2020年から全面スタート!小学校の英語授業必修化の内容は?課題や問題点、家庭でできる学習法

いよいよ2020年から小学校での英語教育が全面実施されます。対象となるのは3年生から6年生です。新しい教科なので、どんな授業内容になるのか、教科書はどんなものを使うのか、子どもに難しすぎないか?など、不安に思われているパパママも多いでしょう。
そこで今回は、2002年から始まる小学校英語教育の必修化の理由や、課題・問題点、小学校の英語教育で重視される内容などを解説します。また、小学生の英語教育で親ができることも紹介。この記事を読んで、新教科へのウォーミングアップをしておきましょう!

小学校英語必修化1
2020年から小学校の英語教育が全面実施!

いよいよ始まる小学校英語教育の必修化

2020年度から、全面実施される小学校の英語教育。英語が小学校で必修化されることとなった理由やメリットから見ていきましょう。

小学校の英語教育必修化とは?

小学校で英語(正式名は「外国語活動」「外国語」)の授業が実施されることとなった経緯は、急速なグローバル化に伴い、外国語によるコミュニケーション能力がさまざまな場面で必要とされるためです。
英語教育を必修化することにより、小学校中学年のうちから外国語に慣れ親しむ、外国語によるコミュニケーション能力の向上、中学校で英語授業へのスムーズな接続などがメリットとして挙げられます。

スタートはいつから?

英語教育は、2020年4月から全国の小学校で全面実施されます。それに伴い、2018年度から移行措置がとられており、現在3年生から6年生は、英語の授業がすでに始まっています。

英語教育が導入されるのは、3年生から6年生です。3、4年生は「外国語活動」というカリキュラムとして、5、6年生は「外国語」という教科として導入されます。

英語を教えるのは、3、4年生では、主に学級の担任の先生が、ALT(外国語指導助手)などとのティーム・ティーチングも活用しながら指導。5、6年生は、学級の担任の先生と専科指導を行う先生(英語を専門とする先生)が指導します。

小学校英語教育必修化の目的

小学校英語教育必修化の目的(目標)はどんなところにあるのでしょうか?
3、4年生の「外国語活動」の目標は、「聞くこと」「話すこと(やり取り)」「話すこと(発表)」の3つです。音声を中心とした外国語でのコミュニケーション能力の基礎を学びます。

5、6年生の「外国語」の目標は、3、4年生で学んだことに加え、「読むこと」「書くこと」を教科として学びます。これらの言語活動を通じて、コミュニケーションを図る基礎を育成するのが目的です。

賛否ある小学校英語教育必修化、課題や問題点は?

小学校で英語教育がはじまるにあたり、課題や問題点も挙げられています。どんな意見があるのか見てみましょう。

賛成・反対それぞれの意見

小学校英語教育必修化により、さまざまな意見が出ています。

賛成の意見

・小学生の頃からやれば、将来に役立つ
・外国の人とのコミュニケーションに、抵抗がなくなる
・外国に興味・関心をもつきっかけになる

反対の意見

・英語でコミュニケーションが取れるようになるのか疑問
・(親世代の)自分たちが中学・高校で受けてきた英語教育で、喋れるようになっていないから、小学校からはじめても意味がないのではないか
・小学校のときから習う必要性を感じない
・日本語さえも習得できていない段階で、英語ができるようになるとは思わない

賛否両論ですが、どちらかというと反対の意見、疑問視する声が多いようです。

英語教育必修化における課題や問題点

小学校の英語教育必修化で大きな課題となっているのが、授業準備等の時間確保、教員の指導力、学級担任とALT等の外部人材との打合せの時間確保、小学校・中学校の連携の具体的な工夫などです。
現状でもかなり忙しい学校の先生。英語が必修化されることで、英語を教えるために勉強をしたり、授業の準備に時間を費やしたりと、さらに忙しくなることが危惧されています。

小学校の英語教育で重視される内容

3、4年生は、「聞く」「話す」、5、6年生では、「聞く」「話す」「読む」「書く」が重視されます。また、それらを活用して、実際のコミュニケーションを行う言語活動も重視されます。

小学校英語教育必修化2
どのくらい授業数があるの? 教科書は?

