子育ての悩みランキングTOP10!ママパパ調査でわかった悩みの本音、解決策はある?

子育てをしていると、日常の些細な子どもの言動から将来のことまで、悩みは尽きないものです。

HugKumでは小学生以下の子どものいる全国のママ・パパ100人に子育ての悩みについて、アンケート調査を実施!実際にパパママが、どんなことに悩んでいるのかをリサーチしました。同じように子育てをするパパママたちが、どんな悩みを抱えているのか知ることで、自分だけではないのか、と思い楽になることもあるかもしれません。子育ての悩みのリアルな実態をみていきましょう!

子育てに悩むパパ・ママはどれくらい?

子育てに悩んだことはありますか?

子育てをしていて「悩みがある」と回答したパパママは、全体の約半数の50.4%という結果でした。2人に1人の割合で、何らかの悩みを抱えているとわかります。

子育ての悩みランキングを発表!

「子育てに悩んだことがある」と答えた人に、「子育ての悩みは何ですか」という質問をし、その回答を多かった順にランキングにしました。同じように子育てをするパパママがどんな悩みを抱えているのか、またなぜ悩んでいるのか、本音の回答が寄せられました!

1位:子どもの将来(教育方針)

もっとも多かった悩みは「子どもの将来」についてでした。寄せられた悩みの具体的な内容を見ていくと、「子どもの将来」についての悩みは、学習や習い事についての教育系の悩みと、性格や周囲との人間関係の悩みのふたつに分けられるようです。寄せられた悩みの内容はこちらです。

◆子どもの将来につながる教育系の悩み

何歳から教育をしていくべきか悩む(40代・兵庫県・子ども2人)
勉強があまりできない(40代・愛知県・子ども1人)
子供の勉強や習い事に関して、本人の意思や自主性も尊重する必要があり、どこまで関与するか(40代・東京都・子ども2人)
幼い子どもにどんな習い事や教育をしていけばよいのか悩む、という声が最も多く、次いで「勉強ができない」など、子どもの学力を心配する悩みが多くあがりました。どんな学校を選ぶべきか、どう学力を伸ばせばよいか、などの悩みは小学生以上の子どもを持つパパママに多い傾向がありました。

◆子どもの将来の性格や人間関係の悩み

学校でいじめに遭わないか、仲間外れになっていないか、 子供が社会に出ても通用するかなど。(40代・福井県・子ども2人)
苦手なことが多くマイペースな長男の今後が心配(40代・大阪府・子ども2人)
少しづつ思春期に向かってどのように対応していけばいいか、まわりとうまくやっていかれているのかの心配など不安が多い(30代・埼玉県・子ども1人)

 

子どもの性格の心配や、周囲との関わりがうまくできるかどうかなど、人間関係を心配する悩みも多く聞かれました。また小学生の子どもを持つパパママからは、成長とともに迎える思春期の関わり方などを心配する声も。親の抱える悩みも子どもの成長とともに変わっていくようです。

2位:しつけ方について悩む

しつけについての悩みが2番目に多い結果でした。具体的な悩みの声はこちらです。
イヤイヤ期のとき、どう対応したら良いかわからない(30代・千葉県・子ども2人)
しかり方が難しい(40代・東京都・子ども3人)
学校とか勉強とか全部面倒だという息子に、必要性を説くうまい言い方が分からない。反抗期で何を言っても聞かないので(40代・千葉県・子ども2人)
言葉遣いが生意気(40代・愛知県・子ども2人)
反抗ばかりで、言っても聞き入れてもらえず意見が対立する(30代・三重県・子ども2人)
本人に届く言い方がわからない(30代・秋田県・子ども2人)
子どもに自分の言っている言葉が響いていないと感じる(30代・埼玉県・子ども1人)
2歳前後のイヤイヤ期や子どもの叱り方について悩む声が多く、叱ってもうまく伝わらないと悩むパパママが多かったです。小学生の子どもを持つ親からは、反抗期で子どもが言うことを聞かないという悩みも。自分の言葉が子どもに届いていないと悩む親も多いようです。

