離乳食のベビーフード使う頻度はどれくらいか調査!選び方やおすすめメーカーをプロが解説!

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。今回は、市販のベビーフードについて。私は手作りの離乳食づくりをおすすめする活動をしているので、講座の受講生さんに「市販のベビーフードは食べさせていいですか?」と聞かれることがあります。赤ちゃん用品のお店に行くと棚にずらりと並んだ市販のベビーフード。メーカーも様々で、どれがいいのかもわかりませんね。今日はそんなベビーフード選びのポイントもお話します。

ベビーフードを活用しているママはどれくらい?

まずはHugKum編集部で乳幼児がいるパパママ100人に聞いたアンケートの結果に触れておきましょう。ベビーフードを使ったことがあるか、使用頻度などを調査してみました。

ベビーフードを使ったことはありますか?

離乳食にベビーフード(瓶やカップ入りのものも)を使ったことはありますか?

 

離乳食にベビーフードを使ったことがありますか?と聞いたところ、7割以上のママが使用を経験済み。赤ちゃんがいるママたちにとって、市販のベビーフードは便利ですし、積極的にとりいれているようですね。

ベビーフードに抵抗はありますか?

ベビーフードに抵抗はありますか?

 

次に、ベビーフードに抵抗があるかどうかを聞いたところ、ないと答えた方が約8割。赤ちゃんの時期はおむつ替えや沐浴、授乳とやることに追われてしまうので、ベビーフードを使って時間をやりくりしているママは多いようです。では、それぞれの回答をいただいたママの口コミもご紹介します。

『抵抗ない』と回答したママのご意見

ベビーフードを使用することに「抵抗ない」と答えたママたちの口コミは以下の通り。大多数をしめたのは「安心、安全だから」という理由。選ぶ時に、信頼できるメーカーかどうか、国産かどうかはしっかりと見極めている方が多いようです。また、手軽さという面で忙しいママの助けになっていることも確か。特に外出時の赤ちゃんの食事は手作りのものを持ち歩くより衛生的にも安心という点で、支持されているようですね。

◆ママ・パパの回答

企業が基準をクリアして販売しているから(30代・東京都・子ども1人)
外食の時の食中毒の心配がない。(30代・東京都・子ども1人)
赤ちゃんのために栄養や食べやすさを考えて作られていると思うから(30代・愛知県・子ども1人)
子供の食べ物で安全だし、体によさそうだから(20代・岡山県・子ども1人)
気軽に使えるから(30代・愛知県・子ども2人)
メジャーな食品メーカーだから(30代・埼玉県・子ども1人)

『抵抗がある』と回答したママのご意見

つぎに、ベビーフードに「抵抗がある」派の方々の口コミもご紹介します。断トツで多かったご意見は「添加物」。市販のものは賞味期限が長くなるぶん、保存料などを加えてあることが多く、それが赤ちゃんの負担になるのでは、と不安になるママもいるよう。

 

◆ママ・パパの回答

栄養バランスが不安(30代・山梨県・子ども1人)
添加物が気になる(30代・大阪府・子ども1人)
お金がかかる(30代・京都府・子ども3人)
味が薄めとはいえ、調味料で味がついてしまっているから。自分で歯磨きが出来るようになるまではなるべく虫歯の原因になりうる調味料での味付けは避けたい。(30代・茨城県・子ども1人)

 

離乳食がベビーフードばかりになってしまっても大丈夫?

では、赤ちゃんの食事が毎食ベビーフードになるのは問題がないのでしょうか?同じアンケート調査で、ママたちにベビーフードの使用頻度も聞いてみました。

ママたちのリアルなベビーフードの使用頻度

ベビーフードはどれくらいの頻度で使用していますか(していましたか)?

