小学校で土曜日授業がなくなったのはいつ?復活しつつある!?開始時期やメリット・デメリット

ママ、パパ世代が小学生のころは、完全週5日制で、土曜日、日曜日はお休みだった方が多いことでしょう。しかし、最近の小学校では、土曜日に授業を行っているところもあるそうです。そこで、小学校の土曜日授業について調べてみました。まずは、小学校の土曜日授業はいつなくなったのか、小学校の土曜日授業の実施状況を解説。さらに、小学校の土曜日授業のメリット、デメリットをご紹介します。「小学校は土曜日、日曜日が休みなのは当たり前」ではなくなってしまうかもしれませんよ。

小学生_土曜1
小学校で土曜日授業が復活のきざし!?
小学生の時間割を徹底解説!1日の流れ、学年別科目のコマ数、授業時間の特徴とは?
お子さんが小学校でどのように過ごしているか気になりませんか? また、授業では、どんな科目をどのくらい学習するのでしょうか。そこで、今...

土曜日の授業がなくなったのはいつ?

小学校の土曜日授業がなくなって久しい昨今。土曜日授業はいつからなくなったのでしょうか。また、その理由なども合わせて解説します。

土曜日の授業がなくなった理由

学校週5日制が完全実施された平成14年度には、今までの「多くの知識を教え込む教育(詰め込み教育)」ではなく、子どもたちが自ら学ぶ・考える、「子どもたちの個性を生かす教育」に転換されました。また、年間の授業時数も減りました。
このように、授業数を減らしたり、学校週5日制を実施したのには、子供たちが主体的に使える時間を増やすという目的がありました。そして、増えた時間で、子どもたちに社会体験や自然体験など様々な活動を経験させ、自ら学び自ら考える力や豊かな人間性などの「生きる力」を育んでほしいというのが、学校週5日制度実施の趣旨だったのです。

現在、土曜日の授業が復活しつつある!?

小学校の土曜日授業は、すでに実施している学校もたくさんあります。

土曜日の授業が復活したのはいつから?

平成25年に学校教育法施行規則が一部改正され、土曜日に授業を実施できるようになりました。これは、年間の授業時数が増えたことも理由のひとつのようです。
現在では、土曜日に授業行う小学校も増えています。この授業では、通常授業のほか、地域における多様な学習、学校行事なども行われています。

小学校の土曜日授業の実施状況

文部科学省が発表した「公立小・中・高等学校における土曜日の教育活動実施予定状況調査」によると、平成24年度に土曜授業を実施した学校数は1801校、土曜授業を実施した学校の割合は8.8%でした。また、平成26年度に実施予定の学校数は3565校、割合は17.1%と、増加傾向にあります。

東京都の実施状況

東京都で土曜授業が実施されている学校はどのくらいあるのでしょうか。前出の調査によると、東京都の平成26年度に実施予定の学校数は、1111校でした。また、学校によって実施回数が異なり、

年に3回以下(学期に1回程度)の学校は294校
年に4〜10回(月に1回程度)の学校は596校
年に11〜17回(月に2回程度)の学校は217校
年に18回以上の学校は4校

という実施状況がわかりました。これを見ると、月に1回程度土曜授業を行う学校が多いことがわかります。

公立と私立の違いは?

公立小学校の土曜授業は、子供たちに充実した学習機会を提供する方策のひとつとして実施されます。
私立小学校の場合は、休みの日を学校で判断し、決定しているため、土曜日に授業がある学校もあります。

小学校の土曜日授業のメリット・デメリットとは?

土曜日に授業をするメリット、デメリットは、どのようなところにあるのでしょうか。

小学校_土曜2
小学校の土曜日授業にはデメリットも!

メリット

・平日の授業にゆとりができる

土曜日に授業を行うことで、平日の授業にゆとりができます。これは、詰め込み教育の緩和にもつながります。また、放課後に時間が生まれ、特別活動などができるのもメリットです。

・授業時数を確保できる

平成24年度から授業時数が増えています。土曜日に授業を行えば、授業時数を確保することができ、平日の授業にゆとりが生まれます。

デメリット

・休みが日曜日だけ

土曜日に授業があると、1週間のうち休みは日曜日だけになってしまいます。そうすると、疲れがとれず、学習意欲、集中力が落ちる可能性があります。それは、子供だけでなく、先生も同じです。今でこそ、学校の先生は時間が足りないといわれています。土曜日も授業となると、さらに授業の準備などが増え、週1日しか休みがなく、6日は働きづめになってしまうのです。

・家庭で過ごす時間が減る

土曜日に開催されているキッズ向けイベントや、家族でのレジャー・おでかけなど、土曜日に授業があることで、それらを楽しむ時間が減ってしまいます。

土曜授業は賛否両論

小学校で土曜日に授業が行われることは、先生も保護者も賛否両論です。現在は、学校週6日制の様子見の段階と言えるかもしれません。文部科学省の今後の動向が気になります。

関連サイト

施策関連資料(土曜日の教育活動)-文部科学省
土曜授業に関する検討チーム-文部科学省
土曜日の教育活動推進プロジェクト-文部科学省
土曜授業の実施に係る学校教育法施行規則の一部改正について-文部科学省
新しい学習指導要領の主なポイント(平成14年度から実施)-文部科学省
学校週5日制について-文部科学省

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事