3位:お金の不安

3番目に多かった悩みは、子育てにかかるお金についてでした。

お金の問題(30代・広島県・子ども1人)
教育費が足りるか不安(30代・新潟県・子ども2人)
子供にお金がかかりすぎる(40代・埼玉県・子ども3人)
子供の教育について、どこまで経済的に援助できるか不安(40代・石川県・子ども2人)
私立に行きたいと本人が望んだら、どれだけお金が必要なのか不安がある(30代・東京都・子ども1人)
将来お金が足りなくなるかも(40代・三重県・子ども3人)
子どもを育てるには教育費がかかるため、お金の心配も尽きないようです。将来の自分の生活や経済状況を考えると、子どもの教育にどこまでお金をかけられるのか、と先々を不安視するのが、パパママの本音です。

4位:すぐにイライラしてしまう

自分の感情のコントロールがうまくできずイライラしてしまう、という悩みも多く4位に。
イライラした気持ちでつい怒ってしまう(40代・東京都・子ども1人)
思い通りにいかないことの多い子育て。父親や母親であっても、子育てのストレスをうまく解消できず子どもに対してイライラしてしまうという悩みが多いようです。

5位:自分の時間が持てない

子育てによって自分の時間が持てないという悩みが5位でした。

朝なかなか起きられず、時間が足りない(40代・滋賀県・子ども1人)
仕事と子どもの世話で自分にかけられる時間がない(30代・埼玉県・子ども1人)
仕事の有無に関わらず、子どもが小さい時には子育てに大半の時間を子育てに費やすため、自分の時間が持てないと悩むパパママも多いようです。

6位:ワンオペ(協力者がいない)

6位には、孤独な子育ての悩みがランクイン。

ワンオペなので、しんどいこと(30代・愛知県・子ども1人)
子供が障害を持っており、この先通う学校をどうするか。 子供が病気の時に休むのはいつも自分であること。 どちらの両親も地元にいるので困った時に頼れない(30代・東京都・子ども1人)
旦那が何もしない(30代・東京都・子ども1人)
心身ともに負担の大きい子育てを、1人で行うワンオペ育児はとてもしんどいという声も。地域で協力してみんなで子育てをしていた時代があったというのは昔の話で、現代は核家族化がより進み、子育てを一緒に手伝ってくれる存在が身近にいないことが、この悩みを深くする原因のようです。

7位:子どもの体調

7位は子どもの体調を心配する声も…。

虚弱体質でご飯をあまり食べてくれない(50代・神奈川県・子ども1人)

子どもの健康は親の一番の願いです。食が細いことや、身体が弱いことを悩んでいるという回答もあり、子どもの体調や体質も子育ての悩みにランクインしました。

8位:上の子と下の子で(兄弟姉妹)を平等に扱えない

8位は上の子と下の子を平等に扱えないという悩みがランクインしました。

下の子の発育が遅く感じる。また吃音がある。(40代・新潟県・子ども2人)
上の子が下の子をたたいたり、すぐに癇癪を起すこと(30代・京都府・子ども2人)
兄弟がいる場合、上の子と下の子を平等に扱えない、という悩みも寄せられました。子どもの発達具合や勉強の出来の良し悪しで比較してしまったり、つい上の子ばかり叱ってしまうなど、兄弟がいるからこそ発生する悩みがあることがわかります。

9位:仕事や家事との両立

働くママ・パパにとって難しい仕事や家事と子育ての両立の悩みが9位でした。

家事と育児の時間に追われて、ゆっくりと関わってあげれなくイライラもするし、怒った後に罪悪感が残る(30代・京都府・子ども3人)
仕事で疲れて勉強させることができない(40代・三重県・子ども2人)

 

仕事も忙しいパパママにとって、子どもと向き合う時間を十分にとってあげられないことも悩みのひとつです。「子どもと遊んであげたい」「ゆっくり話を聞きたい」「もっと勉強をサポートしてあげたい」そう思っても、心身ともに疲れて帰宅した後にはなかなか難しい、というのが悩みの原因だそう。

10位:夫婦で話し合う時間が持てない

そして、10位は夫婦で話し合う時間は持てない悩みでした。

夫が土日も仕事なのが色々な面で厳しい(40代・茨城県・子ども2人)
夫婦で話す時間がとれないこと(40代・千葉県・子ども3人)
子育て中は、夫婦で子どもの日常の様子を共有したり、親が相談して子どもの教育方針などを決めていく必要があります。土日の休みが合わなかったり、仕事の忙しさやすれ違いから、ゆっくりと夫婦で話し合う時間が持てないことも、子育ての悩みにあげられました。

