離乳食のごぼうはいつから?アク抜きは必要?ごぼうの下処理方法と時期別おすすめレシピを公開!

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。今回はごぼうがテーマです。食物繊維豊富で、歯ごたえのあるごぼう。離乳食の食材としてははなかなかピンときませんよね。「え?赤ちゃんってごぼうが食べられの??」と思われる方も多いかもしれません。しっかりアク抜きしてやわらかくゆでてあげれば食べられます。今回はそんなごぼうと離乳食について深堀りしていきます。

 

離乳食のごぼうはいつから?

離乳食でごぼうを食べられるようになるのは、離乳食後期から。後期でもカミカミが少しできるようになった後半あたりをおすすめします。最初から小さく切ると、軟らかくなりにくいのである程度大きい塊で切ってゆでて(煮て)月齢に応じた大きさに切ると、赤ちゃんが食べやすいです。他の野菜に比べて少し食べにくいので、最初のうちは月齢よりも小さくして食べるといいですね。

離乳食でごぼうのアク抜きは必要?

赤ちゃんにとって食べやすい状態にするためにも、ごぼうのアク抜きはぜひしましょう。

ごぼうの下処理とあく抜き方法

1.包丁の背でごぼうの皮を軽くこする

2.ごぼうを料理に合わせた大きさに切る

3.ボウルに水をはりごぼうを入れる

4.水が黒く濁ったら水を変えもう一度水にさらし、水きりする

 

時期別の離乳食「ごぼう」レシピ

離乳食後期|鶏肉とごぼうのお味噌汁

<材料>

鶏むね肉 15g

里芋 15g

ごぼう 5g

味噌 0.5g

昆布だし 150ml

<作り方>

1.鶏むね肉は脂肪と皮を取り、煮やすい大きさに切る。里芋は1㎝幅の輪切り。ごぼうは5g分輪切り。

2.昆布だしに里芋とごぼうを入れて煮る。軟らかくなってきたら鶏肉を入れてしっかり火を通す。

3.2を取り出して5㎜に切り、鍋に戻して再加熱して味噌で風味をつける。

離乳食完了期|ごぼうとさつまいものグラタン

<材料>

とりささみ 15g

さつまいも 20g

ブロッコリー 10g

ごぼう 5g

牛乳 50ml

チーズ 3~5g

昆布だし 100ml

<作り方>

1.鶏ささみはそぎ切りにする。さつまいもは1㎝幅の輪切り。ブロッコリーは赤ちゃんが食べやすい大きさに切る。ごぼうは5g分輪切り。

2.昆布だしにさつまいもとごぼうを入れて煮る。軟らかくなってきたら鶏ささみとブロッコリー、牛乳を入れるしっかり火を通す。

3.2を取り出して1cmに切り、耐熱器の中に入れチーズをふりかけ、トースターでチーズに焼き色がつくまで焼く。

 

今回紹介した、ごぼうのレシピは大人も同じメニューで食べられますので、ぜひぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

中田 馨(なかた かおり)

 

 

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在13歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、20年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで3000人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

編集部おすすめ

関連記事