 

いちばん多かった意見は月に1、2度というもの。外出時や特別な時だけの使用でしょう。2番目に多かったのが2、3日に一度というご意見でした。では、それぞれの頻度別にママの口コミを紹介していきます。

1位:月に1~2度(必要なときだけ)

月に1,2度と答えた方に多かったご意見が「基本的には手作りのものを食べさせたい」というもの。外出時など特別なときにうまく使用しているようです。真空加工されているベビーフードは衛生面でも安心。また、赤ちゃん自身、味が気に入っているという意見も。

◆ママ・パパの回答

外に出る時は、手軽に食べさせることが出来るから。(30代・兵庫県・子ども1人)
基本的に手作りのもを食べさせているから(40代・福島県・子ども2人)
外出先など食事の時間や場所が不確定なので手作りのご飯だと衛生的な問題があるため。(30代・茨城県・子ども1人)

 

2位:2~3日に1回程度で利用する

2,3日に1度という、比較的高頻度で使用するママたちの口コミが以下。忙しい、疲れているなどの時に、ベビーフードは頼りになる存在だということが分かります。ママが疲れてしまっては元も子もないので、手を抜くときは抜いて、休んだり、リラックスすることが大事ですね。

 

◆ママ・パパの回答

お金がかかるので忙しいときに使う(40代・東京都・子ども2人)
仕事がいそがしくて、料理する暇がないとき(20代・静岡県・子ども2人)
同じ食べ物ばかりにならないように、たまに、ベビーフードを出していました。(40代・埼玉県・子ども1人)
仕事で疲れている時や、子供とたくさん遊ぼうと決めたとき(30代・宮城県・子ども1人)

 

3位:1日1回は利用する

1日1食をベビーフードにしているママの口コミはこちら。離乳食のバリエーションを広げたり、味という面でひと役買ってくれているようです。

 

◆ママ・パパの回答

手軽 手作りのものと合わせる事で幅が広がる(40代・東京都・子ども1人)
ベビーフードのほうが食べてくれた(30代・大阪府・子ども1人)
すぐに用意できるから(30代・千葉県・子ども1人)

 

4位:週1回程度は利用する

3位と僅差だったのが週1程度使用、という方々。「月に一度」の方々同様、作ることができない時に助けられている存在のよう。

 

◆ママ・パパの回答

どうしても作れないときに出している(30代・山梨県・子ども1人)
週末、自分たちのご飯を簡単にしたときに使っていた。(30代・広島県・子ども2人)
外出のときは手作りだと衛生的に心配だから (30代・静岡県・子ども2人)

 

5位:毎食(ベビーフードをメインに与えている)

毎食ベビーフードの離乳食を利用しているママも一定数いらっしゃいました。双子ママ、妊娠中、など大変な状況のときも、栄養バランスや塩分などが月齢に合わせて計算されているベビーフードはとてもありがたい存在です。

 

◆ママ・パパの回答

双子でとても大変(40代・大阪府・子ども2人)
妊娠中で手作りが大変なため。(30代・長崎県・子ども1人)
ある程度したら、手作りは食べなくなったし、栄養が偏らず入っているから(30代・熊本県・子ども2人)

 

ベビーフードの理想的な取り入れ方は?

ベビーフードは国の基準に従って専門家のもと作られていますので、栄養バランスが整えられており、衛生的にも安心・安全です。外出する時も衛生的ですし、ママが離乳食を作れない万が一のときでも簡単に食べさせることができます。

デメリットは、ベビーフードばかり食べてきたことで手作りを食べてくれず、幼児期の食事に困ってしまう人が多いこと。また、全体的にとろみがついていて軟らかいので顎が育たない、味が似通っている、一つ一つの食材の味が分からない。などが挙げられます。

手作りであってもベビーフードであってもメリット、デメリットがあります。

離乳食期は、たくさんの食材に出会い、素材の味を味わう時期です。そして、将来の食事のことを考えると、できることなら手作りの離乳食も取り入れつつ、ベビーフードを取り入れるといいと思います。

ベビーフードの種類と選び方

さまざまなメーカーのベビーフードがあるため、どれを購入すればいいかわからないですね。選ぶ時のポイントは、月齢・発達、用途、お母さんの思いではないかと思います。例えば、月齢発達で考えると、「新しい食材を新たに1種類取り入れたい」と思えば、その食材の入っているものを選びますし、お出かけするのに持っていくなら、主食と主菜とスプーンがセットになっている持ち運びがしやすいものを選びます。「なるべく安心なものを」とママが考えるなら、味が薄めな無添加のベビーフードもあります。赤ちゃんの好みもあると思いますので、何種類か購入し赤ちゃんと一緒にママも食べ比べてみてもいいですね。