子育てに悩んだら

ランキングでも紹介した通り、子育ての悩みもさまざまです。子どもの健やかな成長を願えばこその悩みも多く、またパパママの心身の疲れやストレスを解消することが悩みの解決につながるものもありました。今回挙げられた子育ての悩みについて、少しでも楽に考えられたり、解決のきっかけになる記事や本を紹介したいと思います。

しつけに悩んだら、心が楽になる佐々木先生の言葉を読んでみよう

子どもの周囲との関わりや、叱り方、兄弟の問題などに悩むのは、パパママがしっかりとしつけなければいい子に育たないと力が入り過ぎてしまうから。そう指摘するのは、子どもの育ちを半世紀以上見続けてきた児童精神科医・佐々木正美先生。ご逝去から2年経った今も、先生の残された子育ての著作や言葉はママたちの支えとなっています。

佐々木先生によると、たっぷりかわいがり、甘えさせてあげた子どもほど、人のことを思いやるいい子に育ち、コミュニケーション能力も高く幸せな人生を生きていけるそうです。この「叱る」をテーマに子育ての14の心得を伺った記事は、パパママが子育てに迷ったときの指針になるような言葉がたくさん紹介されています。

【今も心に響く佐々木正美さんの教え】親子の信頼関係が深まる叱り方「14の心得」
子どもの育ちを半世紀以上見続けてきた児童精神科医・佐々木正美先生。ご逝去から1年以上経った今も、先生の残された子育ての著作や言葉はママたちの...

育児をする大人も「1人の時間を持つこと」でストレスを軽減しよう

子育ての悩みの中でも、「自分の時間が持てない」「ワンオペでしんどい」「仕事との両立が大変」など、パパママ自身の悩みも多いことがわかりました。育児疲れがイライラの原因になって、子どもとの関係が悪くなってしまうことは、本来望んでいないこと。少しでも自分自身を楽にできる具体的な方法をこちらの記事では紹介しています。

育児をする大人が、1人の時間を持つことの大切さ。そして、完璧にしようと思い過ぎないこと。こうするための具体的な提案をぜひ読んでみてください。

「もう一人になりたい…!」子育て中に疲れたママはどうすれば?育児疲れの原因やイライラを解消すコツ
「自分の子供は本当に可愛いし唯一無二の大切な存在。なのに…どうしてこんなにイライラしてしまうのだろう…。」こんな風に思ったことはありませんか...

子育ての悩みの根底には、夫婦間の会話に原因があるかも

「一見すると子どもの問題とも思える子育ての悩みですが、実は根底には夫婦間のコミュニケーションの問題が隠れていることが多い」。そう指摘するのは、今年5月に出版された天野ひかりさんの著書『賢い子を育てる 夫婦の会話』です。

子どもを育てるうえで、言葉がどれほど大きな役割を果たすのかということを、実際の生活に即した内容で細やかにわかりやすく伝えてくれているこの本。「子どもが友達の輪に入らなかったとき、パパママはどう声をかけるか」「夫婦喧嘩は解決する最後まで子どもに見せる」など、悩みの具体的なシチュエーションごとに解決方法を指南してくれます。本の中身を紹介したHugKumの記事と合わせて、ぜひ手にとってほしい1冊です。

夫婦ゲンカもやり方次第!賢い子を育てる夫婦の会話テクニックをプロに聞いた
子どもの悩みの根底には、夫婦間の会話の問題が隠れている 「怒らないと勉強をやらない」「友だちとうまく関われない」「きょうだいゲンカが多い」...

著:天野ひかり 監修:教育学者 汐見稔幸

悩みすぎてイライラすれば、子どもに良い影響はありません

子育ての悩みは、子どもを大切に思えばこそ陥るもの。でも悩み過ぎてパパママがイライラすることで、その影響を受けるのが子どもだということを忘れてはいけません。いつもイライラしている親と暮らす日々が、子どもの成長にとって良いことはありませんよね。少しでも負担が楽になる物理的な手段を探す、前向きになれるフレーズを持つなど、ちょっとした工夫で変わるかもしれません。悩み過ぎて悪循環に陥っていたら、ちょっと止まってみるのもいいかもしれません。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事