中学や高校の英語教育へとつながる小学校の学び

小学校、中学校、高等学校の英語教育を通じて、間違いを恐れず、積極的に英語を使うこと、英語を使ったコミュニケーションをたくさん体験することが必要と考えられています。また、小学校、中学校、高等学校の英語教育の学びを円滑に接続させ、「英語を使って何ができるようになるか」というのも、教育目標です。

小学校では、中学年から外国語活動を開始し、音声に慣れ親しませながら、コミュニケーション能力の基礎を養います。高学年では身近なことについて基本的な表現によって「聞く」「話す」に加え、積極的に「読む」「書く」の態度の育成を含めたコミュニケーション能力の基礎を育みます。
中学校では、身近な話題についての理解や表現、簡単な情報交換ができるコミュニケーション能力を養います。
高等学校では、幅広い話題について、発表・討論・交渉など言語活動を体験します。そして、情報や考えなどを的確に理解したり、適切に伝えたりするコミュニケーション能力を高めることを学びます。

小・中・高のいずれも、英語によるコミュニケーション能力をつけることが重要視されています。

小学校英語の授業時間や教科書

3、4年生の「外国語活動」では、年間35単位学びます。現在の移行措置の期間は、文部科学省が作成している「Let’s Try!」という教材を使用しています。3、4年生は、英語が正式な教科ではないので、教科書はありません。引き続き、文部科学省が配布する教材を使用する予定です。

一方、5、6年生は、「外国語」という教科として、年間70単位学びます。2020年度からは「外国語」授業専用の教科書を使って授業をします。なお、現在は、文科省が作成している「We Can!」という教材を使っています。

小学生の英語教育、親ができることは?

最後に、小学生の英語について親の視点でできること(準備など)をご紹介します。

ドリルやアプリを活用して事前学習

子どもが授業についていけるか心配な方は、市販されているドリルなどを利用し、少しずつ学習しておくと安心です。また、小学生向けの英語アプリ使うのもおすすめ。アプリには、英単語を学べるものや、子ども向け絵本を英語で読み聞かせしてくれるものもあります。それらを活用して、英語教育に備えましょう。

【おすすめ英語アプリ4選】ネイティブ感覚で英語を学ぶ!幼児~小学生の英語教育におすすめ 
幼児向け英語アプリは、楽しく学べるのがベスト! 小さいうちから英語に触れさせたいママたちに人気の英語アプリ。 たくさんあって、どれを...

音読・読み聞かせ

英語で書かれた絵本を、子どもといっしょに音読や読み聞かせをするのもおすすめです。ストーリーがわからないとしても、絵本であれば、絵だけを見れば意味がわかります。また、わからない単語が出てきた場合は、辞書を引くようにすると辞書をひく習慣も身につきます。

英語教育はいつから?学校の英語教育はどう変わる?英語のプロが解説!
子どもに将来、仕事などで本当に役立つ英語力を身に付けさせたいと考える親御さんたちは多いのではないでしょうか。 英語教育が変わろ...

英語のCDやDVDを活用

家で、英語の歌を聴いたり、映画やアニメのDVDを見ると、耳で英語に親しむことができます。何度も見ているアニメなら、登場人物も理解していますし、ストーリーもおおよそ頭に入っています。そうすると、英語はわからなくても、どんなことを言っているのかはわかるはずです。

英語の授業に備えて家で英語を使ってみよう!

小学校の英語必修化は、課題や問題点も多いのは確か。でも、始まってみないとどうなるかはわかりません。英語の授業に備えて、家庭で、挨拶や英単語など、簡単な英語を使うようにするとスムーズに英語学習をスタートできるかもしれませんね。

関連サイト

今後の英語教育の改善・充実方策について 報告~グローバル化に対応した英語教育改革の五つの提言~-文部科学省
小学校における英語教育の現状と課題-文部科学省
小学校学習指導要領(平成 29 年告示)解説-文部科学省
資料10 外国語科・外国語活動における目標、指導内容等-文部科学省

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事