ベビーフードの種類

ひとくちにベビーフードと言っても様々なタイプがあります。離乳食作りにプラスしてアレンジして使えるもや、持ち運びに便利な瓶やカップに入ったものまで。使うシーンや目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

・フリーズドライ

フリーズドライは食材を真空凍結乾燥させているもの。おかゆ、にんじん、かぼちゃなど、素材そのものが一口ずつになっているものが多いです。使用する際は月齢に合わせた量をお湯でふやかします。素材そのままでも、素材として離乳食に加えてもよく、アレンジも効かせやすいですが、お湯が必要なので外出には不向き。

・パウチ型

いわゆる「レトルト」と言われるタイプの離乳食です。加熱可能な袋に入っており、湯煎であたためて赤ちゃんに与えます。熱くなりすぎないよう、温度には十分注意を。大人の唇で試し、ぬるいくらいが適温です。

・カップ型

持ち歩きやすいカップ型は、和光堂の「栄養マルシェシリーズ」などに代表される、おかずとごはんがセットになったものも。使い切りタイプなので、食が細い赤ちゃんや月齢が浅い赤ちゃんは食べきれないことも。

・瓶タイプ

キューピーなどに代表されるのが瓶詰めのタイプ。こちらも使い切りです。5ヶ月ごろの赤ちゃんには素材そのもものペースト、月齢が進むとさまざまな食材が入ったごはんやパスタのメニューなど、バリエーションも豊富に。

離乳食におすすめ!口コミで人気のベビーフード

それでは、実際にアンケートでママたちに人気だったベビーフードをご紹介します。

キューピー ベビーフード 瓶詰

ポピュラーなキューピーの瓶詰めタイプは、「外出先でそのまま食べられる」「とろみがあり、子どもが気に入っている」「豊富な種類がある」などの理由で人気。手に入りやすいのもママに嬉しいポイントです。

和光堂 栄養マルシェ

「ご飯とおかずのセットになっていて、そのまま食べさせられる」という点で支持されているのが和光堂の「栄養マルシェ」。二段になっており、全く違った味が楽しめるため、味を覚えてきた赤ちゃんでも飽きることがありません。荷物の多いママだから「スプーンが付いていて外出先で便利」というご意見も。噛む力に合わせて、食材の大きさ硬さが7段階に分かれている配慮も安心。

和光堂 手作り応援

同じく和光堂のものですが、こちらはお湯で溶いたりおかゆにひと味足したりといった使い方をするシリーズ。「手軽に野菜が取れるところがうれしい」(30代・愛知県・子ども2人)といったように、ふだんの離乳食にうまくミックスして使うといいですね。レシピは「わこちゃんカフェ」に紹介されているので、手作りの離乳食を取り入れつつ、バランスよく離乳食献立を作れる仕組みになっています。

森永 やさいジュレ


1歳から飲める野菜ジュレもママたちの人気を集め、ランクイン。「食欲がなくても飲み物感覚で飲んでくれる」(40代・大阪府・子ども2人)など、飲み物なのにしっかり野菜の栄養素が摂れるため、食が細く、心配な場合などに加えてみるとよさそうです。

大望 北海道やさいフレーク

素材そのものをフレーク状にしたものがこちら。毎日、素材を裏ごししたりストックを作っておくのは大変。「栄養のサポートに使っています」(40代・埼玉県・子ども2人)というママもいらっしゃるように、こういったものにうまく頼りながら離乳食期を乗り切りたいですね。

 

手作りの離乳食にプラスして、ベビーフードを上手に取り入れることで、育児がグンと楽になります。用途に応じて、使ってみてくださいね。

記事監修

離乳食インストラクター

中田 馨(なかた かおり)

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在13歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、20年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで2500人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 
中田馨の和の離乳食レシピブログ

 

編集部おすすめ

関連記事