盛り上がること請け合いです!

ゲームは家庭でルールを決めて楽しく!

ゲームはハマってしまうと、いつまでもやりたくなるもの。しかし、そこは子供と一緒に家庭内でのルールを決め、やるようにしましょう。たとえば、ゲームは1日30分、子供に合ったゲームをする、家族と一緒にプレイをするなどです。ご紹介したゲームを参考に、楽しく遊んでくださいね。

【アンケート調査】今時の小学生に何が人気?最適なおもちゃ、歌や曲、ゲームなど小学生の人気を総ざらい
小学校に通うお子さんをお持ちのパパとママ。小学生の間では、今どんなことが流行っているか知っていますか? 人気の歌や人気の遊び、ゲーム、キャラ...
松丸亮吾さん「ゲームで考える力が身についた」東京大学謎解き制作集団「アナザービジョン」2代目代表として
フジテレビ系で大人気放映中のクイズバラエティ番組「今夜はナゾトレ」で、東大ナゾトレの問題を制作している「アナザービジョン」が、『小学8年生』...

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事